和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

膝の痛み

膝の痛み
・はじめに

 膝の痛みは、下半身の痛みのなれの果てという感じで、膝の痛みを訴える方
は、昔、腰痛、座骨神経痛、足首痛等のあった方がほとんどです。それらが軽
くて治療を受ける程度で無かった場合もありますが。そのため、その時痛い急
性症状が出ていても慢性期の要素も多く、応急処置では辛さが減りきらない事
や、ぶり返しも多くなります。治療の経過も長くなる事も多いので、2,3回
応急処置をしてもぶり返すようなら、慢性期の型を併用して腹を中心に全身を
整える必要も出てきます。患者さんには、治療が長くなる可能性のある事を伝
えておくと良いでしょう。

 とはいえ、1回の応急処置で長年の膝痛がすっかり治り、伝えた操体などの
自己養生を続ける事で再発していない方もいらっしゃいます。それに、たとえ
ぶり返しが有るとはいえ、初めての応急処置で或る程度改善しないと、患者さ
んには信用してもらえないので、良く練習して結果が出せるような腕を身に付
けて下さい。

(1)膝の痛みの応急処置の手順

 これまでにやってきた応急処置の総まとめという感じで、これまでに練習し
てきた技を全て使います。今までの練習を思い出しながら練習してください。

 膝の応急処置も、前半、動作鍼、後始末に分けられます。応急処置の前半で
は、症状を良く確認した後、足の甲に引き張りした後、膝裏から下腿にかけて
出ているツボに刺鍼します。それから、動作鍼をして、後始末をします。痛み
が陽経側だけの時は応急処置も陽経側だけします。

 しかし、経過が長いせいか、ツボが痛みが陰経側に出ている事も多く、その
時には、前半で足の甲の陰経側の引き鍼や陰経側の出ているツボも使います。
陰経側の動作鍼も加えます。後始末は、頭に散鍼した後、手の甲に引き張りし
て終えます。

1.症状確認

 症状確認では、どの様な動きが辛いか、日常生活で困っている事を良く聞き
ます。その1番目と2番目くらいを日常生活に支障がない程度に改善する事を
応急処置の目標にします。膝のお皿周りの痛みを訴える方が多いですが、膝裏
にツボが出ている事が多いので、膝裏から下腿にかけて丁寧に調べます。

2.引き鍼と膝裏~下腿の刺鍼

 先ず、足の甲の陽経側に引き張りします。4,5間が多いですが、3,4間
の事もあります。その後、膝裏から下腿にかけての陽経側に出ているツボに刺
鍼します。膝裏では、膝裏横紋外端から窪みを2,3cm足首よりに辿った下
委陽、そのラインをそのまま辿って脹ら脛が終わる辺りの飛揚~外丘が狙い目
です。古くなるとそのラインの延長線上の大腿部に出ている場合もあります。
この場合には、腰に近い側から順に、大腿、膝裏、下腿の順で刺鍼します。

 膝の陰経側にも痛みがあった場合には、陽経側の刺鍼の後に、足の甲の陰経
側の1,2間に引き鍼し、膝裏から下腿の陰経側に刺鍼します。膝裏は膝裏横
紋の内側の端から足首方向に走る溝を辿り2,3cm下の下陰谷に、下腿はそ
の溝の延長線上の脹ら脛の終わる辺りの築賓に、ツボが出ている可能性が高い
です。古くなれば、そのラインの延長の大腿部にツボが出ている事もあります。
この場合には、腰に近い側から順に、大腿、膝裏、下腿の順で刺鍼します。

3.動作鍼

 今までやってきた動作鍼と基本的には同じです。膝のお皿の周りの窪みを調
べ、一番痛い処を見付け、そこに先ず刺鍼します。一度戻してから調べ直すと
少し可動域が広がりますから、先ほど刺鍼した処から下腿方向と大腿方向に溝
を辿って次のツボをみつけ、見つかったツボに刺鍼します。すると、また少し
可動域が広がり次のツボは膝から先ほどより遠くに出ます。繰り返します。

 陰経側と陽経側の両方に動作鍼する必要のある時には、順に行います。

 辛い動作によっては、足裏の側に刺鍼する必要がある場合もあります。座位
で症状が確認しにくい場合には、立って確認したり、横向きなどの寝た姿勢で
確認したりもします。

 また、階段を下りる動作が辛い場合などは、或る程度改善してから実際に階
段を降りてもらい痛む箇所をチェックします。手すりに掴まりながら降りても
らい下で待つか、一段下から手を添えながら降りてもらい、痛む場所と曲げ具
合を確認します。その場での刺鍼が難しい場合には覚えて置いて、座位に慣れ
る場所に戻って刺鍼します。場合によっては、階段のある場所と何回か往復に
なる事もありますが、一鍼毎に改善していくので、患者さんもそれほど嫌がら
ずに試させてくれる事が多いです。

4.後始末

 陽経側だけに刺鍼した場合には、足の甲の陽経側に刺鍼して終えます。2・3,
3・4,4・5間のいずれか一番痛い処に引き鍼します。

 陰経側にも刺鍼した場合には、後で腹の邪気が上昇するという現象がおきて、
頭が痛くなったり熱が出たりする可能性もあるので、念のため、頭に散鍼した
後、手の甲に引き張りしておきます。手の甲は肩こりなどの最後の引き鍼と同
じ様に、井穴を抓んだり、指を反らせたり、甲の骨間を押したりして、出てい
るツボを探します。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional