和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

運動器系慢性期まとめ

(1)基本的に †
 運動器系の慢性期では、初回はまず鍼のみでの刺鍼をします。鍼のみでは変わり
にくいツボをみつけたら灸や灸頭鍼をします。
 2,3回慢性期の型を中心におこなったあとは、慢性期の腹診のあと、古いツボ
が特定できたら、灸や灸頭鍼を中心に治療したりもします。


(2)慢性期の型での運動器系刺鍼手順 †
 運動器系慢性期の刺鍼は、慢性期の型に患部刺鍼と動作鍼をくわえます。基本的
に慢性期の型で診察し刺鍼していき、患部に関係するツボが出やすいところを丁寧
に観察してツボをみつけ刺鍼し、そのあとその患部関係の動作鍼をして、また、慢
性期の型にもどり、後始末として頭に散鍼し手甲に引いて終わります。

 たとえば、腰痛なら、患部の腹側にツボが出ていないか、その腹のツボに関係す
る手足の経絡にツボが出ていないか調べ、出ているようなら刺鍼します。腰痛に関
係するツボがよく出る足の経絡、背中から腰、臀部、膝裏から脹ら脛などもよく調
べます。


(3)辛いところ別の刺鍼 †
 辛いところ別では、その辛さに関係するツボが出やすいところの基本刺鍼と動作
鍼がおもになります。


(3.1)腰痛 †
 腰痛では、基本刺鍼は、腰から尻、膝裏から脹ら脛、その延長の足首まわりまで
が中心ですが、患部の腹側やそれに関係する足陽経陰経、足甲4~5間などにもツボが
出ます。
 運動鍼は、捻転制限と前屈制限が中心で、捻転制限では腰椎3の横輪切りライン
にツボが出て、前屈制限では腰椎5を起点に背中方向(肩甲骨下角まで)と臀部・
足方向(膝裏まで)の足太陽にツボが出ます。


(3.2)肩痛 †
 肩痛では、基本刺鍼は、首から肩、肩甲骨まわり、脇の下~上腕陰経、脇の下前
後の水掻きです。首のコリがあれば、後頭骨下縁、横頚部、前頚部、鎖骨まわりに
もツボが出ます。
 動作鍼は、挙上制限では脇の下~上腕陰経や肩甲骨まわり、捻転制限では肩峰~
胸と肩峰~背中で上腕と直角のライン上にツボが出ます。


(3.3)膝痛 †
 膝痛の基本鍼は、膝裏から脹ら脛です。その延長で足首付近までツボが出ること
があります。
 動作鍼は正座不可が中心で、膝裏から足首方向と臀部方向、膝皿まわりから足首
方向と腹方向で、それぞれ膝裏H字状くぼみや膝皿の内外のラインの延長上が多い
ですが、真ん中のラインの延長に出ることもあります。
 正座に近い格好になれるけど体重がかけられない場合には、それらの延長の臀部
まわりや鼡径部ちかくにツボが出ていることが多いです。


(3.4)肘痛 †
 肘痛の基本刺鍼は、肘の手のひら側で肘から2~5cmぐらいの範囲で古いツボが出て
いることが多いです。
 動作鍼は、屈曲制限では手陽経、伸展制限では手陰経がおもで、それぞれ、親指
側、真ん中、小指側の3本のラインに出ます。捻転制限では前腕の太いところが中
心です。
 また、肘頭ちかくの骨の上が痛いときは腱付着部痛のことが多く、ツボはその腱
の筋腹(上腕側)に出ます。


(3.5)手首足首の痛み †
 手首足首から先の辛さには、巨刺、上下刺、対角刺が効果的です。対角刺からは
じめ、上下刺、巨刺の順で患部に近づいていきます。


(3.6)指まわり、手のひら、足の裏の痛み †
 指まわりや手のひら、足の裏など鍼が刺しにくいところは、硬く細く捻った糸状
の直接灸が効きます。はじめに井穴や指端に糸状灸し、それから動作鍼のように動
かして痛いところをみつけ糸状灸をし、痛いところがなくなったら仕上げにまた井
穴や指端に糸状灸をします。

 くわしくは、それぞれの慢性期や応急処置のページを参照してください。


(4)慢性期の型+灸・灸頭鍼 †
 2,3回鍼のみでの慢性期治療をしてみて、鍼のみで変わりにくいそうな古いツ
ボが見つかったら、灸や灸頭鍼との組み合わせで治療します。なれてきて時間があっ
たら、はじめの慢性期治療から灸頭鍼を組み合わせることもあります。古いツボの
場所がお腹などで痛がられる場合にはお灸をしますが、それ以外は灸頭鍼のほうが
変化が早いことが多いです。

 手順も、時間があるときには、慢性期の型で一通り治療したあと、灸や灸頭鍼を
します。前の治療や診察で古いツボが特定できているときや、時間がないときには、
慢性期の診察をし、手の陰陽に刺鍼したあとで、座位、うつ伏せ、仰向けの順で灸
や灸頭鍼をし、手の骨空か指端の寫の灸で終えます。
 ただし、灸や灸頭鍼をしたあとで動いてもらって違うところが引っかかったら、
そこに動作鍼をしたり、その課程で古いツボがみつかったら、灸や灸頭鍼に戻った
りもします。姿勢も、座位になったり、うつ伏せになったり、仰向けになったり、
灸や灸頭鍼をする面が上になるような工夫も必要です。患者さんが辛くない範囲で。
 そういうふうにいろいろな姿勢で、動作鍼や灸頭鍼を組み合わせた場合でも、お
わりに手の骨空か指端に寫の灸をするのを忘れないようにしてください。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional