和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

病の分類

  • 鍼での治療では、病はまず四つに分ける。
1.「太陽の病」(「後ろの病」)
2.「陽明の病」(「前の病」)
3.「少陽の病」(「横の病」)
4.「陰の病」 (「内の病」)

太陽の病

  • 太陽の病は、体の後側に主症状が出る病で、
    痛みが激しいことが特徴。
    • 人間の体は、背骨を境に後ろの筋肉で前の内臓を支えている。
      この後ろの筋肉が凝り固まると
      その間を通る感覚神経の根本を圧迫するためだろう。
      • 典型例は、
        座骨神経痛で、患側の尻えくぼの表面がぺこぺこで奥に硬い痼りがある。

代表例は、上部は肩こり、下部は腰痛

  • 急性の場合
    楽な姿勢で、先ず、
i.関連する陽経の指間穴に引いた後、
ii.患部に軽く刺鍼し、その後、
iii.関連する陽経を出ているツボを探しながら末端へ。そして、
iv.治療を終える前に動いてもらい、
痛い一歩手前、動かせない一歩手前で止まってもらい、
引っかかる処に刺鍼すると、
関節可動域が広がる(動作鍼)。
v.終わりに、関連する陽経の手首より先に引くと良い。
(肩→手陽経、腰→足陽経)

陽明の病

  • 陽明の病は、体の前面に主症状が出る病で、
    ツボが浅く、熱が高く、動きが速いことが特徴。
    • 邪気が顔や前頭部に突き上げる上衝を伴うことが一般的。
      • 陽性の精神症状が出やすい(素問経脈編)
        (実する事の方が多いので上記の様になるが、
         虚す場合もあり、その時は陰性の精神症状を伴う)

代表例は、更年期障害やかんの虫、熱射病など。

[check]不眠は、太陽の病と陽明の病の合病であることが多い。
[check]邪気を散らし、下げることと、手早い刺鍼が大切。
[check]腹の虚があれば補う。

i.合谷に強めに引き鍼した後、
ii.前頭部付近の熱い処を散鍼し、また、
iii.手陽明経に引き鍼をする。

少陽の病

  • 少陽の病は、体の横・側面に主症状が出る病で、
    ツボが深く、変わりにくい事、ぶり返しが多い事を特徴とする。
    • 軽くても治りにくい病は、少陽位にツボを探すと良い。

代表例は、脇痛、めまいや耳の病、中風、喘息,アトピーなどのアレルギー疾患

呼吸器系の疾患を伴う場合には、
肩胛骨外側縁(肩貞付近)にツボが出る。 
横から肩胛骨と肋骨の間に向かって押すと分かり易い。

陰の病

陰の病は、体の内に主症状が出る病

[check]全ての病は、陰の病の要素を持つとも言える。

  • 陰の病は、経絡で分類するよりも、
    上焦、中焦、下焦の上下横輪切りに分類した方が分かり易い。
    • 病が動かない時には、
      上焦は邪気、中焦は水毒、下焦は於血(食毒も)が多い。
      重さによるのだろう。どぶろくを思い浮かべると良い。
手足に引き、
背に引き、
邪毒を少しづつ減らしていく。 
また、腹に邪毒実することが少なければ、腹への灸も効果大である。
陽の病も急性期を過ぎたら、陰の病からの影響を考え、腹を整える治療と組み合わせると、再発を防げるし、体全体の生命力が増す。 
急性の病は、
体が発する危険信号、養生を促すサインと考えると良い。

古い病

古い病は、体の境目にツボが出やすい

  • 少陽は前後の境目なので、その病は古い事が多い。
  • 他の病でも古くなると、
i.少陽位や、
ii.手足と胴体の境目、
iii.上下境界の横隔膜付近、
iv.左右の境目である任脈、督脈等の近く(背中側の華陀経、腹の腎経)

 にツボが出る。

始めは、
歪んだ体にかかる付加を、筋肉の一番太い1行線付近で支えるので、
そこにツボが出るが、
だんだん支えきれなくなり、その脇で支えるようになるからだろう。

次回>>治療

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional