和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

術伝流一本鍼no.13

(1)基本的に †
 応急処置の原則は、「遠くに強く引く」でした。患部が胴や頭などの体幹部にある
ときには、「遠く」として手足の甲が使われますが、患部が手首・足首付近のときに
は手足の甲は「遠く」とは言えないので、手足の甲を使っても邪気を引ききれないこ
とがあります。こういうときに左右反対側や上下反対側、対角反対側の対称点が「遠
く」として使われることをno.12(週刊『あはきワールド』2009年4月8日号 No.130)
で説明しましたが、足の甲の痛みには、頭が「遠く」として使われることがあります。
頭刺といわれるようです。

 頭刺は、足の甲の「遠く」として使われるだけでなく、過敏状態を鎮(しず)める
ためにも使われます。運動器系の痛みでも神経過敏な状態が関係していそうなときに、
準備としての引き鍼のあとに、頭のツボに刺鍼してそのまま置鍼し、後始末の前に抜
鍼するという手順で使います。

画像の説明図1
 頭のツボの分布と経絡の関係は、図1のような感じで、頭のハチマキをするあたりが
陽経、その内側から頭頂部にかけてが陰経の担当で、頭の右側は右半身、左側は左半
身のツボが出ます。頭のハチマキをするあたりの前側は陽明、横側は少陽、後ろ側は
太陽になります。ハチマキをするあたりの内側から頭頂部は厥陰の領域ですが、前よ
りは太陰、後ろよりは少陰になります。

 過敏症状に頭刺を使うときには、経絡的なことを考えながら、いちばん痛いところ
と天から見て重なるあたりの頭の部分を探すとツボがみつけやすいです。胴体や大腿
部までは図2のような感じです。

画像の説明図2

 下腿からは、足厥陰と足太陰の交差(注1)、つまり、足厥陰が前側、足太陰が中央
になることも頭に入れて下さい。また、足の甲の場合には、2~3間が陽明、3~4間が少
陽、4~5間が太陽、1~2間は厥陰と考えるのが臨床的にはうまくいくことが多いと思い
ます。隣の指間にツボが出ていることもありますが。

 頭のツボは、表面の皮膚がブヨブヨしていて、押すとぺっこりヘコむのが特徴です。
ツボが古くなるほど、ブヨブヨしているところが広く、ペコペコしている感じも強くな
る傾向にあります。

注1: 下腿で太陰と厥陰が交差しているのは面白い現象ですが、その理由は「ヒトが
直立2足歩行している」からではないかと、私は考えています。くわしくは「術伝」の
HPにある「鍼は引き鍼」の「経絡の交差と2足歩行」に書きましたので、興味のある
方はお読みください。


(2)足の甲の痛みに対する頭刺 †
 次のような手順で行います。

①症状の確認
②準備:手甲への引き鍼
③頭刺
④後始末:頭散鍼→手甲への引き鍼

 詳しい説明は以下の通りです。


1.症状の確認 †
 まず、どういう動作をしたときに、どのあたりが辛いかを確かめます。動かすのが辛い
ときには無理せずだいたいの位置をつかみます(写真1)。
画像の説明写真1

 それから、その位置の左右、陰陽、前横後ろのどこになるかを考えます。足の甲の場合
には、2~3間はハチマキをするあたりの前側の陽明、3~4間はハチマキをするあたりの横
側の少陽、4~5間はハチマキをするあたりの後ろ側の太陽、1~2間は頭頂部の厥陰が担当
部位になります。そういう経絡の関係と左右の関係を考え合わせて、頭にツボが出ていそ
うなところの見当をつけ、ツボを探します。頭を手でふれて、ヘコんでブヨブヨしたとこ
ろを探します(写真2)。
画像の説明写真2


2.準備 †
 選んだ頭のツボに経絡的に関連する手の甲にツボを探して(写真3)引き鍼します(写真4)。
画像の説明写真3
画像の説明写真4
 患部が足の甲の1~2間などで陰経側のときには、頭のツボも手のツボも陰経側になるの
で、表裏反対側の陽経の手の甲にツボに引き鍼してから、手首ちかくの列缺などに引き鍼
します(「陽→陰→陽」の原則)。手のひら側は痛いので、手の陰経に引き鍼するときに
は,
手首ちかくのツボを使います。


3.頭刺 †
 手に引いたあとに、探しておいた頭のツボに刺鍼します(写真5)。
画像の説明写真5
押し手を置くとき、刺鍼するところのまわりをさわって熱かったら、念のため、刺鍼する
前に熱いところを散鍼したほうがよいでしょう。刺鍼中に、患部の足を動かすと運動鍼に
なります(写真6)。
画像の説明写真6
足がぶらぶらする高さの座位で治療できる場所があれば、運動鍼はやりやすくなります。

 刺鍼後に患部を動かしてみて痛みが減っていたら、痛みが足の甲のほかのところに移っ
ていないか、さわったり動かしてもらったりして調べます。痛みが移っていたら、そこか
ら頭のツボを予測して頭を手でさわってツボを探して、見つかったツボに頭刺します。
足の甲を動かしたりしても痛みがあまり出てこなくなるまで繰り返します。

 頭にしばらく刺鍼しても痛みがなかなか少なくならないときには、そこに鍼を置鍼し、
患部と経絡的に関係する遠くへの引き鍼、患部の刺鍼、経絡的に関連するところへの刺
鍼、動作鍼、巨刺、上下刺、対角刺などをすると減りやすいです。そういうときには、
頭に置鍼した鍼を抜いてから、後始末に入ります。


4.後始末 †
 後始末は、頭の熱いところを散鍼(写真7)したあと、手甲を調べ出ているツボに刺
鍼します(写真8)。
画像の説明写真7
画像の説明写真8


(2)過敏症候群に対する頭刺 †
 治療をはじめるまえに症状の確認をしますが、そのときの話しぶりなどから興奮して
らっしゃるような感じや、ものごとに過敏そうな感じを受けたときには、患部のほかに
も頭の様子を調べさせてもらいます。

 「痛みに対する感受性が過敏になっているときには、痛みを強く感じることがありま
す。辛い状況のなかで、それ以上辛さの原因を増やさないためです。そういうときには
患部だけでなく、頭のツボを調べて刺鍼すると、ホッとした感じになり、痛みに対する
感受性が適度になり、辛さが減ることが多いです。」というような感じで説明したうえ
で、頭を調べさせてもらい、ツボが出ていたら頭刺も取り入れた応急処置をします。

 手順は、大雑把には次の通りです。

①症状確認
②準備:手足甲引き鍼
③頭刺、必要なら置鍼
④患部および関連するツボへの刺鍼など
⑤頭に置鍼した鍼の抜鍼
⑥頭散鍼→手甲への引き鍼

 患部の症状を確認したあと、関連すると思われる頭のツボを探しておきます。準備と
して、頭のツボに経絡的に関係する手足甲に引き鍼します。頭のツボのまわりが熱けれ
ば散鍼してから、そのツボに刺鍼し、しばらく刺鍼しても反応が治まらないところには
置鍼します。置鍼するのは、せいぜい2、3カ所ぐらいにします。

 そのあとに、応急処置で今まで書いてきたように、患部と経絡的に関係する遠くへの
引き鍼、患部や経絡的に関連するところへの刺鍼、動作鍼、手首足首から先なら巨刺&
運動鍼などをして、辛さを軽減していきます。充分に応急処置がすんだら、頭に置鍼し
た鍼を抜き、後始末として、頭の熱いところに散鍼したあと手の甲に引き鍼して終わり
ます。

 過敏症候群の方は敏感なので、話し方に注意しましょう。「あなたの痛みは気の持ち
方のせいだ」と伝えたように誤解された場合には、相手が怒ってしまうのも当然だなと
思います。そうではなく、心も辛い状況におかれているので、痛みに対する感受性を高
くして、それ以上辛いことを味あわなくてもすむようにしているわけです。そのことを
理解して、ホッとする状況を作ることが、心が落ち着くだけでなく、患部の痛みを軽減
するのにも役立つし、実際に、患部への鍼の効果も上がりやすいことを理解してもらい
ましょう。


(3)応用:下腿の痛み †
 足の甲だけでなく、下腿などの痛みにも応用できます。足首のすこし膝よりの下腿前
面が痛く、すこし過敏傾向もある人に施術した例をあげておきます。


1.症状確認 †
 左下腿前面の足首より(写真9)が痛いということで、調べてみたら、患側の前頭部
にもツボが出ていました(写真10)。
画像の説明写真9
画像の説明写真10


2.準備 †
 見つけた頭のツボに経絡的に関係する手の甲の陽明側を調べたら、合谷にツボが出て
いた(写真11)ので、そこに引き鍼しました。
画像の説明写真11


3.頭刺 †
 頭に見つけておいたツボに刺鍼しました。こういう場所に置鍼するときには、抜けな
いように少し鍼を入れたほうが良いので、横刺にします。彈入したあと、鍼を横にして、
頭蓋骨と指で押し手をつくるようにすると刺入しやすいです(写真12)。
画像の説明写真12
すこし頭頂よりも探したらツボが出ていたので、そこにも置鍼しておきました(写真13,14)。
画像の説明写真13
画像の説明写真14


4.対角刺での運動鍼と、末端への引き鍼 †
 患部の対角の右前腕に出ていたツボに刺鍼しながら、患部近くの足首を痛くない範囲
でゆっくり動かしてもらいました(写真15)。
画像の説明写真15
 そのあと、患部の末端よりの足甲2~3間(内庭あたり)に出ていたツボに引き鍼しま
した(写真16)。
画像の説明写真16


5.後始末 †
 頭に置鍼していた鍼を抜いたあと、頭の熱いところに散鍼し(写真17)、手の甲に引
き鍼して(写真18)、仕上げました。
画像の説明写真17
画像の説明写真18

 こんな風に、今まで書いてきたことを組み合わせて治療することもできます。いろい
ろ工夫してみてください。

>>>つぎへ>>>術伝流一本鍼no.14

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional