和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

自動運動を追うために手のひらの勘をみがく(1)座位

はじめに †
操体をしていると、ここ2回練習したラクな姿勢がわからない方と反対に、
どんどんラクな姿勢を求めて動いて行ってしまう方がいる。
それが本人には意識的に制御が難しい自動運動になってしまう方もいる。

そう言う方の動きを追いながら、適度なタワメの間、イイ感じを保ち続ける
技術を練習。1回目はその座位でのやり方。

手のひらの感覚を磨くことは、ふだんの操体のタワメの間でのイイ感じを
たもつためにも役立つし、按摩指圧などでの補の手技にも役立つ。

本当は、次回と合わせて週1で1年毎回30分くらい練習したい内容だが、
時間がとれないので、各1回でなんとか感覚をつかんでください。


1.座位での手のひら感覚練習 †
 ・座位で向かい合い、互いに手を合わせ、動きを追い合う
   (自分の右手を相手の左手に、左手を相手の右手に)


合掌から †
•やり方
.1.手のひら同士を合掌させるように合わせる
.2.手のひらに感じる動きに合わせて、ゆっくり追い合う
◦初めは解りにくいが、
だんだんどっちが先に動いているか解らないような感じになることが多い

手を組んでから †
•やり方
.1.右手を相手の左手に組み、もう片方も組み合わせる
.2.手のひらに感じる動きに合わせて、ゆっくり追い合う 

手のひらを重ねてから †
•やり方
.1.相手に手のひらを上に向けてもらい、自分の手のひらを重ねる
.2.手のひらに感じる動きに合わせて、ゆっくり追い合う
◦別法
手のひらを上に向けて、相手の手のひらを上に重ねてもらってもよい
片方を上向き、片方を下向きにして、相手にそれに合わせてもらってもよい
(その逆もヤジウマしてみる)

2.座位の足さばき、はかま歩き †
•正座からつま先立ちになり、膝とつま先で歩く
◦コツ
床の上をつま先や膝がすべるような感じになるとうまくいく
動かす膝と同じ側の肩を膝と同じように動かすとうまくいく
(つまり、はかま歩きは、いわゆるナンバ歩きの座位版)
•手順
.1.座位から膝はそのままにつま先立ちになり、膝を左右に大きく開く
.2.右膝を左膝の5~10cm前方に合わせて左によせる
.3.右つま先を支点に右膝を右におおきく開く
.4.左膝を右膝の5~10cm前方に合わせて右によせる
.5.左つま先を支点に左膝を左におおきく開く
.*. .1.から.5.を繰り返す

3.はかま歩きで手のひら感覚練習 †
•はかま歩きの姿勢で互いに手を合わせ、動きを追い合う
(座位での場合と同じように、合掌、手組み、手重ねからヤジウマしてみる)

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional