和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

術伝流一本鍼no.6

(1)基本と手順 †
 応急処置の基本は「遠くに強く引く」でした。肩まわりの応急処置の「遠く」と
しては、手の甲がよく使われます。頭首胴の体幹部の「遠く」は手足甲、上半身の
「遠く」は手の甲というわけです。足の甲のほうが遠いのですが、上半身の邪気を
引きやすいのは手の甲なので。

 手順としては、まず症状を話してもらい、動作制限などがある場合には痛くない
範囲で動いてもらい動ける範囲を確かめておきます。つぎにラクな姿勢で座っても
らい、痛むところやそれに関係する陽経側の腕から手の甲にかけてよく調べ、出て
いるツボを探します(写真1,2)。
画像の説明写真1
画像の説明写真2

 刺鍼は、手の甲に強目に引くことから始めます。このときに患者さんが動けるよ
うなら運動鍼をしてもらいます(写真3,4)。
画像の説明写真3
画像の説明写真4
運動鍼については「術伝流 先急の一本鍼~急性の運動器疾患に効く救急の鍼~ 
No.3 手足の甲のツボで運動鍼」で解説しましたが、手の甲に刺鍼しているあい
だに、ラクに動かせる範囲でゆっくり首の左右捻転・前後屈を繰り返してもらい
ます。

 次は、患部の肩・首。このときに肩・首が熱ければかるく散鍼してから、肩まわ
り、首まわりの順でかるく刺鍼します。熱がある場合にいきなり深く刺すと、患部
の痛みが増すことがあるので、こういう手順を取ります。そのあと、その肩・首と
手足の甲とのあいだの陽経部分を、患部に近い側から手首・足首のほうへ順番に刺
鍼していきます。このとき末端に近づけば近づくほど強めに刺鍼することを心がけ
ます。

 動作制限のある場合には、最後の刺鍼をする前に動作鍼をして改善したあと、座位で手首から先に再度強く引いて終わります。肩関節は球関節でいろいろな動きが
できるので、動作鍼も人によりさまざまです。肩まわりの動作鍼については次回解
説します。


(2)より悪い側を治療する †
 左右両側が痛いこともありますが、比較してより痛い側を中心に治療します。軽
い側の痛みは悪い側をかばうために出てきていることが多く、悪い側を治療すると
自然に消えることも多いからです。悪かったほうを治療して良くなったついでにも
う片方も治療すると、はじめ悪かった側の痛みが復活することもあります。そのた
め、初心者のうちは悪い側だけ治療しておくほうが無難です。だんだん上手になっ
て、治療に差が付けられるようになったら両側同時に治療してもかまいませんが、
両側を治療するときには刺鍼の深さや強さなどに差を付けてより悪かった側を軽く
して終わるのが原則です。これは、日常生活の中で負担のかかりやすい側が悪くな
るので、そういうふうにしておくと、負担がかかって両側が同じぐらい悪くなるま
でのあいだの分だけ治療効果が長持ちするからです。同じように治療すると、その
ときには大丈夫でも、はじめ悪かった側の痛みが、差を付けたときよりも早く復活
することが多いです。


(3)肩まわりの応急処置の基本のツボ †
 肩まわりは、人により、また、同じ人でも場合によってさまざまなツボの出方を
しますが、ここでは、一般的にいちばん多く見られるツボの取り方と刺し方を練習
します。さまざまなツボの出方と刺し方の解説・練習は「病証編・太陽経の病」で
します。

 はじめに強く引く手の甲のツボは、4~5間に出ることが多いですが、このごろ、
3~4間に出る方もいます。4~5間では中渚とその先の八邪に出ます。3~4間に出る場合
もそれらに相当する場所に出ます。八邪をつまんだり、手の甲の指間を押したりし
て痛い側を選びます(写真5)。
画像の説明写真5

 肩まわりでは、首の付け根から肩井にかけてのラインと、肩甲骨の上縁から内側
縁にかけてのラインに出ます。始めのほうは、首の付け根の少し上から肩峰にかけ
て、座位で一番高くなるラインに指を滑らせて探します(写真6)。
画像の説明写真6
首の付け根と肩井に出ていることが多く、圧痛の強いほうを選びます(写真7)。
画像の説明写真7
女性では、肩井よりも首の付け根のほうを痛がる方が多いです。肩甲骨まわりは、
肩甲骨上縁の肩寄りから肩甲間部のほうへ上縁に指を滑らせたあと、そのまま、肩
甲骨内縁を上から下に指を滑らせて、ツボ探しをします(写真8)。
画像の説明写真8
上縁から内縁へ移るあたり(肩外愈)とそこから指3本分くらい下(膏肓)にツボ
が出ていることが多く(写真9)、圧痛の強いほうを選びます。
画像の説明写真9

 大椎がぽっこり出っ張って見える(写真10)人は大椎まわりにツボが出ていま
す。利き手側に多いです。昔は「社長首」と言われたという話も耳にしたことがあ
ります。精神的に無理を重ねている方が、この辺りがコりやすいということなのか
なと思います。
画像の説明写真10

 首では、後頭骨下縁(写真11)と、頚椎外側の華陀経、1,2行線を探しま
す。後頭骨下縁は、中心から耳のほうへ後頭骨に押しつけるように探していき、
圧痛の強いところを選びます。
画像の説明写真11
頚椎の外側は、まず、中心線に指を滑らせて凹んだりベタベタと抵抗感のあるとこ
ろを探し、そこから、すぐ脇の凹みの華陀経、筋肉の太いあたりの1行線、太い筋
肉の終わるあたりの2行線の順で探します。現在では、この頚椎外側でいちばん多
いのが横頚部中央(写真12)ですので、耳の後ろの完骨下端から指を滑らせて真
ん中あたりの窪みを押したほうが、はやく探せます。
画像の説明写真12

 あと、上腕太陽経の肘寄り(上小海)にもツボが出ていることが多いです。


(4)手順 †
 手の甲に引き鍼したあと、首の付け根から肩井のライン、大椎まわり、肩甲骨ま
わり、天柱風池のライン、横頚部の順で刺鍼したあと、上小海に刺鍼し、もう一度
手の甲に刺鍼します。手の甲が最初の引き鍼と同じ指間だったら、八邪に引き鍼し
ます(写真13)。
画像の説明写真13

(5)肋骨より下には刺鍼しない †
 肩まわりの肋骨の下は胸空ですから、気胸をさけるため、肋骨より下は絶対刺さ
ないようにします。

 首の付け根は、床に対して20度より角度をつけないように注意して、首の中心
に向かって刺します(写真14)。
画像の説明写真14

 肩井は、前から床に対して水平に刺します(写真15、16)。
画像の説明写真15
画像の説明写真16
ツボを取ったら、押し手にする親指と人差し指を1回ずつ前に進ませ、前(鎖骨の
上方)側から押し手を後ろ側の肩の筋肉に押しつけるように作ると、鍼を床に平行
に置けます。弾入後そのまま刺していくと、上から抑えた肩井のツボのしこりを横
から貫けます。この刺し方なら、寸3全部入れても胸空には届かないので安全です
し、肩井のこりをゆるめる効果も高くなります。

 肩甲骨まわりは、肩甲骨と肋骨のあいだの筋肉をねらいます。しこりの中心もそ
こにあります。皮膚に対しては20度から30度くらいの斜刺で、鍼の向きは肩甲
骨中央の天宗穴付近に向けます(写真17)。
画像の説明写真17

 肩井と肩甲骨まわりの刺し方については、図1も参考にしてください。
画像の説明

 肋骨のあるところでも、背骨のすぐ脇の華陀経などは、体の中心に向けて刺せば、
かなり深く刺鍼できますが、肋骨のあるところは肋骨を刺すまえにさわって確認す
るクセをつけ、それより深く刺さないようにしましょう。ツボは基本的に筋肉に中
にあるので、肋骨より下にツボは出ません。肋骨のあいだの肋間筋は小さな筋肉な
ので、ツボは出ません。肋骨の上にある大きな筋肉にツボは出ます。

>>>つぎへ>>>術伝流一本鍼no.7

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional