和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

術伝流一本鍼no.10

(1)はじめに †
 肘の応急処置は、基本的には膝と同じで、痛みや辛さを肘頭のまわりに感じることが
多いですが、そこだけ刺しても良くならないことや再発することが多いです。肘の治療
の基本も、まず肘の手のひら側に出ているツボをゆるめることからはじめたほうが治り
やすく再発が少ないです。また、膝ほどではないですが経過が長くなることもあります。


(2)肘の痛みの応急処置の手順 †
 肘の応急処置も、前半、動作鍼、後始末にわけられます。痛みが陽経側だけのときは
応急処置も陽経側だけしますが、経過が長いせいかツボや痛みが陰経側にも出ているこ
とが多く、そういう場合には、当然ですが、陰経側にも刺鍼します。

 応急処置の前半では、症状をよく確認したあと、まずは陽経側を引き鍼してから、手
の陰経側で前腕の手首ちかくに引き鍼をしたあと、肘の手のひら側に出ているツボに刺
鍼します。

 動作鍼は、まず伸展制限、屈曲制限などは膝の場合とほぼ同じです。膝と違って肘で
は捻転制限も多く、捻転の動作鍼もします。また、動かして肘頭まわりに痛みが出る場
合には、そこに付着している腱の筋腹にツボが出ていて縮んでいるため、腱付着部が引っ
張られて痛んでいることが多いです。その筋腹のツボに刺鍼し、筋の過緊張をゆるめる
と改善します。

 後始末は、頭に散鍼したあと手の甲に引き鍼します。陽経側だけに刺鍼した場合には
頭の散鍼を省略し手甲に引き鍼だけします。


1.症状確認 †
 症状確認では、どのあたりが辛いか(写真1)、
画像の説明写真1
どのような動作をしたときに痛みなどが出るか(写真2)、
画像の説明写真2
日常生活で困っていることをよく聞きます。その1番目と2番目くらいを日常生活に支
障がないくらいに改善することを応急処置の目標にします。肘の肘頭まわりの痛みを訴
える方が多いですが、ツボは、肘の手のひら側にも出ていることが多いので、上腕、肘、
前腕の陰経側をていねいに調べます。


2.前半・準備 †
 応急処置前半・準備としては、手甲に出ているツボに引き鍼(写真3,4)してから、
画像の説明写真3
画像の説明写真4
前腕の陰経側手首ちかくの列缺、内関、陰げきなどに出ているツボに引き鍼(写真5,6)
画像の説明写真5
画像の説明写真6
します。このとき肘を動かせるようなら運動鍼をしても良いです。

 そのあと、肘の手のひら側の手太陰、手厥陰、手少陰の3つのライン上で、肘から
5cmくらい上腕よりから15cmくらい前腕よりまでのところに出ているツボ(写真7)
に、肩近くから手首近くの順で刺鍼します(写真8)。
画像の説明写真7
画像の説明写真8

 初めの引き鍼に使うツボは、肘の親指側が痛ければ手甲の1~2間や列缺、小指側が
痛ければ手甲の4~5間や陰げきに出ていることが多いです。捻転制限のときには手甲
の2~3間や3~4間、内関にも出ます。

 肘の手のひら側のツボの出方は、膝裏とよく似ています。違う点は、膝の場合は
真ん中は比較的少な目ですが、肘は手厥陰のラインも多いことです。肘のシワから
2,3cm上腕よりと前腕よりに多く、それぞれ、前腕よりを下曲沢などと、上腕より
を上曲沢などと仮称しています。


2. 肘の動作鍼 †
 できない動作や辛い動作を痛みが出る手前までしてもらい、引っかかっている
ところを探します(写真9)。
&ref2(): File not found: "./swfu/d/p1hari10_10.jpg";;写真9

 たいていは、その姿勢で、もっとも伸びようとしているラインにいちばん多く、
つぎにもっとも縮もうとしているラインに多いです。つらい一歩手前まで動かし
てもらうと、そのラインが目立つようになります(くぼんで見えることも多い)。

 それらのライン上を指でたどり、ペコっとヘコんでいるところをみつけ押して
みると痛いことが多く、ツボになっているのがわかります。まれに、麻痺して
痛まないこともあります。

 痛い手前の姿勢のまま、そのツボに刺鍼します。刺鍼後、一度動作を戻してか
ら再度制限のあった動作をしてみると、前よりすこし大きく動くようになってい
ます。

 そこで、もう一度、引っかかっているところをみつけて、その姿勢で刺鍼する
と、またすこし大きな動作ができるようになります。それを日常生活に不自由が
ないくらいまで繰り返します。

 肘の動作の場合に、引っかかっているシコりがあるラインは、手の陰経陽経す
べてに可能性があります。曲げ伸ばし動作の制限では、親指側の痛みのときは陽
明と太陰に出やすく、小指側の痛みのときは太陽と少陰に出やすく、動作制限が
きついときには肘ちかく、大きく動作できるようになると肩や脇の下のちかくや
手首ちかくに出ます。捻転運動制限の場合には、前腕のもっとも太い部分に出や
すく、少陽と厥陰が多くなります。


3. 腱付着部痛の鍼 †
 肘頭の近くですぐ下が骨で筋肉がほとんどついてないところが痛いときに、痛
みの原因がそこではなく、そこに付着している腱の筋腹にシコりがあり、腱付着
部を引っ張っているため痛みが出ていることがあります。

 動作鍼と同じように痛む直前まで動作をしてもらうと、痛みのある場所に続く
ヘコんだラインが見えることが多く、それをたどっていくとツボが見つかります
(写真10,11)。
画像の説明写真10
画像の説明写真11

その姿勢のまま刺鍼する(写真12)と痛みが消えます。
画像の説明写真12
比較すると上腕よりに多く、上腕のいちばん太い部分あたりに出やすいです。

 また、写真のモデルの方のように一つの姿勢で痛みが消えても違う姿勢(動作)
のときに痛む場合もあります(写真13)。
画像の説明写真13
やはり、痛む姿勢で刺鍼しまて改善します(写真14)。
画像の説明写真14

 この腱付着部痛は、肘だけでなく下が直ぐ骨で筋肉がほとんどついていない
ところが痛む場合などに多く見られます。踵の痛みのときには脹ら脛あたり、
指や手首の骨上の痛みのときには前腕のいちばん太いあたりに出やすく、典型
例になります。

 日常生活で困っていた動作をしてもいらい、改善されたか確認し(写真15)、
画像の説明写真15
改善しているようなら後始末にうつります。


4.後始末 †
 頭に散鍼したあと、手の甲に引き鍼しておきます。陰経側にも刺鍼する場合
が多いので、治療後に頭が痛いなどの体の上半身の症状が出ることを防ぐため
です。あまり無いとは思いますが、陽経側だけに刺鍼した場合には、手の甲の
陽経側に刺鍼して終えてもかまいません。


(3)おわりに †
 いままで腰、肩、膝、肘と書いてきましたが、動作制限をともなう関節周囲
の痛みは基本的にみな同じです。

 まず、引き鍼をしながら動かせるようなら運動鍼をします。それから、関節
周囲のその関節の動きに直接関係する筋肉の経験上ツボの出やすいところを調
べて、ツボが出ていたら刺鍼します。それから動作制限が残っていたら、動作
鍼、場所によっては腱付着部痛の鍼をして、動作制限を日常生活に不便がない
ように改善します。おわりに、頭に散鍼し手の甲に引き鍼して仕上げます
(陽経側のみに刺鍼したときは手甲への引き鍼だけでよい)。

 だいたい、これで全ての関節まわりの辛さに対処できます。

 そこで、次回は、いままでのまとめをしておこうと思います。

>>>つぎへ>>>術伝流一本鍼no.11

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional