和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

術伝流操体no.7

はじめに †
 今回は膝の痛みや辛さを軽くする操体です。膝の痛みは、下半身の痛みのなれの
果てという感じで、膝の痛みをうったえる方は、むかし、腰痛、坐骨神経痛、足首
痛などのあった方がほとんどです。それらが軽くて治療を受ける程度でなかった場
合もありますが。そのため、そのとき痛い急性症状が出ていても慢性期の要素も多
く、応急処置では辛さが減りきらないことや、ぶり返しも多くなります。治療の経
過も長くなることも多いので、2,3回応急処置をしてもぶり返すようなら、下半
身中心に体全体を整える必要も出てきます。いままで説明した中ではno.2の腰
痛のときの操体なども組み合わせていく必要があります。受け手の方には、治療が
長くなる可能性のあることを伝えておくとよいでしょう。

 とはいえ、1回の応急処置で長年の膝痛がすっかり治り、伝えた操体などの自己
養生を続けることで再発していない方もいます。それに、たとえぶり返しがあると
はいえ、初めての応急処置であるていど改善しないと、受け手の方には信用しても
らえないので、よく練習して結果が出せるような腕を身に付けてください。

 また、膝の痛みはお皿側で感じることが多いですが、膝裏側にもツボが出ていて、
膝裏側をゆるめないとお皿側の痛みが軽くならない場合がほとんどです。ヒトは、
膝裏など陰位の痛みを感じにくく、その表側のお皿側など陽位の痛みとして感じる
ようです。それで、膝裏のしこりをまず改善していきます。


1.膝裏の皮膚ズラシと足指裏揉み †
 膝裏のしこりに皮膚の操体をしながら、足指裏を揉みます。


1)ラクな姿勢で寝てもらい、膝裏のしこりを探す †
 まずラクな姿勢で寝てもらいますが、膝裏のしこりが探しやすいのはうつ伏せな
ので、仰向けが良い場合でもうつ伏せが苦しくなくできるときにはうつ伏せになっ
てもらいましょう。

 膝裏の絵を描くときには、「H」の字が縦につぶれたような形をかきます。横の
線が膝裏のシワです。膝裏をくわしく見てみると実際に「つぶれたH」の形にシワ
の端に溝が縦に走っているのが見えます。その溝の脹ら脛側の端にツボが出ている
ことが多いです(写真1)。
画像の説明写真1
シワから2、3cm足首よりです。親指側と小指側に出ているツボを比べ、痛い方を
選びます。


2)きっかけ:一番痛いしこりの上の皮膚を軽くズラして皮膚の操体 †
 そのツボの上の皮膚をズラす操体をしていくのですが、どちらか片方の膝だけ痛
いときには、そちらを上にした横向き寝のほうがうまくいきやすいので、そういう
寝方が辛くなければ、なってもらいます(写真2)。
画像の説明写真2

 そして、ツボの上の皮膚をズラしやすい方向にズラしていきます。ズラし方は、

1.皮膚に指や手のひらを温度を測る感じであて、皮膚の表面に張り付けたよう
な状態にしてから、ゆっくり静かに下の筋肉に平行に軽くズラします
2.一番ずれやすい方向を縦・横・捻転、それらの組み合わせの中から選ぶ
3.その方向に軽くズラせる範囲でズラした状態を保ちます。
詳しくは、前回の術伝流操体その6(あはきワールド2006年7月25日号 No.45)に書
いたので参考にしてください。

 この場合には、膝のシワのほうにズラすのがよい場合が多いです。ズラしやすい
方向にズラしたままの状態を維持すること、ズラした後ろにできる皮膚が張った状
態を維持することに気を使ってください。


3)つけたし:足指裏揉みと足首反らし †
 イイ感じや効果を上げることをつけたしていきます。この操体では、足指裏を揉
むのを加えると効果的なことが多いです。経絡的に関連する足指の裏の関節部のシ
ワのはじにへばりついたしこりを揉みます。no.2の腰痛のところで詳しく書い
ているので参考にしてください。膝裏外寄り、つまり、小指側のしこりを皮膚操体
しているときには、小指とその隣の指の指裏のしこりを探し揉みます(写真3)。
画像の説明写真3
内寄り、親指側の場合には、親指の裏のしこりを揉みます。

 はじめに少し強めに痛くして逃げてもらい、痛みが一番減る姿勢になってもらう
と効果が出やすいです。このとき膝裏のしこりの上の皮膚のズラし具合が変わらな
いように注意してください。揉んでいる側(小指側か、親指側か)の足首が反り、
足首がグラグラ動かない程度に固定されていると効果が上がりやすいので、そのこ
とにも気を向けてください。


4)イイ感じがするか確かめ味わってもらう †
 なんとなく体全体にイイ感じが伝わっていくように指裏の揉み具合を調整します。
痛気持ちよい程度がよいことが多いです。

 首や両手、反対側の足などで窮屈そうな感じのところを見付けたら、声を掛けて
少し動かしてもらい、よりラクなように、イイ感じが深くなるようにしてもらい、
その深いイイ感じを味わってもらいます。

 言葉が通じない方の場合には、おなかの息が深くなっているかどうかで判断しま
す。


5)姿勢を変えたくなったら終える †
 姿勢を変えたくなったら終わりにします。イイ感じが消えたり、息が浅くなった
りは終りにしてよいサインです。しばらくラクな格好で休んでもらいます。


【術伝流のコツ1】ふくらはぎのしこりをきっかけに繰り返してもよい †
 膝裏のしこりが内にも外にもあった場合には、やっていない方で繰り返します。
また、膝裏しこりのあるみぞを足首の方にたどりふくらはぎが終わるあたりにも
ツボが出ている場合が多いです(写真1)。親指側は築賓あたり、小指側は、飛揚
~外丘あたりになると思います。そのツボの奥のしこりをゆるめるために、その
ツボの表面への皮膚操体を続けて行うのもよいです(写真4)。指揉みなどを付け
加えると効果が上がりやすいです。
画像の説明写真4


2.膝裏のしこりを少し痛くして逃げる姿勢を維持する †
 膝裏のしこりを押して痛くし痛みから逃げてもらい、その姿勢を維持することを
きっかけにします。


1)ラクな姿勢で寝てもらい、膝裏のしこりを探す †
 1.の1)と同じように膝裏しこりを探します。


2)きっかけ:そのしこりを少し痛くして逃げてもらい、逃げた姿勢を保つ †
 そのしこりを少し強く押して痛くして、痛みが減る格好を探すように逃げてもら
います。一番痛みが減る姿勢になってもらいます。あまり痛くしすぎるとどう逃げ
ても痛いということになるので、痛みが減った感じがわかる程度の適切な痛さにな
るよう押し具合を加減してください。膝を曲げて胴体に近づける姿勢になることが
多いです。

 しこりを押している指は離さないでしこりの状態を観察しつづけます。うまく姿
勢が決まると、その姿勢になったとたんにしこりが目立たなくなることも多いです
が、指を離さずにしこりの上体を観察し続けます。


3)つけたし:足首反らし †
 操者はしこりの延長の足首をもう一方の手で支え、足首を反らします。足首を反
らすと、痛みがもう一段と減るし気持ち良さが生まれやすくなります。膝裏しこり
が外側つまり小指側のときには足首も小指側を反らし、しこりが内側つまり親指側
のときには足首の親指側を反らします(写真5)。
画像の説明写真5


4)イイ感じがあるか確かめて味わってもらう †
 1.の4)と同じように、体全体にイイ感じが伝わっていくように、窮屈そうな
ところを動かしてもらったり、より気持ち良さが深くなるように姿勢を変えてもらっ
たりします。そのときに足首がゆるまないように反らし続けます。


5)姿勢を変えたくなったら終える †
 1.の4)と同じように、姿勢を変えたくなったら終わりにします。イイ感じが
消えたり、息が浅くなったりの終りにしてよいサインです。しばらくラクな格好で
休んでもらいます。


【術伝流のコツ2】ふくらはぎのしこりをきっかけに繰り返してもよい †
 1.の操体と同じように、膝裏のしこりが内にも外にもあった場合には、やって
いない方で繰り返します。また、ふくらはぎの築賓や飛揚~外丘あたりのしこりを
すこし痛くすることをきっかけに繰り返すとより効果的です。


【術伝流のコツ3】1.と2.は基本的には同じ †
 1.の操体と2.の操体は基本的には同じようなことをしていることに気づいた
人も多いと思います。皮膚操体と足指揉みを中心にするか、しこりが痛まない姿勢
と足首反らしを中心にするかの違いで、タワメの間の姿勢は同じようになることが
多いです。


3. うつ伏せ膝立て足首捻り †
 うつ伏せで膝立ての姿勢から足首を捻ります。うつ伏せで膝を立てた姿勢になれ
ないときには、悪い方の膝を上にした横向き寝で行ってもよいと思います。また、
1.や2.を行って、うつ伏せ膝立ての姿勢になれるようになってから試みても
よいし、良い方の足でこの3.の操体を行ってから試みてもよいです。


1)うつ伏せ膝立の姿勢で寝てもらい、膝と足首を直角に曲げる †
 うつ伏せで寝てもらい、悪いほうの膝から下を上げて照ってもらいます。膝のと
ころと足首のところが直角になるくらいにします(写真6)。
画像の説明写真6


2)きっかけ:足首を捻ってみて捻りやすい方向に動き(皮膚)の操体 †
 足首を捻ってみて捻りやすい方に捻った上体を保ちます。実際に足首を捻る動き
の操体でおこなう場合と同じ効果のある皮膚操体で行う方法があります。なれると
皮膚操体の方が簡単で効果が上がりやすいです。

1.踵を支えながら爪先を捻りやすい方を探す
 片手の親指と人指し指で踵を包んで固定し、反対側の手で爪先を内側つまり親指
側と外側つまり小指側の2方向に捻ってみて、捻りやすい方をみつけます(写真7)。
画像の説明写真7
2.ほんのすこし余分に動かした状態をしばらく維持する
 動きの操体の場合には、試してみたときと同じように踵を支えた状態から、爪先
を小さな力でラクに捻れる範囲まで捻ってから、ほんの少し余分に捻ります。この
ときに足首は直角に保つようにします。足首が直角になっていないと、捻った動き
が膝などに伝わっていきにくいので、効果が出にくくなります。
 皮膚操体の場合には、足首の膝側の下腿の皮膚を下腿の骨に直角に、つまり、下
腿を捻る感じの2方向にズラしてみて、ズレやすいほうにズラします(写真8)。
画像の説明写真8
そして、ほんの少し余分にズラしたままの状態をしばらく維持します。ズラした後
ろにできる皮膚の張りを保つようにします。


3)つけたし:言葉かけと指圧や皮膚操体 †
 動きの操体の場合には、両手がふさがっているので、言葉をかけて窮屈そうに見
えるところを動かしてもらいます。

 皮膚操体の場合には、空いている方の手で膝裏から脹ら脛のしこりを探し、見つ
かったら指圧したり揉んだり皮膚操体したり(写真9)しながら、言葉をかけてラク
な姿勢を探してもらいます。
画像の説明写真9


4)イイ感じがするか確かめ味わってもらう †
 より深い気持ち良さを探してゆっくり動いてもらいながら、イイ感じを充分味わっ
てもらいます。言葉の通じない方の場合には、おなかの息の深さを観察し判断しま
す。


5)姿勢を変えたくなったら終える †
 姿勢を変えたくなったら終わりにします。イイ感じが消えたり、息が浅くなった
りは終わりにしてよいサインです。しばらくラクな格好で休んでもらいます。


【術伝流のコツ4】動きが小さいので難しいが、効果は高い †
 この操体は動きが小さいので、とくに皮膚操体の場合には加減が難しいですが、
慣れてくると効果を上げやすい操体なので、しっかり練習して身につけましょう。


4. ほかにもいろいろ †
 もう少しで正座できそうなときには脹ら脛の皮膚を小指側にズラすとよいです。
大腿と下腿の間から手を入れ、脹ら脛の皮膚を外側つまり小指側にずらしながら尻
を落としていく(写真10)と、正座できてしまうことが多いです。
画像の説明写真10
 膝の辛さをやわらげる操体はほかにもたくさんありますが、あまり一度にたく
さん習っても身につかずに終わる可能性が高いので、これくらいにしておきます。

 また、運動器系の応急処置としては、肘や手首・足首の辛さをやわらげる操体も
ありますが、同じ理由から、またの機会にしたいと思います。

 次回からは、ここまで数回説明してきてだいたい感じていただいた術伝流操体
していくうえで、基本的に大事な2つのことを説明していきます。それは、手首足首
の動きと胴体の動きの関係、体重移動と胴体の動きの関係です。この2つをよく理解
すると、いままでの運動器系応急処置もより効果を上げやすくなりますし、このあ
と説明する寝方別の操体も身に付けやすくなります。それに、その2つを理解するた
めに行う動きそのものが一人操体として使えますし、イイ感じを味わえます。
お楽しみに。


5. 操体の基本手順から見てみる †
 今回の操体を操体の基本手順からみてみましょう。
(1) ラクな姿勢になってもらう
   今回:ラクな姿勢で寝る
(2) 目立つ処を少し強調してイイ感じを探す
   (≒やりやすいほうを少し強調)
   今回:しこりの上の皮膚をズレやすいほうにズラす
      しこりが痛まない姿勢を保つ
      足首を捻りやすいほうに捻る
(3)他にイイ感じがないか探し、あったら加える
    1.目の動き、手首の動きを加える
    2.体重を移しやすいほうに移す
   今回の付け足し:指揉み
           姿勢をゆっくり変えてもらう
           足首を反らす
           関連するツボをゆるめる
(4)息が深くなるかイイ感じなら続ける
(5)姿勢を変えたくなったら終える
   (体重を戻す=姿勢を変える)

>>>つぎへ>>>術伝流操体no.8

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional