和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

術伝流一本鍼no.3

1.手足の甲のツボで運動鍼

 鍼による応急処置の基本原則は「遠くに強く引く」ことです(図1)。
画像の説明図1

痛みが強ければ強いほど遠くに強く引き、患部近くには軽く浅く刺す

のが基本です。
これは先回も説明したように、

症状が出ているところで蠢(うごめ)いている邪気を、手足の陽経の末端近くに鍼することで刺鍼したほうに誘導し、手足の末端から体の外に引き出すためです。

患部近くは散鍼ていどに留めることもあります。
痛みが強いときに、遠くに強く引かずに局所に強く深刺しをすると症状を悪化させてしまうこともあるので、注意してください。邪気は刺鍼したほうに動く性質があり、患部近くに強く刺すと、患部近くに邪気が集まってしまうからとされています。

 症状が頭や胴の場合には、

手足の甲の陽経側に引くのが基本です。

鍼が刺しやすくて末端に近いのが手足の甲だからです。
この刺鍼は、応急処置をするときに準備・後始末として最初と最後に必ずするようにしています。

 今回は、この刺鍼をしながら患者さんに動いてもらう、いわゆる運動鍼を練習します。
[check]運動鍼は、肩首の症状にとくに有効です。
手の甲に刺鍼しても動きやすいからです。
腰の場合には、動かしづらいときもありますから、そういうときには無理をせずに、ラクな寝方で足の甲に刺鍼したあと、立ち上がれるようなら立ち上がってもらい、手の甲に刺鍼しながら腰を動かしてもらってもよいです。

(1) 手の甲のツボで運動鍼

肩胛骨、鎖骨から上の肩・首、顔、頭などの症状は、手の甲のツボに刺鍼して動いてもらいます。

まず、患者さん役の人に症状をよく話してもらい、目で見たり手
で患部をさわったりして、先回もしたように患部の場所が左右×前横後ろの六つの中からどこに分類できるか決めます(写真1)。
画像の説明写真1
患部の左右で手の左右を選び、患部が前寄りなら手の甲の親指側、後ろ寄りなら手の甲の小指側を探すのが基本です。
位置関係は、だいたい、

鼻・目頭・前歯なら1~2間、
瞳~目尻・奥歯なら2~3間、
目尻~耳なら3~4間、
後頭部・後頚部なら4~5間です。

しかし、隣りに出ることもあるので、井穴(写真2)や水かき(写真3)をつまんだ
り、甲の骨間や指関節の手のひら側の横紋の端(写真4)を押したりして確認します。
画像の説明写真2
画像の説明写真3
画像の説明写真4
水かきというのは、指の付け根と指の付け根とのあいだの部分です。
甲の骨間の狭いところや、つまんだり押したりして痛いところがねらい目です。
また、手を軽く開いてみて見た目に指と指のあいだが狭い部分(写真5)があったり、あるいは、指を反らせる(写真6)とピリピリビリビリする感じが強いところなどもねらい目です。
画像の説明写真5
画像の説明写真6
だいたい見当がついたら、指を横にして水かきから手首に向けて動かしてヘコんだところを押してみます(写真7)。
痛かったら、そこがツボです。
画像の説明写真7

 手の甲の骨間は狭いので、指先を縦に動かしたら骨間に入らないのでツボを探せません。
ここでいう「横」とは爪の表面に平行な方向で、「縦」というのは指を折り曲げる方向です。
深谷伊三郎先生が「指を細く使う」のがツボ探しのコツと書かれています。
横に動かすほうが指を細く使えることがわかるでしょう。

 二つあったら、イヤな感じや痛みの強いほうを選びます。
 そのツボに痛がられないように刺鍼していきます(写真8)。
画像の説明写真8
瞬(まばた)きが出てきたり、お腹の息が深くなるなどしたり、患者さん役が何か感じたりしたら、その深さで鍼を旋撚したり横ゆらししたりしながら、患者さん役に、辛くないラクな範囲で肩、首、頭を動かしてもらいます(写真9)。
画像の説明写真9
動作制限があったら、その動作をラクにできる範囲で繰り返してもらいます。
気持ちよい動きを探す感じで動いてもらうとうまくいきやすいです。
だんだんラクに動かせる範囲が大きくなったら、改善している証拠です。

 腕を上げたり回したりがしにくいという動作制限の場合には、刺鍼したところが痛まないように無理のない範囲でゆっくり静かに動かしたり戻したりする必要があります。
場合によっては、術者の押し手や刺し手を離した方がいいこともあります。
抜鍼するときには、また、押し手をつくり除抜しますが。

 刺し終わったら、まず、刺鍼したところのヘコみ、ベタベタ、色、痛さ、奥の堅さなどが変化しているか確かめます。次に、患部の痛みや動作制限などの変化を確認します。

(2) 足の甲のツボで運動鍼

 腰など下半身の症状は、足の甲のツボで応急処置をします。
まず、患者さん役の方に症状をよく話してもらい、動作制限のある動作をラクにできる範囲でしてもらったり(写真10)、目で見たり手で患部をさわったりして、患部の場所が左右×前横後ろの六つのうちのどこに分類できるか決めます。
画像の説明写真10

 その患部が上になるように寝てもらう(写真11)と、患者さんも寝ているのがラクだし、ツボ探しや刺鍼もラクにできることが多いです。
画像の説明写真11
患部を上にする寝方と患者さんがラクに感じる寝方が違う場合には、ラクな寝方のほうを優先します。その姿勢で足の甲のツボを探していきます。
うつ伏せの場合には膝を曲げてもらうと探しやすいです。

 お腹など前なら2~3間、横(冷えも)なら3~4間、腰など後ろなら4~5間が原則ですが、隣に出ることもあるので、手の場合と同じように、甲や指まわりを目で見て手でさわって調べます。
足の場合には、指の足裏側の関節部のシワ(横紋)の端(写真12)がツボ探しのねらい目です。
画像の説明写真12
そこに小さいけれど押すとたいへん痛いシコリができていたら、その延長線上の甲にツボが出ていることが多いです(写真13)。
画像の説明写真13
2、3カ所あったら、いちばん違和感の強いところ、痛いところを選びます。

 そのツボに刺鍼していき、反応があったら、患者さんに腰を動かしてもらうのですが、肩首と違って動かしづらそうだったら、無理せずに術者が刺し手を離して動かしてもよいし、動かすのを止めてもよいです。
また、アゴを胸に近づけたり逆に首を反らしたりをゆっくり繰り返してもらったり、首や手首を左右に捻転したり戻したりをゆっくり繰り返してもらうのもよいです。
前屈後屈の制限があったときにはアゴを胸に近づけたり首を反らせたりを繰り返すと効果が出やすいですし、腰の左右捻転制限があったときには首や手首の左右捻転を繰り返す(写真14)と効果が出やすいです。
画像の説明写真14
そういう動きが腰の動きにつながっているからです。

 刺鍼したあと、刺したところと患部の確認をし、そのあと動作制限の改善具合を確かめます(写真15)。
画像の説明写真15

(3) 手の甲のツボで腰の運動鍼 †

 腰などの動作制限でも、立って動ける程度のものなら、立ち姿勢で手の甲の4~5間に刺鍼しながら動いてもらう運動鍼や、後谿に浅刺しての運動鍼もできます。

 まず、動作制限のある動作を無理のない範囲で確かめてもらいます(写真16)。
画像の説明写真16
左右どちら側が制限になっているかで、左右どちらの手に刺鍼するか選びます。
手の甲4~5間に刺鍼し、反応があったら、動作制限のある動作をゆっくり無理のない範囲で繰り返してもらいます。
左右捻転制限なら、ゆっくり無理のない範囲で、腰を捻ったり戻したりします。
前屈制限なら、ゆっくり無理のない範囲で前屈したり戻したり(余裕があれば天井を見たり)を繰り返します(写真17、写真18)。
画像の説明写真17
画像の説明写真18

 (2)で運動鍼ができなかった場合で立ち上がって調べたら動作制限が残っていたときなどに試みてみるとよいと思います。
制限のある動作を辛くないラクな範囲で気持ちよさを探しながら繰り返してもらうのがコツです。このときに足の甲4~5間を使わないのは、立位では足の甲は緊張しているので緩みにくく、響きが腰に伝わりにくいからです。

>>>つぎへ>>>術伝流一本鍼no.4

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional