和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

術伝流操体no.5

はじめに †
 前回は、肩や首の辛さを軽くする動きの操体を紹介しました。
今回は、肩や首の可動域制限、特にいわゆる五十肩の可動域制限を軽くする動きの
操体を紹介します。


同じ腕で逆モーション・バック運動を試す †
 五十肩の可動域制限で多いのは、手を挙げられないというのと、手を回せないと
いうのです。そういう動きをすると痛かったり辛かったり、あるいは、痛さ辛さは
なくても動かせないという訴えが多いです。操体では痛かったり辛かったり動かせ
ないのは、体がそういうことを今はしない方がよいと訴えているのだと考えますか
ら、そういう動きは調べるとき以外には行いません。それで、逆に動かしやすい方
に動かしてみるわけです。実際には、いわゆる逆モーション・バック運動と行って、
動かしにくい方と正反対の方向に動かしてみます。


手を挙げられない場合 †
 手を挙げられない人の場合なら、制限のある手の上げる動作を実際に、辛くない
範囲で行ってもらい、そこから逆モーション・バック運動をゆっくり行ってもらい
ます。この場合、少し余分にしてもよいです。

たとえば、前の方から腕が上げられない場合(写真1)には、
画像の説明写真1
逆モーション・バック運動で戻ったら、そこからゆっくり後ろ側へ手を上げていき、
上げにくくなるところまで上げてみます(写真2)。
画像の説明写真2
そして、止まったところで手首をどちらかに捻るともう少し上がると思います。
また、体重を前に移しながら体を前屈するともう少し余分に上がると思います。
目も動いていく手の方を見るようにするとよいと思います。でも、無理はしないで
ください。イイ感じがないのに無理して逆モ-ション・バック運動をたくさんして
も効果は出ませんので。

操者は、手首捻転を少し強調してあげながら、倒れないように支えてあげます
(写真3)。
画像の説明写真3
お腹に息が深くなるかイイ感じがあるか確認します。体重を戻したくなったら終わ
りにします。前に手を挙げて改善したか確かめてみます。

 後ろに上げにくい場合も基本的には同じです。手首捻転や体重移動は、やりやす
い方を付け加えるようにしてください。横に上げにくい場合には、胴体のそばまで
腕が降りてきたら体の前側に腕を回して上げていくか、体の後ろ側に腕を回して上
げていくか、やりやすい方、抵抗の少ない方をして、手首捻転や体重移動もやりや
すい方を付け加えるのは同じです。斜め方向に上げにくい場合も基本的には同じで、
逆モーション・バック運動で、上げるのに通った道筋を戻り、少し余分に動作をし
て、やりやすい手首捻転と体重移動を加えます。


手を回せない場合 †
 手を回せない(写真4)場合も同じように、
画像の説明写真4
痛くなる手前まで辛くない範囲で制限のある手を回す動作をしてもらい、そこから
逆モーション・バック運動をゆっくり行ってもらいます(写真5)。
画像の説明写真5
この場合、手首はすでに回転していると思うので、付け加えるのは、体重を移すこ
とと反対側の手首を回しやすい方に回すことかなと思います。腕を回すだけで手や
腕の移動が少ないので目の動きはあまり関係しないと思います。

操者は手首捻転を少し強調し倒れないように支えてあげます(写真6)。
画像の説明写真6
お腹に息が深くなるかイイ感じがあるか確認します。体重を戻したくなったら終わ
りにします。回しにくかった方に回して確認します。

 小指側を手甲側に回しにくいときには、逆モーション・バック運動は小指側を手
平側に回すことになりますし、小指側手平側に回しにくい場合には、逆モーション・
バック運動は小指側を手甲側に回すことになります。

 軽いものなら、いま説明した動作制限がある腕で逆モーション・バック運動をす
ることをきっかけにする操体でよくなります。もう少し重いものだと少ししか改善
しないということもあります。そういう場合には、次の方法を試してみます。


反対側の腕で同じ動作をする †
 五十肩による動作制限も重くなると、だんだん制限のある動作だけでなく、その
逆モーション・バック運動もやりづらくなってしまうこともあります。そういうと
きには、操体では無理して、その逆モーション・バック運動をしません。何をする
かというと、よく動く方の腕を動かしてみます。

 動かし方は、動作制限のある腕と反対側の腕で、動作制限のある動作と同じ動作
をしてみます。


手が挙げづらい場合 †
 手が挙げづらい(写真1)場合には、反対側の手をゆっくり挙げてもらいます
(写真7)。
画像の説明写真7
そして、付け加えて、その手の手首を回しやすい方に回してもらい、体重も移しや
すい方に移してもらいます。目も挙げた手の指先を見るようにします。その3つを
付け加えると、付け加える前よりも少し手が挙げやすくなると思いますが、無理を
しないでください。体まるごとイイ感じになり、お腹に息が深く入ることの方が大
切です。挙げやすくなるのはほんの少しで充分です。

操者は手首捻転を少し強調し倒れないように支えてあげます(写真8)。
画像の説明写真8
操者の方が小さくて手首捻転が強調しにくい場合には肘あたりを強調してあげても
よいと思います。体重を戻したくなったりイイ感じが消えたら終わりにします。挙
げづらかった方の手を挙げてみましょう。挙げやすくなっていませんか?

 どうしてこういうことが起こるのでしょう。ヒトの体は左右対称なので、基本的
には、片手である動作をすると反対側の手は逆向きに動かした方がバランスが取り
やすいからなんです。もう少し詳しく言うと、背骨を境に背骨に伝わる動きが逆向
きの動きを左右の手で行うとバランスが取りやすいということです。

一番簡単なのは、手を横に挙げる動作です。たとえば、右手を横に挙げると上半身
の背骨は左に側屈します。その逆モーション・バック運動をすると、上半身の背骨
は左側屈からまっすぐになり、もう少し余分に逆モーション・バック運動をすると、
上半身の背骨は右側屈します。左手を横に挙げても、上半身の背骨は右側屈します。
それで、右手を横に挙げにくい場合には、左手を横に挙げると逆モーション・バッ
ク運動になり、右手の挙げにくさが改善されるというわけです。

 右手を前から挙げる動作は、上半身の背骨を天から見て反時計回りに回転させな
がら左側屈させます。左手を前から挙げる動作は、上半身の背骨を天から見て時計
回りに回転させながら右側屈させます。ですから、左手を前から挙げる動作は、右
手を前から挙げる動作の逆モーション・バック運動になっています。

 後ろに挙げる動作も同じです。


手を回しにくい場合 †
 右手を垂らして小指側を手平側に回す動きは、上半身の背骨を天から見て時計回
りに回転させます。左手を垂らして小指側を手平側に回す動きは、上半身の背骨を
天から見て反時計回りに回転させます。ですから、左手を垂らして小指側を手平側
に回す動きは、右手を垂らして小指側を手平側に回す動きの逆モーション・バック
運動になっています。

 小指側を手甲側に回す場合も同じです。

 ですから、手を回しにくい場合でも、基本的に、反対側の手で同じ動作をして、
この場合には、手首はすでに捻れていると思うので、それがやりやすいように体重
移動を付け加えれば、動作制限は改善されやすくなります。


肘うち動作がしにくい場合 †
 前腕が床に平行になるくらいに肘を曲げ、その肘を後ろに動かす、いわゆる肘う
ちの動作がしにくい(写真9)という人がいました。
画像の説明写真9
反対側の腕で同じ動作をしてもらい、その手首を回しやすい方に回してもらうこと
と体重を移しやすい方に移してもらうことを付け加え、体重を戻したくなるまで、
その格好を続けてもらいました。操者は手首捻転を少し強調し、倒れないように体
を支えてあげました(写真10)。
画像の説明写真10
体重を戻して、やりにくかった肘うちの動作をしてもらったら、スムーズにできる
ようになっていました。

 このように左右差がある動作なら、やりやすい方の手(腕)で同じ動作をして、
やりやすい方に手首捻転することと移しやすい方に体重移動することを付け加え、
体重を戻したくなるまで、その格好を続けてもらうことを改善することが多いです。


いろいろな応用 †

ツボに触れながら1.や2.をする †
 患者さんはじめ、受け手の人が「この辺りが辛い」と言った辺りを調べて、ツボ
が出ているのがわかったら、そのツボに触りながら1.や2.を行ってみるのもよ
いと思います。

 そのツボに触りながら逆モーション・バック運動をしていくと、ある姿勢になっ
たところで、そのツボのある部分が膨らんでみた周りの筋肉に埋もれるように消え
ていくことが多いです。そのツボが消えた姿勢を維持するようにします。もちろん、
イイ感じがあったり、お腹に息が深く入ったりするのも確認できるとよいのですが、
受け手の方に聞いてもわからなかったり、操者の方でもよくわからなかったりする
場合もあるので、そういう場合には、この辛さに関係するツボが消えたように感じ
る姿勢を維持するという判断基準も結構使えます。姿勢を変えたくなったら終わり
にします。

 ただ、ツボが見付けられない場合には、この判断基準は使えません。ツボ取りに
関しても機会を見て説明していくつもりです。


下半身も大切 †
 今まで説明した1.2.3.の操体でうまくいかない場合は、下半身の歪みが関
係していることが多いです。そういうときは、前々回まで説明してきた腰に関係す
る操体をしてから行ったり、応急処置の後に解説する寝方別の操体を行ったりして
から、今回の操体を行うと効果があります。これは、土台である下半身が大きく歪
んでいると上半身は歪んでいる方が自然なので、歪みが取れにくいからです。特に、
膝裏のしこりを改善することを中心に寝方別の操体を行ってから行うと効果が上が
りやすいです。寝方別の操体も丁寧に解説する予定なので楽しみにしていてくださ
い。

 ほかにも面白い方法があります。少しだけ事前にヒントを出しておくと、今回解
説した反対側の腕で背骨に伝わる動きが同じ動作をしましたが、同じように足で背
骨につながる動きが同じ動作をすれば、下半身を含めた体全体を整えることにもつ
ながると思いませんか? つまり、足の操作をうまく行うと、それだけで五十肩の
動作制限が改善したりするということです。おいおい解説していくつもりですが、
少し考えておいてください。


操体の基本手順から見てみる †
 今回の操体を操体の基本手順からみてみましょう。
(1) ラクな姿勢になってもらう
   =ラクな姿勢で立つ(座る)
(2) 目立つところを少し強調してイイ感じを探す
   =やりやすい方を少し強調
   1.やりにくい手では逆モーション・バック運動
   2.やりやすい手では同じ動き
(3)他にイイ感じがないか探し、あったら加える
   1.目の動き、手首の動きを加える
   2.体重を移しやすい方に移す
(4)息が深くなるかイイ感じなら続ける
(5)姿勢を変えたくなったら終える
   (体重を戻す=姿勢を変える)

ということで、操体の基本手順に当てはまりますね。

>>>つぎへ>>>術伝流操体no.6

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional