和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

術伝流一本鍼no.11

(1)応急処置の基本 †

1.遠くに強く引く(図1) †
画像の説明図1
 応急処置の方法の基本は、「遠くに強く引く」ことです。患部から遠くに強く刺
激して邪気を引き、患部にうごめいている邪気を遠くに引き離し、体の外に邪気を
出します。患部が頭首胴のときには、「遠く」として手足末端、とくに手足の甲が
使われます(写真1)。
画像の説明写真1


2.応急処置の手順の基本 †
 手順の基本は、「①手足→胴体→手足」、「②陽→陰→陽」の二つで、組み合わ
せると「③手足(陽→陰→陽)→胴体(陽→陰→陽)→手足(陽→陰→陽)」とな
ります。状況に応じて、この基本手順を少しずつ変化させて対応します。陽経側だ
けの刺鍼ですむときには、「手足→胴体→手足」の手順で刺鍼します。


3.応急処置の後始末の基本 †
 後始末の基本は、陽経側だけに刺鍼したときと陰経側にも刺鍼したときでは違い
ます。

①陽経側のみに刺鍼したときには、「手首・足首から先の陽経側に引き鍼」します。
②陰経側にも刺鍼したときには「頭の散鍼をしてから手甲に引き鍼」します(写真2、3)。

画像の説明画像の説明写真2
写真3
 以上の3つが応急処置の基本で、必要に応じて運動鍼、動作鍼、腱付着部痛の鍼
などを付け加え、組み合わせて対処します。


(2)よく付け加える技法 †

1.運動鍼 †
 運動鍼は、患部から遠いところで患部に関係するツボを探して、そのツボへ刺鍼
しながら患部を辛くない範囲でゆっくり動かし、つまり、曲げたり捻ったり逆に戻
したりをゆっくり繰り返してもらいます(写真4)。
画像の説明写真4
動かしているうちに動作範囲が広がり、動かせる動作の種類もふえ、辛さが軽くな
ります。

 腰痛で足の甲に刺鍼した場合など、患部が動かしづらいときには、患部に動きが
伝わるような運動をすると、運動鍼に近い効果があります。たとえば、腰痛で足甲
に刺鍼中なら、首や手首を捻転したり、首なら前後屈したり、手首なら掌屈背屈し
たりすると、腰を捻転・前後屈する運動鍼に近い効果が出せます(写真5)。
画像の説明写真5
こういう動きは、腰の捻転や前後屈の動きと連動性があるので、腰を捻転・前後屈
するのに近い効果が出るわけです。操体法の「体のいろいろ動きの連動性」の応用
なので、操体鍼と名付けてもよいかなと思っています。


2.動作鍼(図2) †
画像の説明図2
 動作鍼は、関節の可動域制限に効果がある刺法です。動作制限のある動作をして、
痛みが出始める少し手前の姿勢で止まってもらい、その姿勢でツボを探し、その姿
勢のまま刺鍼します。いったん、動作を戻してから、ふたたび同じ動作をしてみる
と、関節可動域が広がっています。また、痛みが出る少し手前の姿勢で止まっても
らってツボを探し、その姿勢のまま刺鍼するということを繰り返すと、一鍼するご
とに動かせる範囲が広がっていきます。

 動作鍼のツボは、動作制限のある動作で、もっとも伸びようとしている筋肉の
もっとも伸びようとしている部分に出ていることがいちばん多いです。次に多い
のは、もっとも縮もうとしている筋肉のもっとも縮もうとしている部分です。

 動作が少ししかできないときには、関節のすぐ近くにツボが出ますが、だんだん
大きく動作できるなるにしたがって関節から遠い場所にツボが出るようになります。

 また、肩の場合に、水平より上に腕を挙げようとするときには、肩甲骨まわりの
肩甲骨と肋骨のあいだにツボが出ます(写真6)。
画像の説明写真6
水平より上に腕を挙げるときには、肩甲骨を回転させていますが、肩甲骨と肋骨の
あいだにツボが出ていると肩甲骨が回転しにくいためです。


3.腱付着部痛の鍼 †
 腱付着部痛の鍼は、腱が骨についているところが痛むときに、その筋の筋腹にツ
ボを探して刺鍼します。肘頭、踵(かかと)など浅いところで骨に腱が付着してい
るところの痛みに使います(写真7)。
画像の説明写真7
 筋腹にツボができたことによって、その筋肉が縮み、そのため腱付着部が引っ張
られて痛むときに、とくに効果がある刺鍼法です。


(3)運動器系応急処置の手順 †
 運動器系応急処置の手順は、以下が基本です。

①手足の甲への引き鍼(+運動鍼)
②患部の基本刺鍼
③患部の動作鍼など
④後始末
 .1)頭散鍼(陽のみのときは省略)
 .2)手足甲への引き鍼

 ①の手足甲への引き鍼は、患部が横隔膜よりも上のときは手甲、下のときには足甲
が使われることが多いです。④の手足甲への引き鍼も①に準じますが、陰経や陰位に
刺鍼し頭に散鍼したときには、手の甲を使います。


(4)患部別の基本刺鍼と動作鍼など(図3) †
画像の説明図3
 患部、つまり辛いところの刺鍼は、ツボが出やすいところの基本刺鍼と、動作鍼
などです。


1.腰 †
 腰痛では、基本刺鍼は、腰から尻、膝裏から脹ら脛(ふくらはぎ)など。
 動作鍼は、捻転制限と前屈制限が中心です。捻転制限では、腰椎3の横輪切りラ
インの背中から横腹にかけてにツボが出ます。前屈制限では、腰椎5番を中心に背
中側と殿部~足裏の足太陽にツボが出ます。


2.肩まわり †
 肩痛では、基本刺鍼のツボは、首から肩、肩甲骨のまわり、脇の下まわりに多い
です。大椎~胸椎7番の華佗経に出る方もいます。
 動作鍼は、挙上制限と捻転制限が多いです。挙上制限では、脇の下~上腕陰経、
腕と肩や胸のあいだに張っている筋肉(写真8)、肩甲骨まわりにツボが出ます
。捻転制限では、肩峰~胸と肩峰~背中にツボが出ます。
画像の説明写真8


3.膝 †
 膝痛の基本鍼は、膝裏~脹ら脛です(写真9)。
画像の説明写真9

 動作鍼は、正座不可が中心です。足裏側では、膝裏のH字の両端と真ん中の3カ
所から、足首方向と殿部方向に3本ずつツボが出やすいラインがあります。表側
では、膝皿の両端と真ん中の3カ所から足首方向と腹方向に3本ずつツボが出やす
いラインがあります。

 もう少しで正座ができるけど体重がかけられないときの、ツボは足の付け根、
とくに裏側の大腿のいちばん殿部に近いあたりから臀部にかけて出ていること
が多いです。正座がきまろうとしているときに、もっとも伸びようとしている
ところです。悪いほうの足を上にした横向きで寝て、足を同じ角度に曲げて、
ツボを探し刺鍼します。


4.肘 †
 肘痛の基本刺鍼は、肘の手のひら側で、肘から2~10cmぐらいの範囲です。
 動作鍼は、屈曲制限、伸展制限、捻転制限があります。屈曲制限では、手陽
経にツボが出ていることが多いです。伸展制限では、手陰経にツボが出ている
ことが多いです。捻転制限では、前腕の太いところに出ていることが多いです。

 肘頭の骨上が痛いときには、そこに腱が付着している筋の筋腹にツボが出ま
す。上腕側が多いです。

 くわしくは、いままでの「運動器系応急処置」の各項目を参照してください。
とくに、今回のまとめを読んで施術の仕方が思い浮かばなかった方は、各項目
を読み直して、しっかり理解し、身につけるようにしてください。


(5)いろいろな応用が可能 †
 この術伝流一本鍼による運動器系の応急処置は、これまで書いた以外にもい
ろいろな運動器系の症状に効果があります。寝違い、鞭打ち、顎関節症、股関
節痛などです。そういう症状に対しても、基本的にまったく同じで、手足の甲
への引き鍼しながら運動鍼、症状別の基本刺鍼、動作鍼(腱付着部痛の鍼を含む)
を組み合わせて施術するだけで、辛さを解消できます。

 また、手首足首、指まわりなども、ちょっとした応用で対処できます。

 筆者自身は、坐骨神経痛、三叉神経痛、膠原病性皮膚筋炎などや、線維筋痛
症に似た手足の辛さやシビレ感などにも、基本的に同じ方法で対処して成果を
上げています。また、頭痛、偏頭痛、めまい、耳鳴り、にきび、ものもらい
(麦粒腫)、口唇ヘルパス、乳腺炎、片麻痺などにも、他の方法と組み合わせ
て使っています。場所や症状によって少しずつ違いがありますが。

 今まで書いてきた腰などの写真は、日曜日に開催している術伝の講座で、該
当の症状が出ている方をモデルにして撮影してきました。寝違い、鞭打ち、顎
関節症はじめ、例に挙げたような症状は比較的患者さんが少なく、モデル患者
さんを探すのが難しく、写真を撮るのができないでいます。そういう症状をお
持ちの方でモデル患者さん役を引き受けてくださる方、また、そういう方をご
存知の方は、術伝事務局まで連絡してください。よろしくお願いします。モデ
ル料はお支払いできませんが(すみません)、治療費はいただきませんし、紹
介者の方はじめ見学も歓迎します。症状が重い方は難しいですが、術伝の講座
会場に来られるくらいの方なら、すくなくとも辛さを半減する程度はできると
思いますので。

 関節可動域制限は人によって少しずつ違うので、腰、肩、膝、肘など今まで
書いてきたものでもかまいません。

 次回からは、手首足首、指まわりなど写真が撮れたものから順に、運動器系
応急処置の応用例を掲載していきます。

>>>つぎへ>>>術伝流一本鍼no.12

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional