和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

指揉み

はじめに †
•手足の指揉みのやり方と揉みのリズムについて説明します。

手の指揉み
•指の選び方
◦爪の根本や水掻きを抓んで一番痛い指を選ぶ
◦指を反らせてピリピリビリビリする指でも良い
•指を反らす方向
◦真っ直ぐ反らすよりも、
どちらかの指よりを反らすほうが余計ピリピリビリする事が多い

•節紋(指関節裏横紋端)の指揉み
i.一番ピリビリしたラインの節紋付近を探して小さな痼りを見付ける
ii.先ず少し痛くして受け手に痛さが減る姿勢を探してもらう
iii.痛さを弱めて揉み続け、
受け手には気持ちよさが深くなる姿勢を探してゆっくり動いてもらう
■関節可動域制限がある場合には、
その動きをゆっくり痛くない範囲で繰り返してもらっても良い
•八邪(手指の付け根の間の水掻き)の指揉み
i.一番ピリピリビリビリしたラインの延長上の水掻きを摘むと痛い事が多い
ii.先ず少し痛くして受け手に痛さが減る姿勢を探してもらう
iii.痛さを弱めて揉み続け、受け手には気持ちよい姿勢を探してもらう
■関節可動域制限がある場合には、
その動きをゆっくり痛くない範囲でで繰り返してもらっても良い

足の指揉み

手で自分や相手の足の指揉み
•指を選ぶ
◦足指を反らせて一番ピリピリビリビリする指を選ぶ
•節紋(指関節裏横紋端)の指揉み
•八風(足指の付け根の間の水掻き)の指揉み
◦足指の揺れを全身に伝える(受け手には楽な姿勢で寝てもらう)
■揉み方や足首の反らし方などを工夫して、足指の揺れを全身に伝える
伝わらない処に歪みのある事が多い

縄を使って足の指揉み(自分で脚の指揉みをする) †
1.楽な姿勢で
2.狙う指に直径6mm程の縄を掛け、縄の反対の端を手で握る
3.反対側の手の拳骨とこすり合わせと、脚の指揉みが出来る
◦痛くない姿勢、気持ちよさが深まる姿勢を探してゆっくり動いていく

揉みのパターンとリズムと強さ †

•一揉みの中には、動診、たわめ、瞬間脱力がはいっている
◦スーとツボの芯を動診して探しながら力を入れていき、
芯に極まった処で一瞬タワメ、小さくフッと瞬間脱力の繰り返し
■瞬間脱力しても力を抜く量はほんの少し
(直ぐタッと止める、押す力を0にしない)
◦2拍子から8拍子で繰り返す
■2回目から8回目で最後に少し大きめに瞬間脱力
  (直ぐタッと止める)
•次の場所に移るとしたらこの次の瞬間時
•※揉みの強さは、受け手が気持ちよく感じる範囲で探す

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional