和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

足の爪の上で間接灸

足の爪の上で間接灸   鍼灸を独習(3)

はじめに

  • 前回までは手でしたが、今回は足です。
  • 足の経絡は体全体に関係しているので、
    慢性的な体の歪みの改善には、足の経絡をよく使います。

1.指揉みで探す

  • 手の指と同じ様に足の指を反らしたり揉んだりしてみます。
  • 狙い目は指裏の関節部の皺の処で、
    特にその両端に痼りが見つかる事が多いです。
    • しかし、痼りができて時間が経っていると
      麻痺して痛まない事もあります。

2.爪の上で間接灸

  • 痼りが見付けられたら、その指の爪の上で、
    千年灸や釜屋ミニなどの温灸をしてみます。
    • 茶色の色はつきますが、水疱が出来たりはしないので、便利です。
      ペディキュアをする方は無理かもしれませんが。

体の症状から

  • どの指にするかを体の症状で判断する事もできます。
    • i.生理痛、腹痛などのお腹の内側に関係する症状なら親指にします。
    • ii.前頭部痛など体の前側の辛さなら2指、
    • iii.眩暈耳鳴り、偏頭痛など体の横側に関係する辛さなら3指4指、
    • iv.腰痛など体の後ろ側の辛さなら4指、小指にします。
      [check]私は、生理痛の患者さんには、足の親指に間接灸をする事をすすめていますが、他の方法よりも簡単なので、続けられる方が比較的多いようです。
  • ここで、2指とは手の人差し指、3指は中指、4指は薬指に
    当たる指の事です。

指端の灸

  • また、艾が捻れる方なら米粒大か半米粒大を作って、
    爪の指先側の中央と指先の間に挟んで、お灸をします。
    指端の灸と言います。
  • 足の指10本に指端の灸をしてみて、熱くなかった処に、
    熱くなるまで米粒大か半米粒大をすえ続けます。
    • 足指裏の痼りが出来て時間が経っていて麻痺して痛まないので、
      指を揉んでもどの指にお灸したらよいか解らない方には、
      こちらのほうが向いていると思います。
      毎日続け、体の様子を観察する
  • どちらのやり方でも、毎日続けると慢性期の養生に役立ちますし、
    お灸の練習にもなります。
    • お灸をしている最中やその後半日くらいの体の中の変化を
      観察するようにして下さい。

終わりに

  • 次回は、手の指にマグレインを貼るので、マグレインを用意してください。
    • 阪村技研からお試しセットを買うのがよいと思います。
    • 質問は「養生の杜(掲示板)」のほうにお願いします。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional