和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

術伝流一本鍼no.12

(1)はじめに †
 先回いちおう運動器系応急処置をまとめてみましたが、運動器系応急処置に
は、ほかにもいろいろな技法があります。これからいままで紹介していない技
法のうち比較的よく使われ、効果が出やすいものを紹介していきます。その1
回目は、巨刺、つまり、左右反対側に刺す技法、それから、上下反対側に刺す
技法、左右と上下を組みあわせた対角反対側に刺す技法です。

 応急処置の原則は、「遠くに強く引く」でした。患部が胴や頭などの体幹部
にあるときには、「遠く」として手足の甲が使われますが、患部が手首・足首
ちかくのときには手足の甲は「遠く」とは言えませんし、そういう場合に手足
の甲を使っても邪気を引ききれないことがあります。こういうときに「遠く」
として使われるのが、左右反対側や上下反対側、それらを組み合わせた対角反
対側の対称点です。右手首が患部なら、左右対称点は左手首、上下対称点は右
足首、対角対称点は左足首になります。

 このうち、左右反対側の対称点にツボを探して刺鍼する方法は、「巨刺」と
よばれ、昔から有名です。のこりの上下対称点や対角対称点を使う方法は、い
ままであまり文献には出てきていないようですが、効果的なことが多いで試し
てみてください。

 巨刺、上下刺、対角刺は、肘膝から先の痛みに有効ですが、肘膝の場合には、
普通に手足の甲に引き鍼することもできます。巨刺などがとても効果的なのは、
やはり、手首足首から先です。


(2)巨刺などによる応急処置の手順 †
 まず症状を確認します。どういう動作をしたときに、どのあたりが辛いかを
確かめます(写真1)。
画像の説明写真1
動かすのが辛いときには無理せずに、だいたいの位置を調べます。そのあと、
その患部の左右対称点(写真2)、上下対称点(写真3)、対角対称点(写真4)
画像の説明写真2
画像の説明写真3
画像の説明写真4
のちかくを探し、ツボが出ていないか調べます。対称点ちかくのなかでいちば
んヘコむところを探します。手首足首から先、とくに指まわりのツボは細かい
ので、指で探すのは難しいことも多いです。

 鍼管ぐらいの太さのものを対称点のあたりに縦横十文字に滑らせてヘコんだ
場所を見つけます。それから、鍼柄の頭ほどの太さのもので押して、ツンとい
う感じの圧痛があるか聞いて確認します。3つの対称点のなかで、いちばん圧
痛のあるところを施術か所として選びます。

 焼き鳥の竹串などを加工して、太いほうが鍼管くらい、細いほうが鍼柄ぐら
いで角を丸くした道具を作っておくと便利です。

 もし患部が肘膝だったら、対称点のツボに施術するまえに、対称点と経絡的
に関連する手足の甲、つまり、その対称点の延長の手足の甲のツボに引き鍼し
ます。患部が手首足首から指にかけてなら、対称点のツボから施術をはじめま
す。

 施術か所に鍼柄程度のものをかるく押し付けて痕がのこるようにします。写
真のディスポのように鍼管が太めのものの場合には、鍼管ごと鍼を置くと痕か
ら外(はず)れてしまうことがあるので、そういう場合には、まず鍼を先に痕
の上に立ててから(写真5)、鍼管をかぶせます(写真6)。
画像の説明写真5
画像の説明写真6

 対称点のツボへの刺鍼は、かるく刺鍼しながら、患者さんに患部の様子を聞
きます。患部をあまり痛くなく動かせるようなら、辛くない範囲でゆっくりい
ろいろ動かしてもらう運動鍼をします(写真7、8)。
画像の説明写真7
画像の説明写真8
できる動作をしたり戻したりをつらくない範囲でゆっくり繰り返してもらいま
す。だんだん動かせる範囲が広がり、動かせる動作の種類がふえていけば、効
果が出ているということです。

 鍼を抜いてから、患部をゆっくり痛くない範囲で動かしてもらい、辛さや痛
みが残っているところがないか確認します。残っていたら、残っていた場所の
対称点まわりを探して、ツボをみつけます。この場合の対称点は、はじめに刺
鍼したところの近くだけ探せばよいと思います。みつけたツボに刺鍼し、患部
を動かせるようなら運動鍼を併用します。

 鍼を抜いたあと、また、患部を動かしてもらい、痛みや辛さが残っていない
か確認します。残っていたら、また、対称点ちかくにツボを探して刺鍼します。

 以上のことを日常生活に支障が出ないくらい改善するまで続けます。もっと
も応急処置の施術時間は30分以内が望ましいので、それをこえるようなら中
止して後始末にはいります。とは言っても簡単な場合で1回の刺鍼、多くても
3回ぐらいの刺鍼で良くなることが多いです。

 後始末を丁寧にするときは、陰経側にもたくさん刺鍼したときには、まず、
頭の散鍼をします。陽経側だけの刺鍼のときでも、患部が肘膝の場合には、施
術か所の延長上の手足甲の陽経側に引き鍼します。患部が手首足首より先の場
合にも、施術か所の手足の甲の陽経側を調べてツボが出ていたら引き鍼してお
きます。


(3)巨刺、上下刺、対角刺の組み合わせ †
 足首などの捻挫がひどくて、患部を動かすと痛がられて、充分な検査ができ
ない場合などには、遠いほうから、対角刺、上下刺、巨刺の順で施術するとう
まくいく場合が多いです。

 たとえば、右足首の捻挫の場合には、左手首、右手首、左足首の対称点の順
で施術します。 このとき、刺鍼中につらくない範囲で運動鍼をすると効果がよ
り出やすくなります。 その3か所の刺鍼を終えると、右足首が調べるくらいは
それほど痛くなくできるぐらいには改善していることが多いです。

 この状態で、右足首に残っている、圧痛のあるツボに刺鍼すると改善できま
す。この患部のツボへの刺鍼は軽くするのがコツです。邪気は最後に刺鍼した
場所に集まってくる傾向にあり、強く刺鍼すると後で痛みが復活しやすくなる
からです。そのため患部のツボへの刺鍼をさけ、患部のツボと経絡的に関連す
る末端の井穴を調べ、圧痛の強いところを見つけ刺鍼しておくほうが後で痛み
が復活する可能性は少なくなります。

 今回の患者さんは畳につまづいて足指の付け根を捻挫された方で、左足の第
2指と第3指の間の延長が痛いということでした(写真9)。
画像の説明写真9
そこで、左右、上下、対角の対称点を探したら、ツボが出ていました(写真10,11,12)。
画像の説明写真10
画像の説明写真11
画像の説明写真12
そこで、対角の右手(写真13)、左手(写真14)、右手首(写真15)の
順で遠いほうから順に、対称点に出ているツボに施術しながら運動鍼をしました。
画像の説明写真13
画像の説明写真14
画像の説明写真15

 そうしたら、患部の痛みはほとんど消えていました。そこで、患部の末端の
井穴を調べたら、第3指の第2指よりの井穴にツボが出ていました(写真16)。
画像の説明写真16
こういう細かいツボの刺鍼も(2)で書いたように、先ずツボの押した痕の上
に鍼を置いたあとに鍼管をかぶせてから(写真17)刺鍼したほうが、効果が
あがりやすいです。
画像の説明写真17

 後始末は、陰経側にも刺鍼したので、頭の散鍼(写真18)をしてから、ツ
ボの出ていた左手の八邪(2~3間、写真19)に引き鍼しました(写真20)。
画像の説明写真18
画像の説明写真19
画像の説明写真20

>>>つぎへ>>>術伝流一本鍼no.13

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional