和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

目の前の方に合わせて操体

臨床の場で操体を使いこなすため †
・臨床の場で操体を使いこなすために、目の前の方に合わせて操体する
  →ラクな姿勢をすこし強調してみることが基本(重さ→皮膚→動き)

    .1. まずは、ラクな寝方を強調する
      .1. 立って歩ける方は、下半身から整えるのが基本
      .2. 立って歩けない方は、背骨がS字状をえがき立つ状態からのズレを強調

    .2. 終了前には、背骨立ち姿勢でバランスを整え、上衝をおろす
      .1. 座位や立位で重さの操体をして立ちバランスを整える
      .2. 邪気が動いたようなら手の指もみで後始末


基本的な手順 †

はじめに声をかけておく(言葉の通じる方の場合) †
    「姿勢を変えたくなったら、どんどん変えてかまいません」
    「ただ、ユックリ動くようにしてください」


ラクな寝方からの連続操体
  (1)ラクな姿勢をになってもらう(※1)
     + 足指をすこし痛くして逃げてもらって姿勢を観察(※2)

  (2)イイ感じを探し、キッカケにする(※3)
     .1. 目立つところを強調する操体をしてイイ感じを探す(※4)

  (3)気持ちよさがより深くなるように付け足す、イイ感じを増やす(※5)
     .1. 目の付けどころ
       .1. 背骨、とくに腰椎の4種8方向(3軸+伸縮)
       .2. 体重移動
       .3. 8方向手足末端の位置や手首足首の向き、目の向き(首の向き)
     .2. 付け足し方
       .1. キュークツそうに見えるところを動かしてあげる
       .2. 手足の指もみ反らし、関連するシコりへのかるい按摩指圧、ゆらし

  (4)イイ感じがあるか確かめ味わいつづけてもらう
     ・腹の息が深くなるか、イイ感じが深くなれば、続ける
      .+. タワメの間では、おなかの息や、シコり(周囲)の変化を観察 

  (5)姿勢を変えたそうなら終え、つぎの操体へ(※6)
     ・新しい姿勢を強調することをきっかけにつぎの操体をはじめる

  (…)(1)から(5)を時間終了まで繰り返す


仕上げと後始末 †
  (1)5~10分前になったら座位で重さの操体(※7)
     (立ってバランスが悪いようなら、立位で般若身経などをする)

  (2)座位で手の指揉み(※8)


注記 †
※0. 今度の10人通しには、イイ感じがわからない方もくると思います。
    どうするか、腕の見せ所です。

※1.1. 解らない方の場合には、横向き寝から始めるとよいことが多い

※1.2 肩など上半身が主訴の場合
    .1. 座位から始めてもよい→重さの操体を加えれば、下半身もある程度整う
    .2. うつ伏せ肘上げが効果的な場合も多い

※2. シコりがあっても麻痺して痛くない方には、痛みが出るまで揉むのもひとつの方法

※3. パッと見てわかるか、10人通しでは、ひとつふたつしか操体する時間がないので。

※4.1. 背骨がS字状のカーブをえがき立つ状態から外れているところを強調していく
    これは、障害をもっていない方に操体するときも、大きな目の付け所
    →重さの操体をまずするのがよいのも、そのためかも

※4.2. 立って歩ける方は下半身から操体するとよいことが多い
    ・その中でも、膝裏~脹ら脛、仙蝶関節~大転子、足首がポイント

※5. 重さの操体に、背中や脇腹の皮膚の操体、手足のもみ、指もみ反らしを加える
   こうすると、一つの操体だけで満足していただける可能性もあり

※6. 時間がない場合には、ひとつしかできないことも

※7. 軽い方には、これだけでもよいくらい
   手首の捻転などを加えれば、肩のシコりもある程度軽くすることが可能

※8. 現在では、手技でも邪気が動く方が多いので必ずしたほうがよい

※9. まとまてみると、下記がよく使うかな

   肩などなら、1. うつぶせ寝で、顔の向いている側の肘の持ち上げ
         2. 座位で、脇の下前後の水掻き+手首捻転
           (+座位で、頭の後ろの手のひら返し+天井上げ)
         3. 座位で、重さ
         4. 座位で、指もみ

   腰などなら、1. 横向き寝で、重さと皮膚、膝裏シコり取り、指反らし
          (+仰向け、うつ伏せになったら、膝たおし、爪先あげ、足首捻転)
         2. 座位で、重さ
         3. 座位で、指揉み

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional