和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

片手刺し

片手刺し   鍼灸を独習(5)

1.はじめに

 今回は、片手刺しの練習です。これが出来ると自分で手のツボに刺せます。

  • 始めは、ティッシュや新聞紙、それから自分の足三里、手甲、手陽経を刺します。
  • 左手でも出来るように練習すれば、右手のツボにも自分で刺せるので、
    肘膝から先のツボを使う鍼治療は自分でできる事になり、
    自分で養生しながら鍼の腕を上げていく事ができます。

2.紙に刺す練習

  • 垂直に垂らした紙に片手で鍼を撚鍼していく練習です。
    • この方法は、操体の橋本敬三先生が『生体の歪みを正す』創元社の中で、
      細くて曲がりやすく刺しにくい銀の毛鍼の練習方法として紹介されています。
      「毛鍼の鍼先から1cm位の鍼体をつまみ、左手で立てた新聞紙
      (適当な大きさに切ったもの)に撚鍼していく。
       うまく通り抜けるようになったら、自分の足でやってみる。
       それから、押し手を使う撚鍼に進めば良い。」
    • 練習した結果、以下のことに気がつきました。
  1. はじめはティッシュくらいの紙の方がやりやすい。できたら、新聞紙へ。
  2. 鍼柄の重い鍼、長い鍼ではやりにくい。
    寸3の鍼柄がプラスティックの物が最初は刺しやすい。
  • というわけで、最初は、ティッシュを垂らし、それに捻りながら突き刺す練習をし、できるようになったら、新聞紙を垂らし、それにクルクル撚鍼しながら突き刺す練習をします。
    • 利き手でできるようになったら、
      反対側の手でもできるように練習します。

3.自分の足三里に片手で刺す練習

  • 同じ様に、鍼先から1cm位の鍼体を摘み、自分の足三里に片手で刺します。

i.足三里のツボの探す

  1. 脛骨と腓骨の間の真ん中あたりの筋肉の溝を
       膝のお皿の下側の脛骨と腓骨の間から足首のほうに指を滑らせて
      (または逆に、膝から15cmくらい離れたところから膝のほうへ指を滑らして)
       いちばんヘコんでいるところを見付けます。
       膝皿外側のラインで膝のお皿から指4本分くらい足首よりのヘコんだあたり。
  2. 楊枝の頭などで、そのあたりで一番ヘコんだところを見付け
       すこし強めに押して、痕が残るようにします。
    • 膝を60度位に曲げて立てて座ると
      ツボが見付けやすいし、鍼も刺しやすいです。

ii.鍼を立てるか、片手弾入する

  • 片手弾入が出来る方は、それをしてから行います。
    片手弾入が出来ない方は、痛くないようにそっと鍼をツボに立ててから行います。
  • a.片手弾入の仕方
  1. 鍼管に入れた鍼を中指と親指で挟んで持ち、残した痕の上に立て、人差し指で弾入します。
    (立てるときには、鍼管の上のほうを鍼と一緒にもって立て)
    (それから親指と人指し指を鍼管の皮膚の近くに移動させると弾入しやすい)
    押し手がないので、ある時よりも弾入は少し強めにします。
    ですが、余り強くすると痛いので加減してください。
  2. 鍼管を取り除きます。この時に鍼が抜けてしまわないように注意します。
    • b.鍼の立て方
       鍼先から1cm位の鍼体を摘み、
       残した痕の上に痛くないようにそっと鍼を立てます。

iii.撚鍼していく

  • 鍼先から1cm位の鍼体を摘んだまま、静かに撚鍼していきます。
    (刺そうと焦らずに、深さを変えずに皮膚の上を接触鍼をしている感じでコチョコチョ撚鍼しているほうが刺さりやすいです)

iv.何か変化を感じたら、その深さで横揺らしなどをする

  • 瞬きがはじまったり、息が深くなったり、
    ピリピリビリビリ来るような感じがしたり、
    硬い物にぶつかったり、急に痛たくなったりしたら、
    深さを変えないで、鍼を横に振ったり、左右に捻ったりします。
    (鍼を鍼管で叩いたり、細かくつついたりもします)
    (何をするかは何をするとイイ感じかで判断すると良いです)

v.変化が落ち着いたら、静かに抜く

  • 抜いてくる途中で変化を感じたり、抜き難くなったりしたら
    その深さで、また、しばらく横揺らしなどしていると、抜けてきます。
  • 利き手でできるようになったら、
    反対側の手でもできるように練習します。

4.手甲や前腕の手陽経に片手刺し

  • 手の甲にマグレインを貼ったときと同じ様にツボを探してから
    上に書いた足三里の時と同じ様に刺鍼する練習をします。
    • 先ずは利き手で反対側の手甲や前腕の手陽経に刺す練習をします。
      それから、反対側の手で利き手の手甲や前腕の手陽経に刺す練習をします。
  • ツボは指を滑らして凹んだ処を取ります。

5.症状の変化を良く観察する

  • 手甲など手陽経のツボは、肩胛骨・鎖骨から上の症状に効果的です。
    いま説明したように刺鍼すると、
    そういう部分の症状が軽くなると思います。
    • 症状の変化を観察するのも鍼灸の独習には役立ちますので、
      しっかり観察してください。

6.症状に合わせたツボ探しも可能

  • また、肩胛骨鎖骨から上の症状に合わせたツボ探しも出来ます。
    • 手甲など手陽経のツボと肩胛骨鎖骨から上の症状の関係は、
      親指側が体の前側、小指側が体の後ろ側が関係していて、
      耳辺りだと薬指と関係が深いです。
    • 詳しくは、「操体もくもく」の「体は自然4.II.縦切りの原則:経絡」を読んでみてください。

7.手陽経のツボに刺しながら運動鍼

8.次回

次回は、足の甲に灸点紙でお灸です。

  • 灸点紙と最上級点灸用艾を。用意してください
  • 質問は「養生の杜(掲示板)」のほうにお願いします。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional