和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

術伝流一本鍼no.4

術伝流操体no.4  肩や首の辛さを軽くする動きの操体

1. 応急処置の基本

  • 先回も説明したように、応急処置の基本は「遠くに強く引く」ことです。
    まず遠くに強く引き、それから患部やそのまわりに軽く刺し、もう一度遠くに強く引いて終えるのが基本手順です。
    患部付近は散鍼くらいにしたり、刺さないこともあります。
  • 「遠く」とは、患部から遠いところで、頭や胴体が患部のときには、手首足首から先をよく使います。
    肘膝から先、とくに、手首・足首のように、手首・足首から先では遠くとは言えないときなどには、前後・上下・左右や、それらを組み合わせた対角の反対側を使うこともありますが、今回のテーマの腰痛は胴体部にあるので、「遠く」は「足首から先」を使います。

2.運動器系の陽位の痛みの応急処置の概略

  • 運動器系の陽位の痛みの応急処置の概略は、図1のとおりです。

画像の説明

まず陽経陽位で対処してみる †

  • 腰痛など運動器系の痛みでも、腹など体の中で陰に分類される部分が原因しているものもありますが、患者さんが腰など体の陽に分類される部分の痛みとして認識している場合には、初めて応急処置をするときは腰と足の陽経側だけを使って対処します。
    • 理由は二つあります。
      一つは、患者さんの状態や体のクセがよくつかめないうちに、応急処置として陰経や陰に分類される腹などに刺鍼すると、かえって痛みが増すこともあるからです。
      もちろん、腕が上達すれば、初めての患者さんの腹側が原
      因の腰痛もきちんと治療できるようになりますし、なるように練習していきますが、初心者のうちは、陽経・陽位だけで治療したほうが無難ですし、その治療だけ続けていても陰経側や腹側なども良くなることも多いです。
    • もう一つの理由は、自分が訴えていない部分を刺鍼されることをイヤがる患者さんもいらっしゃるからです。
      少しずつコミュニケーションを取りながら、体全体を刺させてもらえるようにしていきましょう。
      初めは、患部以外は足の陽経を刺させてもらえるよう説得しましょう。
      初めにその人の腰痛に関係する足の甲のツボを取り、そこを強めに押して痛みを感じてもらいながら、「そういう腰痛なら、ここも
      痛いでしょう。
      ここに初めに鍼すると腰の痛みが軽くなるので、ここにも鍼させて
      ください」というような感じで説明すると、患部以外の刺鍼も受け入れてもらえる可能性が高くなります。

手順

  • 診察
1.手順としては、まず症状を話してもらい、動作制限などがある場合には痛くない範囲で動いてもらい、動ける範囲を確かめておきます。
終わったあとで改善した感じを患者さんに自分で感じてもらうためにも、治療前の可動範囲を患者さんにもしっかり確認してもらいましょう。
2.次にラクな姿勢になってもらい、その姿勢で、痛むところやそれに関係する陽経の走る手足や、その先の手首・足首をよく調べ、出ているツボを探します。
  • 刺鍼
1.刺鍼は、手足の甲に強く引くことから始めます。このときに患者さんが動けるようなら運動鍼をしてもよいでしょう。
2.次に患部ちかくのツボに軽く刺します。
3.そのあと、その患部と手足の甲とのあいだの陽経部分を、患部に近い側から手首・足首のほうへ順番に刺していきます。 
 ◦このとき末端に近づけば近づくほど強めに刺鍼します。
4.動作制限のある場合には、最後の刺鍼をする前に、動ける姿勢になってもらい、動作鍼(次回説明)や手甲のツボを使った運動鍼をして改善します。
5.おわりに、座位などで手首・足首から先に再度強く引いて終わります。

3.腰痛の応急処置の基本のツボ

  • 腰痛の場合には、症状を確かめたあとラクな姿勢になってもらうと、痛む側を上にした横向き寝の姿勢になることが多いです。そのため、ラクな姿勢が分からない場合には、比較的痛みが強いほうを上にした横向き寝になってもらいます(写真1)。

画像の説明写真1

  • 腰痛の応急処置の基本のツボは、この姿勢で上になるラインに並びます。
    上になるところは重力負荷を受けないため比較的痛みにくいので、そういう姿勢で寝るのがラクなのかなと思います。刺す順番に説明します。
1.初めに強く引く足首から先のツボは、足の甲の4~5間、地五会~臨泣あたり(写真2)に出ます。

画像の説明写真2
   

2.次は患部の腰回りで、三つ出ます。 
i.一つ目は、骨盤と腰椎4~5番の間でいちばんヘコんで痛い、大腸愈あたり(写真3)。骨盤がこのあたりでお尻のほうに曲がり、腰椎との間は三角形の形になっているので、その真ん中を調べると見つけやすいです。

画像の説明写真3
   

ii.二つ目は、大転子と腰骨の上部外端を結ぶ線の後ろ側で押すといちばん凹む、環跳(写真4)で、大転子と骨盤上部外端を結ぶ線を底辺とする正三角形の頂点あたりを探します。

画像の説明写真4
   

iii.三つ目は、殿部中央の見た目には出っ張っていて、押すと凹むあたり(写真5)

で、解剖学的には、奥に大座骨孔のあるところです。「臀央」と仮称しています。

画像の説明写真5
   

3.その次は、大腿から下腿にかけてですが、腰痛のときによくツボが出るところは四つあります。 

 

i.一つ目は、大腿横側の中央の風市(写真6)。

画像の説明写真6
   

ii.二つ目は、膝裏のシワの小指側のはじ(委陽)の2,3cm下方(写真7)で、ここには正穴(名前がついた正式のツボ)は無いので「下委陽」と仮称しています。 
  • 膝裏のシワの両端には、縦に溝が走っていることが多く、その溝に沿って指を滑らすと見つけやすいです。

画像の説明写真7
   

iii.三つ目は、その溝をそのまま、脹ら脛の終わる付近まで指を滑らせて押すとヘコむところで、外丘~飛揚のあたり(写真7)。 
  • ここは押すととても痛いので、押す力を加減しましょう。
       
    iv.四つ目は外踝(くるぶし)の後ろ側の窪み(昆侖)の踵(かかと)寄り(写真8)。

画像の説明写真8

  • 踵(かかと)に押しつけるように押すと痛いです。大鐘の陽経側です。ここも正穴はないので「陽大鐘」と仮称しています。
       
    4.そして、足首の前側になりますが、外踝前下方の窪みで押して痛いところ(写真9)、丘墟です。

画像の説明写真9
   

  • 以上のツボは、腰痛の人の8割ぐらいには出ます(図2)。  

画像の説明図2

  • まず、このツボの取り方を覚え、確実に取れるようにしてください。
    ほかにツボが出ている場合でも、これらのツボの刺鍼だけで大きく改善させることもできます。

4. 手順と刺鍼法

  • まずは、足の甲の地五会~臨泣に引き鍼をします(写真10)。

画像の説明写真10

  • そして、刺鍼したまま運動鍼をします。先回も説明したように、腰は動かしにくいので、代わりに首や手首を動かしてもらうとよいです。
    • 左右捻転制限がある場合には、首や手首を左右にラクにできる範囲でゆっくり捻転してもらいます(写真11)。

画像の説明

  • 前屈制限のあるときには、ラクにできる範囲で、首をアゴに近づけたり離したりしてもらいます(写真12)。

画像の説明写真12

  • 患部に近い、大腸愈、環跳、臀央の三つは軽めに刺します(写真13)。

画像の説明写真13

  • ツボが深くて鍼先がツボの底に届かなかったときには、回旋術を軽く1回しておきます。
    左右どちらか捻りやすいほうに軽く捻ってからパッと離します。
    • 大腿から下腿の、風市、下委陽、飛揚~外丘、陽大鐘の4つは、足先に近づくほど強めになるように刺鍼します(写真14)。

画像の説明写真14

  • といっても加減が難しいので、心がける程度で充分です。
  • 陽大鐘は、押して痛かった方向、踵の骨の上側に向かって刺鍼します(写真15)。

画像の説明写真15

  • 次に、動作制限があった場合には、立ち上がってもらい、先回説明した、手の甲4~5間に刺鍼しながらの運動鍼をしたり(写真16)、動作鍼をしたりして改善します。
    動作鍼は次回説明します。

画像の説明写真16

  • そのあと座ってもらい、仕上げの引き鍼として、丘墟に強めに引いて終わります(写真17)。

画像の説明写真17

おわりに

  • 繰り返しになりますが、今回練習する腰痛の基本刺鍼は、多くの人にとって開業してからもっとも使う刺法なので、繰り返し練習して、ぜひ身に付けてください。

>>>つぎへ>>>術伝流一本鍼no.5

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional