和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

術伝流一本鍼no.2

術伝流一本鍼no.2  手足の陽経に痛くなく

はじめに

今回から実技に入ります。まずは基本の基本からです。
できるだけ読めば分かって二人いれば練習できるように書いていくつもりですので、読むだけでなく実際に試してみてください。

1.手足の陽経に引く

鍼術のもっとも基本になるのは「手足陽経への引き鍼」です。

これを身に付けることから、腕を磨き術を養うことは始まります。繰り返し練習してしっかり身に付けましょう。

「手足陽経に引く」というのは、体の体幹部、つまり、頭、首、胴の症状、とくに体の表面に近い部分の症状を手足の陽経に鍼して軽くするということです。

昔から症状が出ているところには邪気が蠢(うごめ)いていて、その邪気を手足の陽経に鍼することで、刺鍼したほうに邪気を誘導し、手足の末端から体の外に引き出すというイメージで伝えられてきました。
邪気が初めから感じられる方は少ないので、初めのうちはあまり考えなくても良いでしょう。
手足の陽経に鍼をすると体幹部の症状、とくに体の表面に近い部分の症状を軽くできると考えておいてください。

(1) 前腕の陽経側に引く

体幹部の中でも、肩甲骨・鎖骨から上の症状は、手の陽経に引きます。

この部位は、漢方の世界で「表位」と呼ばれるところで、手の陽経と関連が深く、病の初期症状が現れやすいところとされています。とくに風邪などのときに初めに症状が現れるところと言われています。

 まず、患者さん役の人に症状を話してもらいます。
今回の練習では、患者さん役は座位が基本です。
練習相手がいないときには、自分の肩甲骨・鎖骨から上の状態を観察してみましょう。
首の動作制限などが施術前後の変化がわかりやすいので、モデルとしては向いています。
とくに首の捻転の左右差(写真1)などが治療後の変化がわかりやすいです。
画像の説明写真1

 実際に症状の出ている部分をさわったり押したりして確かめてから、症状の出ている場所が左右どちらか確かめたあと、左右のなかで前・横・後ろのどこになるか3分類します。
これが、どの経絡を使うか決めるときの基本になります。

 首の動作制限などの場合には、その動作で伸びにくい部分にシコリが出ていることが多いです。
首を右に向けにくいときには、左側横頚部がシコっていて、そこが
伸びにくいために右に向きにくくなっていることが多くなります(写真2)。
画像の説明写真2

 さて、首のシコリが見つかったら、それと関連する手の陽経のツボを探すのですが、それにはコツがあります。
経絡というのは、前・横・後ろが基本です。
前・横・後ろというのは、立ち姿勢で前から見える部分同士は経絡的に関係があるということです。
横から見える部分同士や後ろから見える部分同士も同じです。
前・横・後ろ×手足×陰陽(=体の内外)で12(3×2×2)経絡になっています。
肩甲骨・鎖骨から上の表位は手の陽経と関連が深いので、手足の分類では手、陰陽の分類では陽になるので、残るは前・横・後ろの分類です。
あと実際の治療では、体や手足の左右も関係するので、左右×前横後ろで6(2×3)分類になります。

 その6分類にしたがって、前腕を調べます。手の甲の側が陽経側です。
症状が右側なら右腕、症状が左側なら左腕を選びます。そして、要穴の多い肘から手首までのあいだで、前側なら親指側、後ろ側なら小指側、横なら骨と骨のあいだを調べます(写真3)。
画像の説明写真3
そのあたりの筋肉の溝に沿って、肘から手首に向かって指を滑らせ、窪んだところ、ベタベタしたところ、黒ずんだところ、押して痛いところを探します。
そこがツボの出ているところです。
もし、二つ三つ見つかったら、患者さん役と相談して、イヤな感じや痛みの強いほうを選びます。
それらが同じなら深くヘコむほうを選びます。

 そのツボに痛がられないように刺します。押し手をしっかりして軽く1、2回弾入してから、静かに刺鍼していきます(写真4)。
画像の説明写真4
「痛い」と言われないように患者さん役と声を掛け合いながら、患者さん役の様子を観察しながら刺鍼します。とくに見るところは、顔と腹です。
顔は表情や瞬(まばた)き、腹は息の深さを見ます。
瞬きが頻繁になったり、息が深くなったら鍼が効いていると見てよいでしょう。
それ以上深く刺入するのは止め、その深さで横ゆらしや旋撚などをすこししてから、ゆっくりゆっくり抜いてきます。
抜いてくる途中も横ゆらしや旋撚などをしたほうがよいでしょう。こういう刺し方を「速刺徐抜」といい、手足陽経を刺鍼する場合の基本です。

 刺鍼後、まず、刺した場所の変化を見ます。指を滑らせてみましょう。
ベタベタした感じがなくなって、サラサラしていませんか?
 見た目にも、黒ずみが消え明るくなったり、ヘコみが減ったりします。
押したときの痛みも減っていることでしょう。
患部のツボも同じように変化しているか確かめてみます。
動作制限などが改善しているか実際に動作をしてみます(写真5)。
画像の説明写真5
首の捻転の左右差の場合には、首を捻転してみて左右差が改善しているか調べてみます。

(2) 下腿の陽経側に引く

 同じように、胴体の下のほうの症状は足の陽経側に引けます。これも、腰などの動作制限などがわかりやすいと思います。よくあるのは、腰の捻転制限と前屈制限(写真6)です。
どれくらいの状態か確かめておきます。
画像の説明写真6

 患者さんに症状を話してもらってから、施術する姿勢を決めましょう。
足の陽経は足裏の場合もあり、調べる場所によって患者さん役の取る姿勢を工夫します。
足裏が中心ならうつ伏せがよいですが、実際には、重い腰痛などでは患部側を上にした横向きしか取れないことも多いです。ラクな姿勢を選ぶとツボも探しやすくなり
ます。また、筋の溝が腕よりも多いので、一つの溝で見つからないときは隣の溝に
指を滑らせて探します。

 腰の前屈制限のときには下腿の真裏、承筋~承山のラインに多く、捻転制限のと
きには向きにくい側と逆、つまり腰の筋肉が伸びない側の真裏よりも少し外側の
飛揚~外丘のラインが多いです(写真7)。
画像の説明写真7

 あとの手順は、手の場合と同じで、出ているツボに速刺徐抜で痛がられないよう
に刺鍼します(写真8)。
画像の説明写真8
刺し終わったあとには、やはり、施術個所と患部の変化を観察しま画像の説明す(写真9)。
写真9

※ 1.「痛い」と言われたら
 痛いと言われたら、自分の足三里に刺せる鍼をだんだん太くしていきましょう。
筆者は、30番の銀鍼まで刺せるようになりました。10番ぐらいまで刺せるようにな
ると、一般的によく使われるステンレスのディスポ鍼1番から3番を痛いと言われる
ことは少なくなります。

 また、鍼の素材では、ステンレス鍼のほうが銀鍼よりも痛いと言われてきました
が、現在ではステンレスのディスポ鍼よりも銀鍼を痛がる人がかなりたくさんいま
す。若い人ほど、その傾向があります。体の中に溜まっている化学合成物質が多い
と筋肉のベタベタした感じが強くなり、銀鍼の筋肉との親和性の高さが、逆に、くっ
つきやすく動かすと痛い感じを与えやすいからのようです。

※ 2.深くて届かなかったとき 
 足は大腿はもちろん下腿でも手よりもはるかに太いので、ツボが見つかった場所
によってはツボが深くて、短い寸3ぐらいの鍼では鍼先がツボの底のシコリに届かな
い場合もあります。そういう場合には、回旋術を使います。どちらか一方に無理の
ない範囲で捻れるだけ捻った状態からパッと刺し手を離します。どちらか捻れやす
いほうに行うとうまくいくことが多いようです。こうすると、届かなかったツボの
底のシコリにも変化が出るようです。抜いてくると、表面はサラサラとして、押し
ても痛くなくなっている場合が多いです。螺旋的な力は遠くまで届きやすいからか
も知れないなと思っています。

 下腿ではツボが浅いことも多いですが、これから練習していく腰や殿部、大腿で
は深い場合があるので覚えておいてください。

>>>つぎへ>>>術伝流一本鍼no.3

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional