和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

術伝流一本鍼no.5

術伝流操体no.5  五十肩の可動域制限を軽くする動きの操体

はじめに

  • 先回解説した「腰痛の基本刺鍼」をしたあとに立ち上がってもらい腰の動作を確認したときに動作制限が残っていた場合には、今回解説する動作鍼をして関節可動域を改善します。
    動作鍼は、一鍼するたびに関節可動域を確実に改善できる技法なので、臨床でよく使います。
    また、基本的にどの関節でも同じなので、身に付ければ初めて臨床の場で出合う動作制限にも対処可能です。繰り返し練習し、しっかり身に付けてください。

1.動作鍼の基本(図1) †

画像の説明

  • 動作鍼は、1回の治療全体のなかでは、基本的な刺鍼が終わってから、仕上げの末端への引き鍼とのあいだにすることが多いです。
    手足の甲への引き鍼のあとすぐに動作鍼をするときには、後始末として動作鍼終了後にもう一度手足の甲に引き鍼して仕上げます。
    引き鍼や基本刺鍼については、いままでのno.2~no.4を見直してく
    ださい。
  • 動作鍼そのものの手順は、まず、やりにくい動作を痛む手前まで、つまり、可動域制限のある動作を痛まない範囲でできるだけ大きく動作してもらいます。
    その姿勢で動作の軌跡が描く面と皮膚表面とが交差するライン上にツボが出ます。
    このラインは、その動作をするときにもっとも伸びるラインと縮むライン、つまり、もっとも伸びようとする筋肉ともっとも縮もうとする筋肉のラインです。
    そのライン上でいちばんヘコんだところにツボが出ています。
    多くの場合には、その動作でもっとも伸ばそうとしている筋肉のもっとも伸ばそうとしている部分にツボが出ます。
    ツボの奥は硬く過緊張の状態になっているので、伸ばそうとしても伸びないので、その表面の皮膚が奥に引っ張られて皮膚表面がヘコんでしまうようです。
    伸びようとしている側よりも頻度は少ないですが、縮もうとしている側のもっとも縮もうとしているところにもツボが出ることがあります。
  • そのツボに、その姿勢のままで鍼をします。
    刺鍼したあと、いったん姿勢をもとに戻して、できれば逆向きのやりやすい動作をすこししてから、やりにくかった動作をもう一度してもらいます。
    すると、前よりすこし余分に動けます。
    つまり、関節可動域がすこし広がります。
    しかし多くの場合、まだ動作制限が残っています。
    新しく痛まない範囲でラクに動けるようになった限界の姿勢、つまり、新しい痛む手前の姿勢から、また、先ほどのもっとも伸びようとしているライン上でいちばんヘコんだところを探すとツボが出ています。動かしている関節を基準にすると、新しいツボは前のツボよりも遠くに出ます。そのツボにその姿勢でまた刺鍼します。
    そして、また、いったん姿勢をもとに戻してから、同じ動作をしてもらうと、また少し余分に動くようになります。新しく余分に動いた姿勢、新しいラクに動ける限界の姿勢で、もっとも伸びようとしているライン上にツボを探してまた刺鍼してということを、日常生活に不便がない程度に動けるようになるまで繰り返します。
  • 動作鍼をすると、一鍼するごとに関節可動域がすこしずつ広がっていきますし、患者さんにもそのことを実感してもらえます。この動作鍼は、操体の動診を応用したもので、ほかになさっている方もいるかもしれませんが、少なくとも文献などでは見たことがありません。
    関節可動域制限に対して確実に効果があげられる刺法ですので、この機会に身に付けてください。

2.腰痛の動作鍼

  • 腰痛の場合の可動域制限は、おもに二通り、体を捻る左右捻転と前に曲げる前屈の制限が多いです。基本的な刺鍼を終えたあとに動作鍼をして、そのあと外踝(そとくるぶし)あたりのツボへ引き鍼して後始末します。
    腰痛の動作鍼は、基本的に立ち姿勢でします。
    • 立つのがおぼつかないようなら、ラクな寝方で横になってもらい、基本刺鍼などして改善し、立てるようになってから動作鍼に移るのが基本です。

1.腰の左右捻転の動作鍼 †

  • 体を左右に捻る動作が制限されると、左右どちらかに振り向きにくくなります。
    「こっちはいいんだけど、こっちに向けないんです。」という表現をされる方が多いです。
    体を左右に捻る動作の場合には、腰椎3番付近がいちばん動くようです。
    そのため、動作の軌跡と皮膚表面との交差するラインは、立ち姿勢では、腰椎3番の高さで床と平行な線になります。
    はじめに左右にラクに捻れる範囲でねじってもらい左右差を確認しておきます(写真1、2)。

画像の説明写真1
画像の説明写真2

  • ラクに捻れる範囲で捻ってもらうと、そのライン上でヘコんだところが見えます(写真3)。
    捻ろうとしているほうと反対側、つまり、伸びようとしている側に出ることが多いです。

画像の説明写真3
•ラクに捻れる範囲で捻った状態の姿勢でそのツボに刺鍼します(写真4)。
このときほかの人にその状態を維持するように支えてもらったり、患者さんに柱などにつかまってもらうと、患者さんも鍼師もラクです。

画像の説明写真4

  • それから、いったんゆっくりとやりやすかった反対側を向いてもらってから、もう一度やりにくかった方向に捻っていきます。
    さきほどよりもすこし余分に捻れるようになります。
    まだ制限があったら、またツボを探し、動作鍼を繰り返します(写真5)。

画像の説明写真5

  • 捻る動作の場合には2回ほど繰り返せば、日常生活に不便のない程度になること
    が多いです(写真6)。

画像の説明写真6

  • 腰椎3番の高さで脊柱起立筋のいちばん外側に最後のツボが出ることが多いです(写真7)。

画像の説明

  • やりやすかったほうよりもよく捻れるようになってしまうことも多いです。
    この場合に、また反対側をよりよくしようとするとやりにくさが復活するので、しないほうが無難です。
    ふだんの生活で負担がかかる側がやりにくくなるので、やりにくかったほうがよくなっているくらいのほうが効果が長持ちすることが多いです。
    患者さんにも説明して了解してもらいましょう。

2.腰の前屈の動作鍼 †

  • 前に曲げる動作ができない方は、「顔が洗えない」という表現をされる方が多いです。
    この前曲げの動作の場合には、動作の基準は腰椎5番付近になるようです。
    そのため、動作の軌跡と皮膚表面との交差するライン、つまり、前屈の姿勢でもっとも伸びようとしているラインは、腰の痛む側で、背中側では脊柱起立筋のいちばん高いところ、つまり、足の太陽の1行線あたりになります。
    尻や足裏のほうでも基本的に、腰の痛む側の足の太陽のライン、つまり足裏では中央のライン上になります。
    また、前曲げの動作制限の場合には、ツボは上下両方向、つまり、背中側と尻・足裏側の両方に出ます。
    どちらも伸びないと前屈できないからです。
  • それで、少ししか前曲げができないときには、痛む側の背中の肋骨の下側あたりと尻中央あたりにポイントとなるツボが出ます(写真8)。

画像の説明写真8
その2か所をその姿勢で刺鍼してゆるめます(写真9)。
画像の説明写真9

  • このときテーブルなどに手をついてもらい安定させた状態で刺鍼したほうが患者さんも鍼師もラクです。
  • いったん腰をかるく反らせてから、ゆっくり前に曲げていくと前より少し余分に曲がるようになります。
    そして、ポイントとなるツボは、足の付け根から大腿裏にかけてと、肩甲骨の下端と肋骨下端のあいだに移動します(写真10)。
    画像の説明写真10
  • また、そこをゆるめると、もう少し前に曲がるようになり、ポイントは大腿の中央あたりに移ります(写真11)。

画像の説明写真11

  • この場合には、背中側にはツボは出ないことが多いです(ここまで前屈すると、背中はそれ以上曲がらないことが多いので)。
  • また、そこをゆるめる(写真12)と、もう少し前に曲がるようになり、ポイントは膝裏あたりに移ります。

画像の説明写真12

  • 膝裏のツボをゆるめ(写真13)、

画像の説明写真13
いったん反ってから(写真14)前屈すると、指先が足首近くまで届くくらいはラクに前屈できるようになります。

画像の説明写真14

  • 前屈してどこまで曲がるかと、足裏のツボが出る位置の関係は、人によって少しずつ違ってきますが、たくさん前屈できるようになればなるほどだんだん足首のほうに近づいていくという点は共通ですので、腰椎5番に近いほうから足首に向かって足裏中央のラインを探し、ヘコんだところを見つけるようにしてください。
  • 手首が膝下までラクに届けば普通の日常動作に制限はなくなるので、多くの場合はその時点で終えて仕上げに移ることが多いですが、患者さんの仕事などによってはさらなる改善が必要な場合もあります。
  • 仕上げは、座位で患側の外踝の近く丘墟などに引き鍼をします。

3.腰のそのほかの動作鍼

  • 頻度は少ないですが、横向きの側屈がしにくい患者さんもいます。
    この場合には、伸びる側の体の側面、つまり、足少陽ラインにツボが並びます。
    この場合の起点は腰椎2番付近のようで、前屈と同じように上下両側にツボが出ることが多いです。
    やはり、曲げられるようになるほど、ツボが起点から遠ざかります。
  • また、捻り、前屈、横曲げが組合わさった動作ができない人もいます。
    上下の動きが加わることもあります。
    その場合は少し複雑になりますが、やはり、その動きでいちばん伸びようとしているラインを見つけ、腰に近いほうからたどっていくと、ヘコんでいて、押すと痛いところが見つかります。
    その姿勢でそこのツボに刺鍼すると、可動域が広がります。
    いったん姿勢を戻してからチェックし、まだ日常生活に不便な程度の動作制限が残っていたら、また動作鍼を繰り返して改善していきます。

4.歩ける程度の動作制限は引き鍼と動作鍼だけでも改善可能

  • 初めから立って動ける程度の腰痛で、できない動作が一つだけなら、足の甲への引き鍼と動作鍼だけで改善することも可能です。
    座位で足の甲4~5間に引き鍼したあと立位でできない動作をラクにできる範囲で動いてもらい、痛くなる手前の姿勢、ラクに動けるギリギリの姿勢で動作鍼をします。
    一度で駄目なら2,3回繰り返します。
    可動域制限がなくなったら、座位になっていただき、丘墟あたりにツボを探し引き鍼して仕上げます。
    丘墟あたりにツボが出ていない場合やていねいに刺鍼したいときには、飛揚・外丘付近に刺鍼したあと陽大鐘に引き鍼して終えます。
    このあたりについては前回を見直して理解するようにしてください。

おわりに

  • 簡単ですが、これで腰痛の応急処置を終え、次回からは、肩まわりの辛さの応急処
    置に移ります。

>>>つぎへ>>>術伝流一本鍼no.6

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional