和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

足の甲に灸点紙でお灸

足の甲に灸点紙でお灸   鍼灸を独習(6)

はじめに

  • 鍼灸学校1年生のとき授業でモグサをひねる練習をして、その残りが大量に出ま
    した。
    もったいなと思い、足の甲に灸点紙をはって、その上でお灸の練習をしました。
  • 初心者がひねる練習をした残りカスなんで、小さく作れず、米粒大以上でしたが、まぁ灸点紙をはっているので、それほど熱くなかったです。
    (熱かったら、灸点紙を2枚重ねた上からすれば良いと思います)
    (灸点紙は裏のノリがつかなくなるまで何回も使えます)
    熱くないところには熱くなるまですえました。
    • 毎日やっているうちに、だんだん足の甲のツボ探しも上手くなり、さわってヘコんでいて押していたところがツボなんだなという実感を得ることができました。
      水虫だったのですが、3か月過ぎるころにはなくなっていました。
      体全体の調子もよくなったように思いました。
    • もったいないと思ってはじめた練習ですが、何しろ大量に残りカスが出るので、残りカスがなくなるころまでには、沢山練習できました。
  • いまも水虫ができるとお灸してますが、水虫のあるところだけでなく、経絡的にその少し胴体よりの足首まわりのヘコんでいるところにもしたほうが治りが良いみたいです。
    • いまは、モグサをひねる練習をしているわけではなく、その場でひねるので結果として小さなものがひねれるので、直接灸にしています。

ツボを探して、お灸をすえる

  • 竹串を加工したツボ探し道具を使って直径1mmくらいにツボを特定してから、灸点墨をつけたあと、ひねった小さなモグサを立たせて灸しています。
    • このあたりのツボ探しに関しては、手甲にパイオネックスのところを見て下さい。
      ツボ探し棒で押してヘコんだままの痕に灸点墨をつけると、ひねったモグサが立ちやすいです。
  • なんとなく調子が悪いときも、足の甲にツボを探して毎日お灸するのを1週間くらい続けるとよくなってしまうことが多いです。
    • できれば習慣にするとよいかなと思います。
      肩甲骨鎖骨から上の症状には手甲とくに、手指の直接灸が効果的です。

次回

次回の手の甲のツボで運動鍼は、すでに、このHPのどこかに書いてあります。

◦質問は「養生の杜(掲示板)」のほうにお願いします。

次回>>手甲のツボで運動鍼

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional