和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

腰の動作鍼

動作鍼の基本 †

動作鍼は、関節可動域制限に効果的 †
•動作鍼は、関節可動域に制限がある場合に特効のある刺法で、
やりにくい動作がある時に使います。
◦基本的な刺鍼が終わってから、最後の刺鍼との間に行う事が多いです。
■手足の甲への引き鍼後、直ぐに行ってもかまいませんが、その場合も、
動作鍼終了後には、もう一度手足の甲に引き鍼して刺鍼を終えてください。

動作鍼の手順 †
1.やりにくい動作を痛む手前まで行いツボを探す
i.先ず、やりにくい動作を痛む手前までしてもらいます。
ii.その時に、動作の軌跡が描く面と皮膚表面とが交差するライン上で、
一番凹む処を探してツボをみつけます。
■このラインは、その動作をする時に最も伸びるラインと縮むライン、つまり、
最も伸びようとする筋肉の部分と最も縮もうとする筋肉の部分になります。
2.見付けたツボにその姿勢のまま刺鍼する
◦そのツボに、その姿勢のままで鍼をします。
3.再度やりにくい動作を痛む手前までしてツボを探す
i.刺鍼後、一度姿勢を戻してから、やりにくかった動作をしてもらうと、
前より少し余分に動かせるようになっています。
■つまり、関節可動域が少し広がります。
ii.その姿勢から、また、先ほどのライン上の一番凹んだ処を探し、
ツボをみつけます。
■動かしている関節を基準にすると、
新しいツボは前のツボよりも少し遠くに出ます。
4.新しく見付けたツボに刺鍼して、もう一度チェック
◦そこに刺鍼してから、一度姿勢を戻し、同じ動作をしてもらうと、
また少し余分に動くようになります。
5.日常動作に支障がないまでくりかえす
◦その姿勢で再度ツボが出ていたら刺鍼してという事を、
日常生活に不便が無い程度に動くようになるまで繰り返します。
•一鍼毎に関節可動域が広がる
◦つまり、一鍼する毎に関節可動域が広がっていきますし、
患者さんにもその事を実感してもらえます。
■この動作鍼は、操体の動診を応用した物で、
他に行っている方もいらっしゃるかもしれませんが、
少なくとも文献などでは見た事がありません。
◦関節可動域制限に対して一鍼する毎に確実に可動域が増えていく
刺法ですので、しっかり練習して身に付けてください。

腰痛の動作鍼 †
•腰痛の場合の可動域制限は、主に次の二通りです。
1.体を捻る動作
2.前に曲げる動作
◦基本的な刺鍼を終えた後と、最後の外踝付近の引き鍼との間に行います。
■基本的には立ち姿勢で行います。

体を捻りにくい側がある時の動作鍼 †
•立ち姿勢で体を捻りにくい、
つまり、振り向きにくい側がある時におこないます。
◦この場合には、腰椎3番付近が一番動くようです。
■そのため、動作の軌跡と皮膚表面との交差するラインは、
立ち姿勢では、腰椎3番の高さで床と平行の線になります。
1.ラクに捻れる範囲で腰を捻ってもらい、ツボを探す
◦楽に捻れる範囲で捻ってもらうと、そのライン上で凹んだ処が見えます。
■捻ろうとしているほうと反対側、つまり、
伸びようとしている側に出る事が多いです。
2.その姿勢のまま見付けたツボに刺鍼
◦その姿勢でそのツボに刺鍼します。

3.再びラクに捻れる範囲で捻って、ツボを探し刺鍼を繰り返す
i.それから、一度正面を向いてもらってから、
もう一度同じ方向に捻っていきます。
ii.まだ制限があったら、繰り返します。
•捻る動作の場合には2回ほど繰り返せば、
日常生活上不便の無い程度になる事が多いです。
◦腰椎3番の高さで脊柱起立筋の一番外側に最後のツボ
が出る事が多いです。

前に曲げられない時の動作鍼 †
•前に曲げる動作が出来ない方は、
「顔が洗えない」という表現をされる方が多いです。
◦この前曲げの動作の場合には、動作の基準は腰椎5番付近
になるようです。
■そのため、動作の軌跡と皮膚表面との交差するラインは、
腰の痛む側で、背中側では脊柱起立筋の一番高い処付近、つまり、
足の太陽の1行線付近になります。
■尻や足裏のほうでも基本的に、腰の痛む側の足の太陽のライン付近、
つまり足裏では中央のライン上付近になります。
■また、前曲げの動作制限の場合には、ツボは上下両方向、
つまり、背中側と尻・足裏側の両方に出ます。
1.少ししか曲げれない時
i.腰椎1とお尻下半分にツボ
■それで、少ししか前曲げが出来ない時には、
痛む側の背中の肋骨の下側付近、つまり、腰椎1番の高さくらいと
お尻中央から足とお尻の境目付近に
一番ポイントとなるツボが在ります。
ii.2箇所に刺鍼して再度チェック
■その2箇所を
その姿勢でテーブルなどに手をついてもらい安定させた状態で
刺鍼して緩め、

一度背中側に反ってから、ゆっくり前に曲げていくと
前より少し余分に曲がるようになります。
2.指が膝くらいまでくると
◦次は、胸椎7~12と大腿裏中央にツボ
■そして、ポイントとなるツボは
大腿裏中央付近と肩胛骨の下端と肋骨下端の間に移動します。
■また、そこを緩めると、もう少し前に曲がるようになります
3.指が膝下までくると
◦ポイントは大腿の膝裏近くに移ります。
其処を同じ様に緩めると、
手首が膝下まで届くくらいは楽に前屈できるようになります。

その他の動作制限 †
1.横向きがしにくい場合
◦頻度は少ないですが、横向きがしにくい患者さんもいます。
■この場合には、伸びる側の体の側面、つまり、
足少陽ラインにツボが並びます。
■この場合の起点は腰椎2番付近で、
前屈と同じ様に上下両側にツボが出る事が多いです。
◦やはり、曲げられるようになるほど、ツボが起点から遠ざかります。
2.組み合わせ動作がやりにくい場合
◦また、捻り、前屈、横曲げが組合わさった動作が出来ない方もいます。
上下の動きが加わる事もあります。
i.その場合は少し複雑になりますが、やはり、
その動きで一番伸びようとしているラインをみつけ、
腰に近い方から辿っていくと、
凹んでいて、押すと痛い処が見つかります。
ii.その姿勢で其処のツボに刺鍼すると、可動域が広がります。
■一度姿勢を戻してからチェックするようにしてください。

動作制限が一つの場合の簡単な方法 †
•始めから立って動ける程度の腰痛で、出来ない動作が一つだけなら、
足の甲への引き鍼と動作鍼だけで改善する事も可能です。
1.先ず、足甲に引き鍼
◦座位で足の甲4,5間に引き鍼する
2.その後直ぐに動作鍼をする
◦引き鍼した後、
立位で出来ない動作を楽に出来る範囲で動いてもらい
動作鍼をします。
3.良くなるまで繰り返す
◦一度で駄目なら2,3会繰り返します。
4.足首から先に引き鍼して仕上げる
◦可動域制限が無くなったら、
座位になっていただき、
丘墟付近にツボが出ていたら引き鍼します。
■丘墟付近にツボが出ていない場合や丁寧に刺鍼したい時には、
飛揚・外丘付近に刺鍼した後、下昆侖に引き鍼して終えます。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional