和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

立位からの操体

はじめに †
 立位からの操体は、立って歩くのが基本的動作であるヒトの動きの最終調整に向きます。
また、障害や病気で歩けなかった方にも使います。


立位からの動きの操体 †

.1.手や腕を前で組んでもらって、前から支える †
 (1)ラクな立位になってもらう

 (2)手を組むなどしてもらって支え、捻転などしてもらうことをきっかけに
    1.手を組むか、合掌するか、腕を組むか選んでもらう
    2.上下・左右・前後の置きやすい位置に置いてもらう
    3.組んだ手や腕を捻転したりすることをきっかけに動いてもらう
       a.捻転以外だと、掌屈・背屈、トウ屈・尺屈でも良い
       b.腕を組んだ場合には、左右の肘の突き出しもある
       ※.きっかけがゆるまないように操者が支える

 (3)連動をうながす言葉をかける
     例1.「気持ち良さが深くなる姿勢を探してゆっくり動いてください」
     例2.「体重を前に移すのと後ろにではどっちがイイ感じですか?右と左では?」
     例3.「首を右にねじるのと左にねじるのでは、どっちがイイ感じですか?」

 (4)おなかに息がはいったか、イイ感じがあるか確かめ味わってもらう

 (5)戻したくなるか、止めたくなったら終える
 


.2.手を体に当ててもらって、後ろから支える †
 (1)ラクな立位になってもらう

 (2)手を体につけてから、前後屈×側屈×捻転をしてもらうことをきっかけに
    1.頭の後ろで手を組んでもらうか、腰に手を当てもらう
    2.その姿勢から前後屈、左右側屈、左右捻転の組み合わせを選んでもらう
      (胴体の3軸)
    ※。倒れないように両肘や腰などを操者が後ろから支える

 (3)連動をうながす言葉をかける(.1.と同じ様な)

 (4)おなかに息がはいったか、イイ感じがあるか確かめ味わってもらう

 (5)戻したくなるまで、止めたくなるまで続ける


.3.その場で足踏み、それから歩く †
 (1)ラクな立位になってもらう

 (2)その場で足踏みをする

 (3)足を上げやすいほうは高く上げ、上げにくいほうは低く上げて足踏み

  ※.同じようにゆっくり部屋の中を歩ってみる


立位からの皮膚の操体    †

.1.立位から一般的な皮膚の操体 †
 (1)ラクな立位になってもらう

 (2)ズラすところを選んでズレやすいほうにズラすことをきっかけに
    1.気になるところ、ズラしたいところを選んでもらう
      例:額、頭部、首・鎖骨、肩・上腕、背中、胸、脇腹、腰
      ※1.受け手の方がわからなければ、伝え手が気になるところを選ぶ
      ※2.ふれてイヤな感じがあれば別の場所を選ぶ
    2.ズレやすいほうにズラす
      ※.イヤな感じがあれば別の方向にズラす

 (3)連動をうながす言葉をかける
    A.1.(3)+「手首を捻りやすいほうに捻ってみてください」

 (4)おなかに息がはいったか、イイ感じがあるか確かめ味わってもらう

 (5)戻したくなるか、止めたくなったら終える


.2.髪の毛や体毛をズラす操体 †
 (1)ラクな立位になってもらう

 (2)髪の毛や体毛をズラしてみることをきっかけに
    1.頭頂部、額、側頭部、後頭部、腕などから気になるところを選ぶ
    2.髪の毛や体毛にフワーッと手のひらをのせる 
      ※.のせてイヤな感じがあれば別の場所を選ぶ
    3.ズラしてみてイイ感じのほうにズラす
      ※.旋毛の向きや髪や毛の生えている方向と、同じ方向か逆か

 (3)連動をうながす言葉をかける
    A.1.(3)+「手首を捻りやすいほうに捻ってみてください」

 (4)おなかに息がはいったか、イイ感じがあるか確かめ味わってもらう

 (5)戻したくなるか、止めたくなったら終える


.3.耳を動かしてみる(両耳同時にしてもよい) †
 (1)ラクな立位になってもらう

 (2)耳をつまんで動かしたり、耳の皮膚をズラしたりすることをきっかけに
    1.耳をつまんだりふれたりして気になるところを選ぶ
      (イヤな感じがあれば別の場所を選ぶ)
    2.動きやすいほうに動かしたり、ズレやすいほうにズラす
      (イヤな感じがあれば別の方向に動かしズラす)

 (3)連動をうながす言葉をかける
    A.1.(3)+「手首を捻りやすいほうに捻ってみてください」

 (4)おなかに息がはいったか、イイ感じがあるか確かめ味わってもらう

 (5)戻したくなるか、止めたくなったら終える

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional