和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

肩の動作鍼

動作鍼の基本の復習 †
•動作鍼は、関節可動域制限に効果がある刺法

動作鍼の準備後始末を含めた手順 †
1.前準備
◦丁寧な前準備は、基本刺鍼終了まで
◦簡便法の前準備は、手足甲への引き鍼
2.動作鍼
3.後始末
◦再度手足の甲に引き鍼

動作鍼そのものの手順 †
1.動作の可動域のチェック
■先ず制限のある動作を痛む手前までしてもらう
2.ひっかかっているツボを見付ける
◦ツボは、
動作の軌跡が描く面と皮膚表面とが交差するライン上で
(その動作で最も筋肉が伸びるラインと縮むライン上で)
一番凹む処に出ている
3.その姿勢のまま刺鍼
◦見付けたツボに、その姿勢のまま刺鍼する
4.再度チェックし、動作制限があれば繰り返す
i.刺鍼後一度姿勢を戻してから、
制限の在った動作を再度してもらうと、関節可動域が少し広がる
ii.広がった姿勢から、また、
先ほどのライン上で
先ほどよりも少し関節から遠ざかった処に出ているツボを見付ける
iii.見付けたツボにに刺鍼
iv.刺鍼後検査すると、また少し余分に動くようになるので、
再度ツボが出ていたら刺鍼
◦動作制限のチェックと刺鍼を
日常生活に不便が無い程度に動くようになるまで繰り返す

肩周りの痛みの動作鍼 †
•肩周りの可動域制限は、腕を上げる動作と腕を捻る動作の二つが主な物
◦実際には、それらを組み合わせた動きになるが、
先ず、頭で理解しやすいように、単純な二つの動きに分けて解説

肩周りの動作鍼の基本手順 †
•座位が基本
1.前準備
•前準備は、丁寧に行う方法と簡便法がある
◦丁寧な前準備は、手の甲に刺鍼してから、肩周りの基本のツボに刺鍼
◦簡便法は、手の甲に引き鍼だけする
1.いくつかの動作鍼を行う
◦色々な種類の動作鍼を日常生活に支障がないまで行う
2.後始末
◦後始末の手甲への引き鍼は、始めと同じラインになったら八邪を使う

挙上制限 †
•腕を上げる動作は、前方、側方、後方の3種類
•この時に動作平面と皮膚表面の交差ラインは、
動作をすると最も縮むラインと伸びるライン
◦比較すると、伸びようとしているラインに多くツボが出る
■少ししか上がらないうちは上腕から手首にかけての方向にツボが出る
■床に平行に近づく頃から
反対方向の肩の胴体側、首、背中、胸にツボが出る
 (或る程度以上に腕をあげようとすると、腕の筋肉だけでなく)
 (胴体側の筋肉も使うため)
•症状が出てから間もないうちは腕の陽経側だけで対処可能
◦古くなると陰経側にもツボが出て陰経側に刺鍼しないと効果が出ない
■陰経側の刺鍼は少し難しくなるので次回に回す
今回は陽経側のみでの対処法を練習

側方挙上制限 †
•腕の側方挙上制限では、
最も縮むラインは少陽で、最も伸びるラインは厥陰
◦今回は陽経側のみで対処
1.前準備
■前準備を簡便法として手甲刺鍼だけで行う場合には、
4,5間よりも3,4間にツボが出ている可能性が高い
2.動作制限のチェックでツボを探し刺鍼
i.先ず、痛む直前まで腕を横に上げてもらう
ii.その姿勢で肩峰(肩関節の一番尖った処)から手首に向かって、
手の少陽に沿ってツボを探す
iii.その姿勢のまま刺鍼
3.再度チェックし繰り返す
i.一度腕を下げてから再度側方挙上してもらい
少し手首のほうにずれたツボを見付ける
ii.そのツボにその姿勢のまま刺鍼
iii.また少し上がり・・・
•日常生活に不便無い程度まで、繰り返す
◦床に平行に近く上がるようになると、
ツボが肩峰から首に向かう少陽ラインに出る
 (上がるに従って首に近い処にツボが出る)

前方挙上制限 †
•前方挙上制限腕では、
最も縮むラインは陽明で、最も伸びるラインは太陽
◦手の甲のツボは4,5間と1,2間に出やすい
■伸びるラインのほうが制限になっている場合が多いので、
簡便法の時には、前準備として手の甲4,5間に刺鍼
そして、肩峰から手の太陽ラインの動作鍼を行う
•始めは腕にツボが出るが、
床に平行に上がった位から肩峰から背中側の肩胛骨周りにツボが出る
 (凹んで見えるラインを探す)
•日常生活に支障がない程度になれば終了だが、
制限が残った時には、手の陽明ラインの動作鍼も行う

後方挙上制限 †
•後方挙上制限では、
最も縮むラインは太陽で、最も伸びるラインは陽明
•手順が陽明が先で太陽が後になる事と、
或る程度以上上がると胸側にツボが出る事、
その二つ以外は前方挙上制限と同じ

組み合わせ †
•前方や後方の挙上制限の方向が少し斜めだと、
側方挙上制限が混じるため陰経側にもツボが出る
◦斜めの程度、つまり制限された挙上角度に応じて
厥陰経だけでなく、太陰経や少陰経にも出る
■次回練習

捻転制限 †
•腕を捻る動作の制限への動作鍼

小指を手平側に捻る動作の動作鍼 †
•先ずは、小指を手の平側に捻る動作制限、多いので。
•伸びる側は、腕を垂らした状態で、肩峰から胸に向かって腕に直角なライン
縮む側は、肩峰から背中に向かって、腕に直角なライン
◦腕を捻る時には、腕を少し上げている場合が多いので、
腕に直角なラインは床に平行にはならないで、
肩峰から遠ざかるに連れて床に少し近づく
■腕が上がる角度が大きければ徐々に床に垂直なラインに近づく
•捻転を痛む直前で行えば、
ツボが出ているラインが溝状に凹んで見える事が多く、目安になる
•伸びる側の肩峰から胸に向かうラインを肩峰に近い側から順番に動作鍼

小指を手甲側に捻る動作の動作鍼 †
•小指を手の甲側に捻る動作の制限の場合には、
伸びる側と縮む側が逆になるだけ

組み合わせ †
挙上制限と捻転制限の組み合わせ

1.その動作をした時に
最も伸びようとするラインと縮もうとするラインを予測して、
良く見てみれば、ほとんどの場合に溝状に凹んでいるラインが目に入る
2.そのラインを肩峰から辿って、
特に凹んでいる処を押してみれば、ツボが出ている
3.そこにその姿勢で鍼をし、戻してから再度調べてを繰り返せば良いだけ
•捻転の場合や、腕が平行近く上がった場合には、
胴体側に凹んだラインが出る

次回 †
•今回の基本に次回の陰経側を組み合わせれば、
肩周りの全ての動作制限に対処可能

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional