和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

背骨に伝わる動きが同じなら

背骨に伝わる動きが同じなら効果も似てくる †
•前回は、
きっかけが、
 手首足首などの末端の時と、
 体重移動など体の中心に近い部分の時の
違いを、
 見た目の分かり易さ、
 操体の纏(まと)まり易さなどから、
見ていきました。
◦今回は、
背骨に伝わる動きが同じなら似たような効果が上がられる可能性が高い
という事を書いていきます。

右肘を後ろに引けない時を例に †

左肘を後ろに引く事を切っ掛けにしてみる †
•簡単な例ですと、
右肘を肘鉄砲と喰らわすような感じで後ろに引けないという方に対して、
左肘で同じ動きをしてみるという感じの操体です。
i.この場合に効果を出す可能性を高めようと思えば、
軽く動かせる範囲で左肘を後ろに引いてもらい、
ii.動きが止まったら、
左手小指が手平側に回る方向の左手首の捻転の動きを付け加えたり、
左足に体重を移す事を付け加えると良いでしょう。
iii.お腹に息が入るか、
気持ち良さが生まれてくるか
 確認出来たら、その操体をし続け、
iv.体重を戻したくなるか、
肘を戻したくなるか、
息が普通になるかしたら
 終えます。
v.左肘を戻してから、
後ろに引きにくかった右肘を後ろに引いてみると
引けるようになっていると思います。

右肘を前に出すのを切っ掛けにする †
•この症状に対しては、もちろん、単純に
右肘を後ろに引きにくい処から前に戻してくる
 という操法でも良いです。
◦その場合には、
肘が脇腹に来た辺りから
右手小指が手甲側に回る方向の右手首捻転運動を付け加えたり、
左足に体重を移したりする
 と効果が上がりやすくなります。

二つの切っ掛けで背骨に伝わる動きは同じ †
•ところで、
この二つの症状改善のための動きが、
背骨にはどう伝わっているか調べてみましょう。
◦どちらも肩胛骨鎖骨を通って背骨に伝わり、
肩甲間部の背骨を
頭の上のほうから見て反時計回りに回転する
動きになっている
 のが解ると思います。

健側を切っ掛けにするほうが効果が出やすい †
•今までの経験上、この二つの動きを比べてみると、
患側で逆の動きをするよりも、
反対側の健側の肘で同じ動きをするほうが、
効果が出やすかったのです。
◦これは、多分、
反対側の健側で同じ動きをするほうが全身に連動しやすいし、
痛い直前の姿勢から始めていないので気持ち良さが味わいやすい
 ためだと思われます。

やりやすい側で同じ動作をしてみる操体 †
•この「やりやすいほうで同じ動作をしてみる」という方法は、
肩周りで左右差のある動きに対して試みてみると
たいてい効果が出るので面白いです。
◦というよりも、
紹介し伝えた相手の方が面白がって
操体に興味を持って下さる事が多くなります。
•片手だけ背中に回しにくかったり、
頭の後ろに回しにくかったりで、
帯が結べなかったり、
髪が結えなかったりという時には
 試してみる価値があると思います。
◦ただ、左右差が無い場合には、効果があまり出ません。

背骨に伝わる動きによっては効果が無い †
•また、
背骨に左右捻転や左右側屈の動きを起こさせない時には
手や腕の動作が反対ではなくなります。
◦つまり、
体を反らす時には、
手を垂らした状態で小指側が手平側に動く方向の手首捻転運動
をきっかけにできますが、この場合には、
左右どちらの手でも同じ向きの手首捻転運動になりますから、
片方の手が出来ない動作を反対側の手で行っても効果が現れません。
■もちろん、この場合にも、
垂らした手を片側ずつ捻転して左右差が有る場合には、
背骨の左右捻転の左右差に関係してきますので、
やりやすいほうを余分に捻転すると、
やりにくかったほうが改善します。

左右差がある動きには効果が出る †
•一見、
背骨に捻転や側屈を与えない動作でも、
左右差がある場合には試してみる価値があります。
◦例えば、
立位や座位で手を真上に挙げる動作の場合には、
一見、背骨に捻転や側屈の動きは無いようですが、
挙げ易いほうの腕を少し余分に挙げ、
挙げた手の小指側が甲側に回転するような手首捻転を付け加え、
体重を移しやすいほうに(たぶん挙げた手と同じ側に)移動させる
操体をしてみると、
気持ちよく、お腹にも深く息が入っていって、
戻してみると、
挙げ難かったほうの手が上がりやすくなっている事が多いです。
•たぶん、
左右差が在る時には、
背骨に捻転や側屈を起こさせるような動きが伝わる
からだと思います。
◦この場合には、
挙げた手の小指を甲の側に回転する動きが背骨に伝わって、
背骨の捻転運動になっています。

足でやりやすいほうを切っ掛けにする †
•これは、足の場合でも当てはまります。
•手足の動きに左右差が在ったら、
その動きをやりやすい側の動きを少し強調する事を切っ掛けにするほうが、
やりにくい側で逆向きの動作をする事を切っ掛けにするよりも
効果が出る確率が高い場合が多いようです。
◦そして、
手首足首の捻転など「やりやすいほうに末端を動かす」事と
「移しやすいほうに体重を移動する」事を付け加えると
気持ち良さが味わえる可能性が増します。
■やった事がなかったら、野次馬してみてください。

うつ伏せ足伸ばしと尻たたきの仙骨への影響 †
•前回、
うつ伏せでお尻に踵が付きにくい時に、
その足を伸ばす定番操体と、
反対側の付きやすいほうの踵をお尻に近づけていく操体は、
同じ様に、
お尻に付きにくいほうの踵を付きやすくする効果がある
事を書きました。
◦これも、
上に書いた自然則をそのまま当てはめただけだ
という事がおわかりになると思います。
•この二つの動きが仙骨にどう伝わるかと見ていきます。
◦仙骨は、この動きで足の動きが最初に伝わる背骨です。
■ここでは話を解りやすくするために、
右足踵がお尻に付きにくかった事にします。
•先ず、定番の操体では、
付きにくいほうの右足をお尻に痛くない範囲で近づけた状態から
少しづつ伸ばしていきます。
◦多くの場合、
膝が空中に浮いている状態で伸ばしたほうが気持ちよいので、
片手で膝を支え、
もう一方の手で伸びてくる右足首に抵抗をかけるという形になります。
■この二つの手の使い方、
補助と抵抗をする手のバランスなどが難しくて、
定番の操体では難しいほうになるようです。
•さて、この操法で、
タワメの間の形は、
i.立ち姿勢でボールを前蹴りするための準備で
足を後ろに伸ばして振り上げた姿勢から
足を前に蹴ろうとする方向に力を加えている状態、
 または、
ii.歩いている時の後ろ足を
次の一歩のために前に出そうとする状態を、
•うつ伏せにした形になっています。
◦その場合に仙骨には、
仙骨を少し反らした状態から
右側の反りを左側より緩める方向に動かそうとしながら
右前、つまり右のお腹側に捻転させる動きが加わります。
•同じ効果を上げると紹介した、
付きやすい左足をお尻に付けていく動きでは、多くの場合、
途中から曲げた左足が右足のほうに倒れていき、しかも、
左膝を持ち上げると気持ち良さが深くなる
という事は前回も紹介しました。
◦この場合の仙骨に伝わる動きは、やはり
仙骨を反らしながら、
しかも左側をより反らせながら、
つまり右側の反りは比較すれば弱めながら、
右前のほうに仙骨を捻転させる動きになっているように思いますが、
いかがでしょう。

背骨に伝わる動きで決まるのは、直立2足歩行するから †
•どうして、
背骨に伝わる動きが同じ操体は
似たような効果を上げるのか
という点については、
ヒトは直立2足歩行するサルだからかな
と思っています。
◦直立2足歩行がヒトの最も基本的な動きで、
その動きは背骨を中心に為されているためかな、
魚が背骨を横に振って泳ぐように・・・などと考えています。
•この見方、つまり
背骨に伝わる動きが同じ操体は似た効果がある
という見方を思いついてから日が浅いので、まだ、
いろいろな操体操法をすると動きは背骨にどう伝わるかについて、
全て調べてみたわけではありません。
◦ですから、例外が見つかるかも知れません。
■みなさんがお得意の操体操法で調べてみて、
違う例が出てきたらお知らせ下さい。

次回は、タワメの間から効果を出したい点を予測 †
•次回は、
そういう見方で操体を見ていった時に、
行っている操体操法が背骨のどの辺りに最も影響を与えているか、
それから発展させて、
一つの操体操法で
タワメの間である特定の姿勢になった時に、
その姿勢は体のどの辺りに効果を上げようとしているか
を判断する方法に付いて書く予定です。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional