和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

術伝流操体no.11

1. 重さの操体は体重移動をキッカケにする †
 先回は、ある動作をするときに、どういうふうに、どの方向に体重を移動させる
と、その動作がやりやすくなるかをいろいろ試してみました。今回は、体重を移動
させることをキッカケにした操体を紹介していきます。昔の本では、中腰尻振りと
か、四つん這い尻振りとかという名前で書かれているもので、いまでは、それ以外
のものも含め、重さの操体と呼んでいます。

 やり方は簡単で、ラクな姿勢から、ためしにいろいろな方向に体重を移してみて、
いちばん移しやすい方に体重を移すことをキッカケにして、その動きを体全体に伝
えながら、イイ感じが増える、気持ち良さが深くなる姿勢を探し、気持ち良さを味
わうというものです。

 手順として書けば、
(1)ラクな姿勢になる
(2)体重を移しやすい方に移す
(3)イイ感じが増える姿勢を探す
(4)イイ感じを確かめつつ味わう
(5)体重を戻したくなったら終える


2. 定番の中腰尻振り運動 †
 昔からいちばんよく知られている重さの操体は、中腰尻振り運動です。

 肩幅程度に足を開いて立ち、目の高さくらいのものに手でつかまって、膝をかる
く曲げた姿勢(写真1)から、
画像の説明写真1

体重を左右_前横後ろの6方向に体重を移してみて(写真2)、つまり右前、右横、
右後ろ、左前、左横、左後ろに体重を移してみて、いちばん移しやすかった方に、
ゆっくり体重を移すことをキッカケにします。
画像の説明写真2

そして、その動きを、ゆっくり膝から腰、腰から背骨、背骨から両方の腕や頭に伝
えていきます。そして、イイ感じが増える格好、気持ち良さが深くなる姿勢を探し
て、ゆっくり動いていきます(写真3)。
画像の説明写真3

動きが止まってしまったら、体の内側の動きに意識を向けてみてもよいです。体重
を戻したくなったら終わりにします。

 以前、この中腰尻振り運動を伝えていたら、参加者から「尻振りって言うからフ
ラダンスみたいにするのかなと思っていたら、これはただの体重移動ですね」と言
われてしまいました。でも、おかげで、こういう操体は体重移動をキッカケにして
いるということがはっきり認識できましたし、重さの操体という名前も思いつきま
した。


3. トイレット操法 †
 トイレに行くたびにするとよいということで、こういう名前がついたそうですが、
トイレでなくてもできます。

 肩幅くらいに足を広げて立ち、すこし膝を曲げて、膝の上に手のひらを当てた姿
勢(写真4)から、体重を左右_前横後ろの6方向に移してみて、いちばんイイ感じの
する方向にゆっくり体重を移していくことをキッカケにします。
画像の説明写真4

体重を移す動きを膝から腰、腰から背骨、背骨から頭にゆっくり伝えていき、イイ
感じが増える格好、気持ち良さが深くなる姿勢を探して、ゆっくり動いていきます
(写真5)。体重を戻したくなったら終わりにします。
画像の説明写真5

『操体法治療室』という本には、この操体で足首捻挫が良くなった話が出てきます。


4.いろいろな姿勢からやってみる †
 2.や3.に限らず、いろいろな姿勢から重さの操体をしてみることができま
す。ふだんの生活のなかでいちばんやりやすそうなものは、机くらいの高さのもの
に手をついてする重さの操体です。その高さのものは、椅子の背、テーブル、手す
り、流し台、洗濯機とたくさんあるので、どこでも始められます。

 壁などに手をついた状態から始めてもよいです。トイレのような狭いところなら
両方の壁に突っ張るように手をついてすることもできます。仕事の合間に椅子に腰
掛けた状態から、畳の上に座った状態から、あるいは、電車のつり革につかまった
状態から、電車の椅子に腰掛けた状態からでもできます。

 ちょっとした暇があったら、すぐに、そのとき取っている姿勢から重さの操体を
する習慣をつけてしまいましょう。体のバランスがとれやすくなります。ただ、人
前でするときには、あまり大きな動きをすると、おかしなヒトと思われるかもしれ
ません。


5.イイ感じを増やしていくコツ †
 背骨が立った姿勢から体重移動をキッカケにする重さの操体で、イイ感じの増え
る格好を探していく場合には、倒れまいとする意識が逆モーションになっているの
で、比較的バランスが取りやすいです。手首などを反らしたり、ねじったりしてバ
ランスをとってもよいと思います。

 何度も書いていますが、ゆっくり少しずつ動いていくとうまくいきやすいです。
体のあちこちと相談しながら、体のあちこちがみんなイイ感じになるように、体の
あちこちに気持ち良さを分けてあげる感じで、ひとつずつ、少しずつゆっくり動い
てイイ感じを探し増やしていきます。

 体のあちこちのイイ感じを増やしているうちに、キッカケになった体重移動の動
きの変わってくることもあります。新しい体重移動の方がイイ感じになりそうなら
体重移動自体も、ゆっくり少しずつ変えていきます。

 お腹の息が深くなったり、なんとなくポワンポワンとしたような感じになったら
体まるごとのイイ感じに近づいているように思います。

 体の外側の動きが止まってしまったら、無理して動かずに体の内側の動きを感じ
てみましょう。温かい風のようなものが吹き抜けていくような感じ、温かい水のよ
うなものがジワーッと広がり流れていくような感じ、電気のようなものが走ってい
くような感じ、小さな渦が渦巻いては消え渦巻いては消えていくような感じ、筋肉
の一部がピクピク震えながら緩んでいくような感じ、そういう感じを受ける方が多
いようです。

 動きが指定されず自由度が大きく、はじめのうちは何をやっているのかよくわか
らないという方も多いと思いますが、以上のようなことを工夫していくと、イイ感
じが増えやすく、味わい深く、また気持ち良さが深くなりやすいためか習慣にしや
すい操体なので、繰り返し練習し、気持ち良さを味わい、習慣になるようにしていっ
てください。


6.重さの操体は慢性症状に効果的 †
 この立ち姿勢からの重さの操体は、慢性症状に効果があるようです。地球の重力
に逆らって直立2足歩行しているヒトの体の重心、つまり中心調整になるからでしょ
う。比較すると指揉み、指反らしなどは急性症状に効果があるようです。

 また、障害で歩けない人、歩くときのバランスが取りにくい人、長いあいだ病気
で寝ていて歩き始めた人などに行うと立ち姿勢でのバランスが取りやすく、歩行の
バランスも取りやすくなります。試してみてください。


7.指反らしながら重さの操体 †
 指反らしと重さの操体を組み合わせることもできます。立ち姿勢でテーブルなど
に手をついて重さの操体をするときに、指反らしをしながら重さの操体をするわけ
です。立って壁に手をついた姿勢や座って座卓に手をついた姿勢から始めてもよい
です。

 まず手の指を一本ずつ反らしてみて(写真6)、いちばんピリピリビリビリした
感じの指を選びます。
画像の説明写真6

その指の側の手は反らしたい指だけ伸ばし、ほかの指は曲げて、テーブルなどの上
につき、指反らししない側の手は手を広げたままテーブルの上に置きます(写真7)。
画像の説明写真7

その姿勢から、ゆっくり、体重を左右_前横後ろの6方向に移してみて、いちばん移
しやすい方に体重を移すことをキッカケにして重さの操体をしていきます(写真8)。
画像の説明写真8

膝から腰、腰から背骨、背骨から頭や両腕に動きを伝えていって、イイ感じが増え
る格好、気持ち良さが深くなる姿勢を探して、ゆっくり動いていきます。体重を戻
したくなるまで続けます。

この操体は、急性症状、とくに上半身の急性症状を取りながら、体全体の慢性的な
バランスの改善ができるので、筆者は気に入ってよくしますし、患者さんにも勧め
ています。

>>>つぎへ>>>術伝流操体no.12

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional