和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

術伝流一本鍼no.9

(1)はじめに †
 膝の痛みは、下半身の痛みのなれのはてという感じで、膝の痛みを訴える人は、むかし、
腰痛、坐骨神経痛、足首痛などのあった人がほとんどです。それらが軽くて治療を受ける
ほどでなかった場合もありますが。

 そのため、そのとき痛い急性症状が出ていても慢性期の要素も多く、応急処置では辛さが
減りきらずに残ってしまうことや、痛みがぶり返すことも多くなります。治療の経過も長く
なることも多いので、2、3回応急処置をしてもぶり返すようなら、慢性期の型(養生の一本
鍼で解説予定)を併用して腹を中心に全身を整える必要も出てきます。患者さんには、治療
が長びく可能性のあることを伝えておくとよいでしょう。

 とはいえ、1回の応急処置で長年の膝痛がすっかり治り、伝えた操体などの自己養生を続
けることで再発していない人もいます。それに、たとえぶり返しがあるとはいえ、はじめて
の応急処置である程度改善しないと、患者さんには信用してもらえないので、よく練習して
結果が出せるような腕を身に付けてください。

 また、膝の痛い人は、膝のお皿まわりの痛みを訴えることが多いですが、原因となるツボ
は膝裏側に出ていることが多く、大腿裏から膝裏、そして下腿裏側に出ているツボをまず改
善しないと膝の痛みは減りにくく、ぶり返すのも早くなります。「膝の痛みの改善は膝裏か
ら」ということを忘れないようにしてください。


(2)膝の痛みの応急処置の手順(図1) †
画像の説明
 これまでにやってきた応急処置の総まとめという感じで、練習してきた技をすべて使いま
す。いままでの練習を思い出しながら練習してください。

 膝の応急処置も、前半、動作鍼、後始末に分けられます。痛みが陽経側だけのときは応急
処置も陽経側だけにしますが、経過が長いせいかツボや痛みが陰経側に出ていて、陰経側も
刺鍼する必要があることが多くなります。以下、陰経側も痛い場合を例に解説します。陽経
側のみ痛い場合には陰経側の刺鍼を省略します。

 応急処置の前半では、症状をよく確認したあと、まずは陽経側、陰経側の順で引き鍼をし
てから、陽経側、陰経側に出ているツボに刺鍼します。動作鍼も陽経側動作鍼をしたあと、
陰経側の動作鍼も加えるのが基本ですが、膝の場合には、陰経側と陽経側が混ざってしまう
ことも多いです。その動作が辛いときにどのあたりが原因になっているかを考え刺鍼してい
きます。後始末は、頭に散鍼したあと手の甲に引き鍼します。


1.症状確認 †
 症状確認では、どのような動きが辛いか、日常生活で困っていることをよく聞きます(写真1)。
画像の説明写真1
その1番目と2番目くらいを日常生活に支障がないくらいに改善することを応急処置の目標
にします。

 正座ができない、階段を降りるのがつらいという訴えが多いです。
正座ができない場合には、どのぐらいまでならできるか(写真2)
画像の説明写真2
階段を降りるのが辛い場合には、膝をどのぐらい曲げた状態で痛みが出るかを調べます(写真3)。
画像の説明写真3
どちらも痛みが出る直前の膝の曲がる角度を確認しておきます。

 膝の痛みに関係するツボは膝裏に出ているので、膝裏から下腿にかけてていねいに調べます。


2.引き鍼と大腿裏~膝裏~下腿の刺鍼 †
 まず足の甲に準備の引き鍼をするために、ツボを探します(写真4)。
画像の説明写真4
陽経側は、4~5間が多いですが、3~4間のこともあります。 陰経側は、1~2間が多いです。
陽経側に引き鍼した(写真5)あと、
画像の説明写真5
陰経側の足の甲1~2間に引き鍼します(写真6)。
画像の説明写真6
引き鍼をしながら動けるような運動鍼をしてもよいです。

 そのあとうつ伏せになってもらい、大腿裏から膝裏、下腿裏にかけて、外側、中央、内
側の3本のラインを調べます(写真7)。
画像の説明写真7
外側は、膝裏のH字状の窪みの小指側の延長ラインで、委陽を通ります。中央は、足裏中
央のラインで、委中を通ります。内側は、膝裏のH字状の窪みの親指側の延長ラインで、
陰谷を通ります。その3本のラインを足の付け根のほうから踵まで順にヘコんでいるところ
を押して圧痛がないか聞き(写真8,9)、圧痛のあるところを覚えておきます。
画像の説明写真8
画像の説明写真9
印を付けてもよいと思います。

 外側では、委陽の2,3cm足首よりの下委陽、そのラインをそのままたどって脹ら脛が終
わるあたりの飛揚~外丘、踵の上の陽大鐘、中央では、委中の2,3cm足首よりの下委中、
承筋、承山、アキレス腱中央部、内側では、陰谷の2,3cm足首よりの下陰谷、築賓、大鐘
に圧痛のあることが多いです。古くなるとそのラインの延長線上の大腿部にも出ているこ
とが多くなります。踵の上の大鐘や陽大鐘は、踵の骨に足底に向かって押し付けるように
押すと圧痛がわかりやすいです(写真10)。
画像の説明写真10
 調べた3本のラインの圧痛のあったツボを外側、中央、内側の順で、それぞれのライン
では腰の近い側から足首に向かって順に刺鍼していきます(写真11,12)。
画像の説明写真11
画像の説明写真12
踵の上の大鐘や陽大鐘は、踵の骨に足底に向かって、つまり圧痛のあった方向に鍼を置い
てから刺鍼します(写真13)。
画像の説明写真13

 この足裏側の刺鍼だけで膝の痛みがかなり改善され、膝を動かして動診できるように
なることが多いので、すぐ動作鍼に移ります。あまりないと思いますが、膝裏側だけの
刺鍼では膝が動かしにくい場合には、膝の表側、膝の皿の外側、内側、中央のラインを
調べ圧痛のあるツボを探し刺鍼します。

 膝裏側と表側のツボの出やすいラインについては、図2も参考にしてください。


3.膝の動作鍼 †
 いままでしてきた動作鍼と基本的には同じで、できない動作でもっとも伸びようとして
いる筋肉にツボが出ていることが多いです。

 正座ができないという動作制限が多いので、まずは、その動作がラクにできる範囲で
痛くなる直前まで曲げてみて(写真14)、
&ref2(): File not found: "./swfu/d/p1hari09_14.jpg";;写真14
膝のお皿まわりのくぼみを調べ、いちばん痛いところをみつけ、そこにまず刺鍼します
(写真15)。
画像の説明写真15
いったん戻してから調べ直すとすこし可動域が広がりますから、先ほど刺鍼したところ
から下腿方向と大腿方向に溝をたどって次のツボをみつけ(写真16)、
画像の説明写真16
みつかったツボに刺鍼します(写真17)。
画像の説明写真17
すると、またすこし可動域が広がり次のツボは膝から先ほどより遠くに出ます(写真18)。
画像の説明写真18
繰り返します。

 写真のモデル患者さんは比較的軽かったので、表側1ライン3カ所の刺鍼ですみました
が、辛い動作によっては、足裏の側に刺鍼する必要がある場合もあります。座位で症状が
確認しにくい場合には、立って確認したり、横向きなどの寝た姿勢で確認したりもします。

 もうすこしで正座ができる場合や、できるけれど体重がかけられない場合には、ツボは
大腿の胴体より、鼡径部やお尻のちかくに出ています。特に伸びる側の大腿付け根からお
尻にかけてツボが出ていることが多いです。痛い側を上にした横向き寝で正座をしたとき
と同じぐらいに膝を深く曲げた姿勢でツボを探し刺鍼します。

 また、階段を降りる動作が辛いときなどは、ある程度改善してから実際に階段を降りて
もらうか、階段と同じぐらいの段差で降りる格好してもらって、痛むところと曲がり具合
を確認します(実際に階段で検査するときには、手すりにつかまりながら降りてもらい下
で待つか、一段下から手を添えながら降りてもらいます)。座位になれるところに戻って、
同じ曲がり具合に膝を曲げ痛んだところあたりを探して圧痛のあるツボをみつけ刺鍼しま
す。何回か繰り返しになることもありますが、一鍼するたびに改善していくので、それほ
どイヤがらずに試させてくれることが多いです。


4.後始末 †
 陰経側にも刺鍼したときには、あとで腹の邪気が上衝する現象が起きて、頭が痛くなっ
たり熱が出たりする可能性もあるので、念のため、頭に散鍼したあと手の甲に引き鍼して
おきます。手の甲は、肩こりなどの仕上げの引き鍼と同じように、井穴をつまんだり、指
を反らせたり、甲の骨のあいだを押したりして、出ているツボを探します。

 あまりないと思いますが、陽経側だけに刺鍼したときは、足の甲の陽経側2~3、3~4,
4~5間のいずれかいちばん痛いところに刺鍼して終えます。


(3)おわりに †
 膝の痛みの治療ができるようになると、それを応用して肘や股関節の治療もできるよう
になります。肘については、腱付着部痛への鍼、捻転時の動作鍼という技術がありますの
で次回解説しますが、股関節については、膝とあまり変わらないので、工夫してやってみ
てください。

>>>つぎへ>>>術伝流一本鍼no.10

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional