和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

術伝流操体no.10

はじめに †
 「術伝流操体 その8」と「その9」では、手首・足首からの動きを全身に伝えて
いくとどうなるかを体験してもらいました。今回は体重移動と全身運動の関係です。「その8」と「その9」でも少し取り上げたので勘のよい人ならわかってしまった
人もいると思いますが、ひとつずつ取り上げていきます。

 手首・足首の場合には、手首・足首をまず動かして、それを全身に伝えていくと
いう手順をふみましたが、体重移動の場合には、ある全身の動きをするときにどう
いう体重移動をするかという視点で見ていく方が、初めての人にはわかりやすいの
で、そういう順に説明していきます。次回、体重移動をきっかけにした操体を説明
しますが、そのときに体重移動をきっかけに全身にイイ感じを伝えることは味わっ
てもらうことにします。


1. 前に曲げるときの体重移動 †
 これは、立ち姿勢で体を前に曲げる(前屈)ときに体重をどう移動させるとやり
やすいか、イイ感じが生まれやすいかということです。体重の中心は腰にあります
から、腰をどっちに動かすと体を前に曲がりやすいかということにもなります。

 まずは、いろいろ試してみてください。体に大きな歪みなどがある場合には違う
こともありますが、ほとんどの場合、お尻を後ろに引いてから、つまり、お尻を後
ろに突き出して体重を後ろにかけてから、体を前に曲げると、曲げやすいことが実
感できると思います(写真1)。
画像の説明写真1
写真で踵(かかと)よりも腰の中心が後ろにきていることに注目してください。

 さて、前回の復習です。この場合に手首はどうすると、前に曲げやすいでしょう
か? 手を垂らしている場合には、手の小指側を手甲側に回す手首捻転をすると、
体を前により曲げやすくなりますね。つけくわえてみてください。


2. 体を反らせるときの体重移動 †
 立ち姿勢で体を反らせる(後屈)ときには、体重をどう移動するとやりやすいで
しょうか? 1.と同じように腰をどう移動させるとよいか、ということです。

 これもいろいろ試してみると、腰を前に突き出す、つまり体重を前に移動させ
ると、体を後ろに反らせやすいことがわかると思います(写真2)。
画像の説明写真2
写真で爪先よりも腰の中心が前にきていることに注目してください。この場合、手
を垂らしていたら、小指側を手の平側に回す手首捻転をすると、より体を反らせや
すくなりますね。


3. 体を捻るときの体重移動 †
 体を捻転する場合には、体重をどう移動すると、つまり腰をどちらに移動すると
やりやすいでしょうか? いろいろ試してみてください。捻転する側に体重を移動
させると、つまり、腰を捻る側に移動させると、体全体を捻転させやすくなります
(写真3)。
画像の説明写真3
写真で反対側の足の踵が浮いていることに注目してください。

 この場合には、左右の手首の捻転は小指側をどう動かすかということでは同じで
はなかったですね。手を垂らしていた場合には、ねじる側の手首は小指が手の平側
に回る手首捻転で、反対側は小指が手の甲側に回る手首捻転で、つまり、天から見
ると胴体も両手も同じ向きに捻転していることになります。


4. 体を横に曲げる(側屈)ときの体重移動 †
 横に曲げる、つまり側屈させるときは、どうでしょう。いろいろ試してみてくだ
さい。これは意見が分かれるかも知れません。というのは、子供のころ習ったラジ
オ体操では、操体でこうだよというのと逆のことをしているので、それが身に付い
てしまっている人がいるからです。ラジオ体操では、側屈するのと同じ側に体重を
移動するよう指導していますが、これはすぐ戻しているから成り立っているだけで、
少し長い時間行うと側屈した側に倒れやすく安定しません。

 側屈する側と反対側に体重を移動した方が安定し、少し長いこと同じ姿勢をとり
続けても立っていられます(写真4)。
画像の説明写真4
写真で腰の中心が反対側の足の上にきていることに注目してください。

 このとき、手首をどうすると側屈しやすいか、側屈が安定しやすいかもいろいろ
試してみてください。


5. 手を上に上げるときの体重移動 †
 手を上に上げるときには、どういうふうに体重を移動させるとやりやすいでし
ょう。いろいろ試してみるとわかると思いますが、上げた手と同じ側の足に体重を
移動させると、より手が上げやすくなります(写真5)。
画像の説明写真5
写真で腰の中心が同じ側の足の上に来ていることに注目してください。

 このとき手首はどうすると手が挙げやすくなったでしょう。復習してみてください。 **6.落ちているものを拾うとき
 床などに落ちているものを拾うときには、どうでしょう。これも意見がわかれる
かもしれません。腰を落とさずに体を前屈して落ちているものを拾うときには、拾
う手と反対側の足を前に出し、そちら側に体重を移した方が拾いやすいのです
(写真6)が、同じ側の足を前に出して拾う人もいて、それが原因で腰痛になって
いる人が多いです。
画像の説明写真6

 同じ側の足を前に出して落ちているものを拾う場合には、しっかり腰を落として
から拾う(写真7)と腰を痛めにくいです。
画像の説明写真7
とくに床にある重いものを持ち上げるときには、重いものの方にヘソを向けてから
腰を入れて持ち上げないと腰を痛めやすいです。


6. 利き手で作業するとき †
 利き手で長時間作業するとき、つまり料理をしたり、字を書いたり、ものを作っ
たりするときには、利き手と反対側の足を前に出して、そちらの足に体重をかける
ようにする(写真8)とやりやすく、長時間作業しても腰を痛めません。
画像の説明写真8

 長時間作業するときに利き手と同じ側に体重をかけていると腰を痛めやすくなり
ます。これも腰痛の原因となる普段の姿勢のうち非常に高い割合を示すものなので
注意してください。


7. 素早く動くものを相手にするとき †
 格闘技のときや卓球のときなど、近くで素早く動くものを相手にするときには、
6。とは逆になります。利き手と同じ側を前に出し、いわゆるナンバ歩きで半身動
作、利き手を前に出すときには同じ側の足を前に出して体重もそちら側にかけ、反
対側の手を前に出すときには反対側の足を前に出して体重もそちら側にかけると、
相手の素早い動きにもついていきやすく、疲れません。

 昔から間合い三間といいます。5m強以内の距離で、素手か軽い武器を持ち素早
く動くものを相手と格闘する場合には、利き手と同じ側の足を前に出す半身動作が
有利です。ですから、いろいろな格闘技の試合場の面積はだいたい直径5m強くら
いです。

 相手にさらす自分の体の面積も少なくできるのも、半身動作が格闘技に有利な点
だと思います。ですから、日本にかぎらず、西洋のフェンシングの場合も剣を持つ
側の足を前に出しています。

 ただ、がっぷり組んで力を出し合う、相撲のいわゆる「がっぷり四つ」などの場
合は、ナンバ型では不利になります。相撲は、離れたときにはナンバ、組んだとき
は利き手と反対側の足を前に出す、この切り替えが素早いことが必要かと思います。


8. 山道を登り下りするとき †
 半身動作は山の急斜面を登り下りするときにも有利で、疲れません。また、階段
の昇り降りにも有利です。とくに、2,3段とばして階段を駆け上がるときには足
と同じ側の手を前に上げる方が絶対速いです。試してみてください。半身動作だと
足を上げたり下ろしたりする側と同じ手を上げたり下ろしたりするので無駄がない
からです。

 ふつうに歩くときのように前に上げる足と反対側の手を前に出す歩き方で急斜面
を登ると、背骨を軸とする回転運動が手足で逆になるのでスムーズに体を上に上げ
ことができません。たとえば、右足を前に上げる動作は、左足に体重を移しそこを
支点にして、体を天から見て反時計回りに回転させながら上に上げる動作になりま
すが、左手を前に出す動作は体を天から見て時計回りに回転する動作につながるの
で、互いに逆の動きがぶつかって効率が悪くなります。


10.重いものを持っての半身動作は腰を痛める †
 半身動作の有利な点を挙げてきましたが、短時間作業でも半身動作が不利なこと
もあります。餅つきのように重い杵を持上げて下ろすというような作業の場合には、
1回でも半身動作で行うと腰を痛めます。

 杵を持つときには利き手前で杵を持ち、利き手と反対側の足を前に出して、臼に
おヘソを向けてから、利き手を杵の先端の方へ移動させながら杵を上げていき、突
くときには、利き手を手前に移動させながら杵の重さを利用して落とし、手は方向
を制御するためにだけ使うようにします。利き手前というのは、両手で杵を持つの
ですが、利き手が杵の先端側になるように持つ持ち方です。


おわりに †
 どういう動作をするかによって、利き手側の足を出した方がよいか、反対側の足
を前に出した方がよいかは違うので、それぞれの動作にふさわしいようになるよう、
しっかり身に付けましょう。体の動かし方が効率的になり、体をゆがめることが少
なくなります。

>>>つぎへ>>>術伝流操体no.11

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional