和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

術伝流一本鍼no.7

(1)動作鍼の基本(図1)
画像の説明図1
 動作鍼のおさらいです。動作鍼は、関節可動域制限に効果がある刺法で、基本刺
鍼や手足甲への引き鍼などで準備したあと行い、動作鍼をしたのちには手足の甲に
引き鍼して後始末します。

 動作鍼の手順は、まず制限のある動作を痛む手前までしてもらい、その動作でもっ
とも筋肉が伸びるラインと縮むライン(動作の軌跡がえがく面と皮膚表面とが交差
するライン)上に出ているツボを探します。比較すると、伸びる側のいちばんヘコ
むところに出ていることが多いです。そのツボに、その姿勢のまま刺鍼します。刺
鍼後いったん姿勢を戻してから、制限のあった動作を再度してもらうと、関節可動
域が少し広がるので、広がった姿勢から、また、先ほどのライン上で先ほどよりも
少し関節から遠ざかったところに出ているツボに刺鍼します。すると、また少し余
分に動くようになるので、再度ツボが出ていたら刺鍼して可動域を改善します。そ
ういう手順を日常生活に不便がない程度に動くようになるまで繰り返します。

(2)肩まわりの痛みの動作鍼 †
 肩まわりの可動域制限は、腕を上げる動作と腕を捻る動作の大きく二通りに分け
られます。実際には、それらを組み合わせた動きになりますが、まず、頭で理解し
やすいように、単純な動きで説明します。座位で、準備と後始末のあいだにします。

1. 手の甲への引き鍼 †
 準備として、動作制限がある側の手の甲や八邪などを調べ、手の甲でいちばん悪
そうなツボに引き鍼します(写真1)。
画像の説明写真1

 特定の動作制限だけある場合には、特定のところに出る傾向もあります。たとえ
ば、側方挙上制限では手少陽がいちばん縮むせいか、4~5間よりも3~4間にツボが
出ている可能性が高いです。しかし、多くの場合には、いろいろな動作制限が組み
合わさっていることが多いので、手の甲を調べて、出ている中でいちばん悪そうな
ツボに引き鍼すると良いと思います。


2. 挙上制限 †
 腕を上げる動作は、前方、側方、後方に分類できます。そして、動作をするともっ
とも縮むラインと伸びるラインを比較すると、伸びようとしているラインに多くツ
ボが出ます。

 また、少ししか上がらないうちは上腕から手首にかけての方向にツボが出ますが、
腕が床に平行に近づくころから反対方向の肩の胴体側、首、背中、胸にツボが出ま
す。これは、ある程度以上に腕をあげようとすると、腕の筋肉だけでなく、胴体側
の筋肉も使うためです。

 症状が出てから間もないうちは腕の陽経側だけで対処可能ですが、古くなると陰
経側にもツボが出て陰経側に刺鍼しないと効果が上がらないことが多いです。しか
し、陰経側の刺鍼は少し難しくなるので次回にまわし、今回は陽経側のみで対処す
る方法を解説します。


1)側方挙上制限 †
 腕の側方挙上制限では、もっとも縮むラインは少陽で、もっとも伸びるラインは
厥陰ですが、上に書いたように今回は陽経側のみで対処します。まず、痛む直前ま
で腕を横に上げてもらい(写真2)、
画像の説明写真2
その姿勢で肩峰(肩関節のいちばん尖ったところ)から手首にむかって、手の少陽
に沿ってツボを探します(写真3)。
画像の説明写真3
そのままの姿勢で見つけたツボに刺鍼します(写真4)。
画像の説明写真4
いちど腕を下げてから再度側方挙上してもらい(写真5)、
画像の説明写真5
少し手首のほうにずれたツボ(写真6)に刺鍼して、
画像の説明写真6
また少し上がり・・・というのを日常生活に不便がない程度まで、繰り返します。
床に平行に近く上がるようになると、ツボが肩峰から首に向かう少陽ラインに出ま
す。上がるにしたがって首に近いところにツボが出ます。


2)前方挙上制限 †
 前方挙上制限腕は、もっとも縮むラインは陽明で、もっとも伸びるラインは太陽
です。このとき手の甲のツボは4~5間と1~2間に出やすくなります。伸びるライン
のほうが制限になっている場合が多いので、まず、肩峰から手の太陽ラインの動作
鍼をします。

 腕があまり上がらないうちは、腕の肩の近いほうにツボが出ます(写真7)が、
画像の説明写真7
そこに刺鍼して(写真8)少し上がるようになると、
画像の説明写真8
肘に近いほうにツボが出ます(写真9)。
画像の説明写真9
そして、床に平行に上がったぐらいから肩峰から背中側の肩甲骨まわりに出ます
(写真10)。
画像の説明写真10
そこに刺鍼すると、また少し上がるようになります(写真11)。
画像の説明写真11
肩甲骨のまわりでそこが縮んでいるために腕が上がりにくいところを見つけ順番に
刺鍼していくと、一鍼するたびにだんだん腕が上がるようになっていきます
(写真12~16)。
画像の説明写真12
画像の説明写真13
画像の説明写真14
画像の説明写真15
画像の説明写真16
その結果、日常生活に支障がない程度になれば終わりますが、制限が残ったときに
は、手の陽明ラインの動作鍼をすると改善することが多いです。

3)後方挙上制限 †
 後方挙上制限は、もっとも縮むラインは太陽で、もっとも伸びるラインは陽明で
す。手順が陽明が先で太陽が後になることと、ある程度以上上がると胸側にツボが
出ること、その二つ以外は前方挙上制限と同じです。

 やはり、ラクに上げられるところまで上げてツボを探し(写真17)、
画像の説明写真17
その姿勢のまま刺鍼していくと(写真18)、
画像の説明写真18
一鍼するたびにだんだん上がるようになっていきます(写真19)。
画像の説明写真19

4)斜めの挙上制限
 前方や後方の挙上制限の方向が少し斜めだと、側方挙上制限が混じるため陰経側
にもツボが出ます。斜めの程度、つまり、制限された挙上角度によっては、厥陰経
だけでなく太陰経や少陰経にも出ます。陰経の動作鍼については、次回解説します。

3. 捻転制限
 つぎは、腕を捻る動作の制限への動作鍼です。まずは小指を手のひら側に捻る動
作制限です。この場合に伸びる側は、腕をたらした状態で肩峰から胸に向かって、
腕に直角なライン(写真20)です。
画像の説明写真20
縮む側は、肩峰から背中に向かって腕に直角なラインです。腕を捻るときには、腕
を少し上げている場合が多いので、腕に直角なラインは床に平行にはならないで、
肩峰から遠ざかるにつれて床に少し近づきます。腕が上がる角度が大きければ徐々
に床に垂直なラインに近づきます。捻転を痛む直前まですれば、ツボが出ているラ
インが溝状にヘコんで見えることが多く目安になります。

 伸びる側の肩峰から胸に向かうラインを肩峰に近い側から順番に動作鍼してい
きます。ラクに捻転できる範囲で限度まで捻転してもらい、ツボを探して(写真21)
画像の説明写真21
その姿勢のまま刺鍼します(写真22)。
画像の説明写真22
すこし余計に捻れるようになった姿勢で、またツボを探し(写真23)、
画像の説明写真23
その姿勢のまま刺鍼します(写真24)。
画像の説明写真24
そうすると、だんだん可動範囲が広くなっていきます(写真25)。
画像の説明写真25

 小指を手の甲側に捻る動作の制限の場合には、伸びる側と縮む側が逆になるだけ
です。つまり、伸びる側の肩峰から背中に向かうラインを肩峰に近い側から順番に
動作鍼していきます。

4. 組み合わせ
 挙上制限と捻転制限の組み合わせでは、その動作をしたときにもっとも伸びよう
とするラインと縮もうとするラインを予測して、よく見てみれば、ほとんどの場合
に溝状にヘコんでいるラインが目にはいります。そのラインを肩峰からたどって、
とくにヘコんでいるところを押してみればツボが出ています。そこにその姿勢で鍼
をし、いったん元の姿勢に戻してから再度調べてツボが出ていたら刺鍼を繰り返せ
ばよいだけです。捻転の場合や、腕が平行よりも高く上がった場合には、胴体側に
ヘコんだラインが出ます。

 こういうヘコんだラインというのは写真だとうまく写らないので理解していただ
くのが難しいですが、臨床の場では痛む直前の姿勢でそのとき筋肉がいちばん伸び
ようとしているあたりを見れば、皮膚がヘコんだ線が見つけられる場合が多く、探
すのが難しいということはあまりありません。よく探してみてください。

5. 後始末
 一通り動作鍼の刺鍼を終えたら、後始末として手の甲に引き鍼します。はじめと
同じ指間になった場合には、八邪を使います。

(3)終わりに
 この陽経の動作鍼に次回の陰経側を組み合わせれば、肩まわりのほとんどすべて
の動作制限に対処できます。よく練習してしっかり身に付けてくだい。

>>>つぎへ>>>術伝流一本鍼no.8

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional