和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

表位の急性症状

[1]内科系急性症状と発作 †
 内科系の急性症状は、病を未病と発作にわけた場合には、発作に分類される現象です。
基本的に腹の邪毒・虚から頭にむかって邪気が衝(つ)きあげる「上衝」という現象が
見られます。

 ですから、頭にいく邪気を少なくすること、邪気に頭をつかせないように体の外に引
き出し、それによって上衝をしずめることが基本的な処置になります。

 上焦、中焦、下焦に歪みが少ないときには、邪気はそのまま表位にのぼり表位の急性
症状を引き起こします。

 上焦、中焦、下焦いずれかに歪みがあるときには、歪みのあるところで急性症状を引
き起こすので、表位の症状はそのぶん軽くなることが多いです。


[2]表位の急性症状
 表位の急性症状の特徴は、すでに頭に邪気が上がっているので、顔や頭はじめ肩甲骨・
鎖骨から上の表位に熱や痛みをはじめとするいろいろな症状が出ていることです。まえ
にも書きましたように、表位の症状が目立つときには、上焦、中焦、下焦に歪みが比較
的少ないことが多くなります。

 基本処置は、すでに頭にあがっている邪気を少なくすること、邪気を体の外に引き出
すことです。手足の末端に引くことと表位の散鍼が具体的手段になります。

 手早い刺鍼が大切で、邪気の波が来終わった時点で抜鍼するのがコツです。つぎの波
が来てしまうと、また、上衝を引き起こし症状が復活します。


[3]実技と手順 †
 姿勢は、基本的には、座位が望ましいです。寝て刺鍼した場合には、刺鍼したあとで
起きあがったときに症状が復活しやすいからです。症状が復活したときには、座位でも
う一度表位に散鍼してから手甲に引き鍼します。


(1)急性期の応急処置 †
 手順の基本は、つぎの通りです。

1.手の甲に引き鍼
2.表位の散鍼
3.もう一度、手の甲に引き鍼

途中で状況に応じて必要な処置を付け加えたりします。


1.手の甲に引き鍼 †
 まずはじめに、頭に上がった邪気を少しでも降ろすために、手の甲のツボに引き鍼
します。

 カゼによる発熱や熱中症など前頭部が熱いときや口唇ヘルペスなどの場合には、1~2
間の合谷に引きます。

 眩暈、偏頭痛、耳鳴りなど耳や内耳の平衡器官が関係している場合には、4~5間の中
渚に引きます。

 頭のハチマキをするあたりをさわっていちばん熱いところと経絡的(前・横・後ろ)
に関連する手の甲のツボを選んでもよいです。

 それぞれとなりの指に出る場合もあります。

 瞬き、顔の赤み、声のトーンなどを参考に上衝がおさまるように刺鍼します。

 刺法は基本的には、速刺除抜です。邪気を感じたり、瞬きがはじまったりしたら、深
さを変えないようにします。抜く方向に力を加えながら、横ゆらし、旋捻などし、来て
いる邪気をすべて外に引き出すように刺鍼します。そして、繰りかえしますが、邪気の
波が来終わったときに抜くのがコツです。

 二日酔いのときや風邪を引いて熱があるときなどに、合谷に刺鍼して症状を軽くでき
るように練習します。

 うまくいけば、この1回の刺鍼で、顔の赤みが減り、声のトーンが落ち着き、熱や痛
みなどの症状も減らすことができます。

 手の甲のツボで表位の症状が治まりきらない場合には、井穴など手の指を使ったり、
足陽経の足三里や陽陵泉を使います。手の指のツボを使うときに痛がられるようでした
ら接触鍼にすることもあります。

 手指や足陽経の場合にも速刺徐抜の刺法で、邪気を外に引き出すように刺鍼します。

 上衝がひどく頭の熱感が冷めないときには、手の陰経にも逃げ道を作ったほうが良い
こともあります。そういうときには、手足の陽経への引き鍼を終えたあとで、頭のとく
に熱いところをかるく散鍼してから、手陰経の手首ちかくの列缺、内関に引きます。た
だし、抜き時が難しいので、初心のうちはしないほうが無難です。


2.表位の散鍼 †
 表位の散鍼は、片手で表位をなでて熱いところを探し、もう一方の手で熱いところを
散鍼をします。手順は、基本的には、まずは肩胛骨・肩まわり・うなじ、つぎに鎖骨ま
わり・前頚部、そして頭・額の順です。

 いつも言っていることですが、置くほうはユックリでもよいから、離すほうを速くす
るように散鍼することにとくに注意してください。


3.手の甲に引き鍼 †
 おわりに、もう一度、手の甲に引き鍼して仕上げます。手の指や手の甲をしらべ、一
番悪そうな手甲のツボに刺鍼します。一つのツボで引ききれないときには、2,3、4
番目にも引き鍼します。


(2)疳の虫 †
 疳の虫は、小さい子が多いので、鍼は刺しません。手の親指・人差し指の井穴をはさ
んで痛くするとおさまります。とても痛いせいか、我が家の子供たちは「指を出して」
と言っただけでおさまるようになりました。


(☆)数時間以内に復活したら †
 応急処置後数時間以内に痛みが復活するときは、器官破壊などをうたがい、救急医療
と連携します。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional