和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

鍼灸独習

鍼灸を独習

自分が不調・病気になったらチャンス!!

  • 自分が不調になったり、かるい病気になったときに、

    自分の体を調べて、出ているツボを見つけ、そのツボに鍼灸してみましょう!

    • 自分が不調になったり、軽い病気になったら、鍼灸の独習のチャンス!
      [check]自分の体の中の動きがわからないと、他人の体の中の動きはわかりません。
      [check]自分の軽い病気が改善できなければ、他人の病気は改善できません。
      [check]患者さんやご家族の軽い症状や辛さをその場で改善できると信用されやすいです。 
      [check]重い慢性症状(ガンや不妊など)を半年かけて改善できたとして その間の患者さんやご家族の腰痛、肩こり、カゼ、頭痛などが改善できなかった場合には、

      時間が経ったので自然に改善したのでは?
      とまわりから助言される可能性もありえるということを 

      自分の体でたっぷり試したら、周りの方にも鍼灸させてもらいましょう!

    • 同じ症状を数回改善できたら、周りの方の同じ症状は改善できることが多いです。

達人を参考にしよう!!

  • 症例がたくさん載っている達人の先生方の本を読んで、参考にしよう!
    • たとえば、
      『経穴活用宝典』     深谷伊三郎著 鍼灸の世界社 
      『東洋医学見聞録』     西田皓一著 医道の日本
      • ほかのは、参考文献をみてください。

鍼灸を独習 目次

  1. 指を反らしたり押したり
  2. 手甲にパイオネックス
  3. 足の爪の上で間接灸
  4. 手の指にマグレイン
    (カゼ(発熱)とかにも結構効きます>>>カゼかな?1日目、カゼかな?2日目)
    (手足の指のツボは、『取穴法の全て』(深谷伊三郎著 鍼灸の世界社)の「奇穴・無名穴・変動穴の活用」が詳しい)
  5. 片手刺し
  6. 足の甲に灸点紙でお灸
  7. 手足甲のツボで運動鍼:手足の甲のツボと運動鍼術伝流一本鍼no.3
    (手にするときは、5.片手刺しをして運動鍼します。八邪でも可能>>>前腕の重だるいシビれ)
    (利き手でないほうでも片手刺しができれば、利き手の治療もできます)
    (運動しなくて患部の刺鍼と組み合わせても良いです>>>むずむず足、膝の痛み
  8. 手足指のツボに糸状灸:指周りの痛みに糸状灸術伝流一本鍼no.14術伝流一本鍼no.15
    (手指のツボを使うと、麦粒腫(ものもらい)など顔の症状(炎症など)にも効果的です>>>目が痛い、小鼻の腫れ)
    (足指のツボを使うと全身の経絡変動調整もできます)
    (手足の指のツボは、『取穴法の全て』(深谷伊三郎著 鍼灸の世界社)の「奇穴・無名穴・変動穴の活用」が詳しい)
  9. 自分に刺せる鍼を細くしていったり、太くしていったり
    (筆者は、銀の霞鍼から銀鍼30番まで刺せるようになりました) 
  10. 『経穴活用法典』に各流派の症状別特効穴を書き込む
  11. 各流派の共通点をみつけていく

上記以外にも、遊風の養生日記の観病のカテゴリーにいろいろな症状に鍼灸した例を載せています。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional