和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

肩こり、手荒れ、痺れに手小指薬指に粒鍼・円皮鍼

肩こり、手荒れ、痺れに手小指薬指に粒鍼・円皮鍼

•肩こりは、小指や薬指の爪の根本にある井穴というツボを揉んだり、
金属粒や貼る鍼を貼ったりすると軽減できます。
◦お薦めは、金属粒は阪村研究所のマグレイン、
     貼る鍼はセイリンのパイオネックス0.6mm。
■東洋医学書籍・用品の店のリストから各社HPに行ってみてください。
•井穴の場所と探し方
◦井穴の場所は以下の絵を参照してください。
◦その辺りで最も凹んでいる処がツボで、爪の両側にあります。
■楊枝の頭くらいの物で探して見て、押して痛い処を選びます。

指揉みも良い
◦上の絵の節紋から八邪(水掻き)の当たりを揉んだり押したりするのも良いです。
■揉み方は、指揉みを参照してください。
•爪にX印を描く
◦爪の上にナイフ等でX印を軽く描いても良いですが、
強く描くと爪が割れますので注意してください。
■数時間程度で消えますので、消えたらまた描いてください。
■Xの線が井穴に向くと良いとも言いますが、
まぁ、そんなに細かくこだわらなくても良いと思います。
•手荒れ、手の痺れにも効果的
◦この方法は、パソコンや携帯の使いすぎで、指先が荒れたり、
指や手にピリピリビリビリした痺れた感じがする場合にも
効果的です。
•上半身の操体を併用
◦首、肩、背中、脇の下等が凝っていると効きにくいので、
パソコン作業で疲れたら」や「古い五十肩に脇の下のカワの操体
に載せた操体もしてみてください。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional