和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

腰痛の応急処置の基本

応急処置の基本:「遠くに強く引く」 †
•応急処置の基本手順
i.遠くに強く引く
ii.痛む所は軽く
iii.遠くに強く引く
•「遠く」とは、
i.手首、足首より先
■腰痛では、足首から先
ii.前後・左右・上下反対側
iii.対角反対側
■前後、左右、上下反対側の組み合わせ

腰痛の応急処置の基本手順 †
•腰痛も腹側など陰位が原因の事も多いが、
初めての患者さんが腰の痛みと思っている場合には
最初の応急処置は陽位のみでする。
i.理由1
患者さんの状態や体のクセが良く掴めないうちに、
応急処置として陰経や陰に分類される腹などに刺鍼すると、
かえって痛みが増す事もあるから
■特に、初心者の場合
ii.理由2
自分が訴えていない部分を刺鍼される事を嫌がる
患者さんもいらっしゃるから
■特に、鍼灸を受けるのが始めての患者さんの場合
◦陽経・陽位だけで治療したほうが無難ですし、
その治療だけ続けていても陰経側や腹側なども良くなる事も多い。
◦少しづつコミュニケーションを取りながら、
体全体を刺させてもらえるようにしていきましょう。
■患部以外は、最初は、足の陽経を刺させてもらえるよう説得しましょう。
◦もちろん、紹介で来た方で事情が解っている方の場合は、
説明して最初から腹側なども刺鍼可能な場合もあります。

運動器系の陽位の痛みの基本手順 †
1.症状確認
◦痛み、動作制限など
■痛みの場所や、
動作制限が有る場合には
痛くない範囲で動いてもらい動ける範囲を確かめておく
◦患部やツボの出ている処の皮膚や筋肉の状態
2.ラクな姿勢になってもらう
◦その姿勢で、痛む箇所やそれに繋がる陽経の走る手足や、
その先の手首・足首を良く調べ、出ているツボを探す
3.陽位の痛みの基本的な刺鍼
i.手足の甲の陽経側に強く引く
■患者さんが患部を動かせるようなら、
引き鍼をしながら運動鍼をしても良い
ii.陽位の痛む所に軽く刺鍼
■非常に痛む場合には、散鍼や接触鍼などに留める事もある
iii.陽経を末端へ
■患部と手足の甲との間の陽経部分を、
患部に近い側から手首・足首の方へ順番に刺していく
■末端に近づけば近づくほど強めに刺鍼
4.動作制限を、動作鍼で改善
◦動作制限の有る場合には、最後の刺鍼をする前に、
動ける姿勢になってもらい、動作鍼をして改善
■動作鍼の説明は、「その4」で詳しく説明
◦運動鍼を併用しても良い
5.後始末
◦手足の甲の陽経側に再度強く引く

腰痛の陽位の痛みの場合、出やすいツボ †
1.症状確認
2.ラクな姿勢になってもらう
◦痛む側を上にした横向き寝の姿勢になる事が多い
腰痛の応急処置の基本のツボは、この姿勢で上になるラインに並ぶ
3.陽位の痛みの基本的な刺鍼
i.手足の甲の陽経側に強く引く

■地五会、足臨泣
・足の甲の4,5間に出る。地五会、足臨泣付近
ii.陽位の痛む所に軽く刺鍼
■腰回りには三つ出る
a.大腸愈
・骨盤と腰椎4,5番の間で一番凹んで痛い処。大腸愈付近
 骨盤がこの辺りでお尻のほうに曲がっているので、腰椎との間は三角形の形。
 その真ん中を調べると見付けやすい。
b.環跳

・大転子と腰骨の上前蝶骨棘(後ろ側)を結ぶ線の後ろ側で押すと一番凹む処。
 環跳付近。
 大転子と上前蝶骨棘(後ろ側)を結ぶ線を底辺とする正三角形の頂点付近を探す。
c.臀央
・臀部中央の見た目には一番出っ張っていて、押すと一番凹む辺り。
 「殿央」と仮称。
 解剖学的には、奥に大座骨孔のある処
■非常に痛む場合には、散鍼や接触鍼などに留める
iii.陽経を末端へ
■腰痛の際に良くツボが出る処は四つ
a.風市
・大腿横側の中央
b.下委陽
・膝裏の皺の小指側の端(委陽付近)の2,3cm下方、
 「下委陽」と仮称
c.外丘~飛揚
・下委陽のある筋溝をそのまま、脹ら脛の終わる付近まで指を滑らせて凹んだ処
 外丘から飛揚の辺り
d.下昆侖
・外踝(くるぶし)の後ろ側の窪み(昆侖付近)の踵(かかと)より、
 足少陰の大鐘と陽経側対称点、「陽大鐘」と仮称
 踵(かかと)に押しつけるように押すと痛いので、その方向に刺鍼
■末端に近づけば近づくほど強めに刺鍼
4.動作制限を、動作鍼で改善
◦腰の動作診は、その4で詳しく解説
◦立ち上がってもらい、手の甲4,5間に刺鍼しながらの運動鍼をしても良い
5.後始末
◦座ってもらい、外踝前下方の窪みで押していたい処、丘墟付近に強めに引く

腰痛の基本のツボについて †
1.足首から先
i.地五会か足臨泣
ii.丘墟
2.腰回り
i.大腸愈付近
ii.(裏)環跳付近
iii.殿央
3.大腿下腿
i.風市付近
ii.下委陽
iii.外丘から飛揚の辺り
iv.下昆侖
•上記の、腰回り3つ、大腿下腿4つ、足首から先2つのツボは、
腰痛の人の8割くらいには出る
◦これらのツボの取り方を覚え、確実に取れるように練習
◦他にツボが出ている場合でも、
これらのツボの刺鍼だけで大きく改善させる事も可能

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional