和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

術伝流一本鍼no.8

(1)古くなると陰経や脇の下にツボが出る †
 先回までに、肩まわりの基本的な刺鍼や、陽経や肩・背中のツボを使う動作鍼を稽古しました。それらを
しても良くならない場合は、経過が古くて、脇の下や上腕の陰経側にもツボが出ていることが多く、そうい
うツボに刺鍼すると改善します。そこで、今回は、脇の下や陰経も使う五十肩の施術手順を稽古します。

 とくに腕が30度位までしか上がらないときには、脇の下や上腕の陰経にツボが出ていることが多く、そ
の部分がシコりになって伸ばそうとしても伸びないので、腕がすこししか上げられなくなっているようです。
症状を確認するときに痛い手前まで上げてもらうと上腕の陰経側に脇の下からつづく溝が見えます(写真1)。
画像の説明写真1


(2)陰の動作鍼 †

1. 手順の全体像(図1) †
画像の説明図1
 手順は、オーソドックスな方法としては、手の甲に引き鍼したあと、肩首腕などのツボが出やすいところ
にツボが出ていたら刺鍼してから、陰経の引き鍼をしてから、陰経の動作鍼、陽経の動作鍼をして、頭の散
鍼、手の甲への引き鍼で後始末をします。
 腕がほとんどど上がらない場合など、症状確認の段階で脇の下や陰経にツボが出ていることが確認できた
場合には、手の甲に引き鍼(写真2)したあと、すぐに陰経の引き鍼をして陰の動作鍼に進んでもかまい
ません。
画像の説明写真2
それから陽の動作鍼をします。
もし、動作鍼を終えたあと首のコリなどが残っていたら後始末の前にそれらの刺鍼をします。後始末とし
ては、頭の散鍼と手の甲への引き鍼をして終えます。

 陽経側や肩まわりだけを使う動作鍼をしても改善しなかったあとでするときには、陽の動作鍼のあとに陰
経の引き鍼をしてから陰の動作鍼をしてもかまいません。

 いずれの場合にも後始末の頭の散鍼と手甲の引き鍼を忘れないでください。後始末に頭の散鍼を加えるの
は、陰経側を刺鍼すると胴体内側、とくに腹の内部の邪毒に刺激が伝わってしまうことが多く、そのため、
それらの邪毒から邪気が漏れれ出して上衝し、あとで頭が痛くなったり熱が出たりする可能性があるからで
す。


2. 手の陰経の引き鍼(除刺除抜) †
 手の陰経の引き鍼(写真3)は、手のひらは刺鍼すると痛がられることが多いので、
画像の説明写真3
ふつうは前腕の手首ちかくの列缺、内関、陰げき(写真4)などを使います。
画像の説明写真4
見た目にヘコんでいて押して痛いところを選びます。脇の下のツボが太陰よりなら列缺、少陰よりなら陰げき
のことが多いですが、いつも一致するわけではありません。
 手足陰経側の刺鍼は、「徐刺徐抜」が原則です。ゆっくり刺鍼していき、腹の息が深くなったり、まばた
きがはじまったりしてもすぐに抜きはじめないで、同じ深さで旋撚・横ゆらしなどの手技をし、息が深さが
もとに戻りはじめたり、まばたきが減ったりなどの変化があったら、ゆっくりしずかに抜きます。

 こういう刺し方をするのは、陰経側のほうが陽経側にくらべて、邪気の動きが遅いためです。陽経の刺
鍼は「速刺徐抜」で、スッと刺していき、まばたきなどの変化があったらすぐに抜きはじめて横ゆらし・
弾鍼・旋撚などしながらユックリじっくり抜きあげるという方法だったことと比較して違いをよく理解して
ください。


3. 脇の下と陰経の動作鍼の基本的な方法 †
 さて、陰経の引き鍼のあとの陰経の動作鍼は、まず脇の下のツボに痛む直前の姿勢で刺鍼(写真5)し
ます。
画像の説明写真5
上向きなので弾入などがうまくできない場合には、患者さんに寝てもらってから刺鍼してもよいと思います。
その場合には、腕と胴体の角度が痛み出す直前と同じ角度になるように腕をおいてから刺鍼する(写真6)
ようにしてください。この部分も陰経ですから、徐刺除抜で刺鍼します。
画像の説明写真6

 脇の下の刺鍼が終わったら、いったん腕を戻して胴体に付けるようにしてから、ふたたび腕を痛くなる手
前まで上げると、さきほどよりすこし余分に上がるようになります。すると、今度は、脇の下のさきほど刺
鍼したところからヘコんで見える溝の上ですこし上腕よりによったところに圧痛のあるツボが見つかるので、
そこに除刺除抜で刺鍼します(写真7)。
画像の説明写真7
そのあと、いったん腕を下げてから上げてみると、また少し余分に上がるようになり、つぎのツボは溝中を
もうすこし脇の下から遠ざかるので、そこに刺鍼します(写真8)。
画像の説明写真8
このツボの遠ざかり方(写真9)は、症状の重さや発症してからの古さによって違います。
画像の説明写真9
重く古いものだと、2cmくらい先につぎのツボが出ることもあります。こういうときには、腕が水平以上
に上がるようになるには数多く刺鍼することになるので、じっくり取り組みましょう。

 また、重い方だと小指側、親指側と二つのラインにツボが出ていることがあります。そのときの動作で制
限になっている順番に刺鍼していきます。


4. 脇の下と背中や胸のあいだの筋肉の刺鍼 †
 脇の下から上腕陰経に出ているツボに刺鍼して腕が水平近くまで挙がるようになったけれど、それ以上挙
がりにくい場合に、脇の下と背中のあいだや脇の下と胸のあいだに張っている筋肉のなかにシコりがあって、
そこが縮んでいるために挙がりにくい場合があります。腕を痛くなる手前まで上げた状態で、それらの筋肉
を親指と4指ではさんでシコリを探します。

 こういうシコりを刺鍼するときは、普通に刺鍼しても途中でシコりが逃げてしまって刺鍼できなくなって
しまうことが多いので、確実にシコりを刺鍼するためには押し手を工夫する必要があります。押し手の反対
側に中指(と薬指)をまわし、押し手と中指(と薬指)でシコリをはさんで逃げないようにしてから、中指
(と薬指)に向かって刺鍼していくと、あいだにあるシコリを刺鍼できます(写真10、11)。
画像の説明写真10
画像の説明写真11

 2,3つシコリが見つかったら順に刺鍼します(写真12,13)。腕が上がるに連れて、シコリがだん
だん脇の下から遠ざかっていくことが多いです。
画像の説明写真12
画像の説明写真13

 胸側が制限になっている場合も基本的には同じです。

 シコリのある場所によっては、背中側や胸側からでなく、脇の下に続く裏側から刺鍼したほうが上手くい
く場合があります。そういう場合には、押し手を裏側に中指を背中または胸側において弾入刺鍼します。
ちょっと難しいですが、練習してできるようになってください。


5. 陽経側の動作鍼 †
 3.と4.を終えたら、だいぶ腕が挙がるようになるので、腕の陽経や胴体側の動作鍼をして、日常生活に不
便がなくなるまで改善します。そのあと後始末にはいります。陽経の動作鍼は前回を参照してください。


6. 後始末の頭の散鍼と手甲引き鍼 †
 後始末は、まず頭の散鍼をします。頭の散鍼は、片手で頭をなでて熱いところを探し(写真14)、もう
一方の手で熱いところを散鍼をします。
画像の説明写真14
鍼先から1cmほどが指先から出るように親指と人差し指で鍼体の部分をつまみ(写真15)、置くほうは
ユックリでもよいから、離すほうを速くするように散鍼します。
画像の説明写真15
小指側(小指球)で頭をはじくようにすると速く離せます。速く置いてユックリ離すと、痛いだけで冷め
ません。夏にクーラーをとめて、頭がボーっと熱くなった状態にしてから練習すると上達しやすいです。
まずは、夏に自分の頭でよく練習してみましょう。うまくいくとゾクッゾクッとした感覚を味わえます。

 頭の散鍼のあと手の甲に引き鍼して終わります。今まで書いてきたように指の反り具合や水掻きの厚さ痛
さ、指の開き具合、井穴を押したときの痛さなどを参考にして、ツボの出ている指間を決めて刺鍼します。
はじめと同じ指間になったら八邪を使います(写真16)。八邪の刺鍼も前回を参考にしてください。
画像の説明写真16
 この脇の下や陰経も使う動作鍼は、古くなって症状が重い五十肩に効果的な刺し方ですが、ほかに伝えて
らっしゃる先生がいないようなので、しっかり練習して身に付けるようにしてください。

>>>つぎへ>>>術伝流一本鍼no.9

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional