和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

指周りの痛みに糸状灸

指周りに手の甲は遠くない †
•応急処置の原則は「遠くに強く引く」でした。
◦患部が胴や頭などの体幹部にある時には、
「遠く」として手足の甲が使われますが、
患部が指周りの時には手足の甲は「遠く」とは言えませんし、
手足の甲を使っても邪気を体の外に引けません。
■手足の甲の方が胴体に近いからです。
◦また、指周りは、鍼すると痛がられるので、
鍼は使いにくい事が多くなります。接触鍼なら可能ですが。
■そのため、鍼の場合には、巨刺を接触鍼で行ったりしますが、
調節が難しくなります。

指周りの辛さには糸状灸 †
•指周りや手の平,足の裏などの辛さには、
灸、特に硬く細く捻った糸状の直接灸が効きます。
◦突き指、指の捻挫、使いすぎによる指周りや手の平,足の裏の炎症や
腱鞘炎による指の痛みなどに効果があります。
手首足首などの痛みにも効果があります。
■手首足首などでは他の方法もありますので、
患者さんと相談の上、適切な方法を選んで下さい。
◦お灸の熱さが弱い方の中には、
指周りでも鍼のほうが良いという方もいます。

指周りのツボ探しのコツ †
•この方法のポイントの一つは、ツボ探しです。
•指周りのツボは細かいので、達人ならともかく、
普通の人には指では探せません。
•鍼柄くらいの太さの物で探します。
i.ツボの出てそうな辺りを
鍼柄程度の太さの物で縦や横に辿ってみて、
一番ペコペコ凹んでいる所を探します。
ii.そこを太さが鍼柄程度の物で押してみて
ツンという感じ、ピリビリという感じで痛かったら、
そこがツボです。

細かいツボ探しの道具 †
•鍼柄の太さで探しにくかったら、先ずは、
もう少し太い、直径3~5mmくらいのもので探してみてから、
鍼柄くらいの太さの物で探すと見付けやすいです。
◦竹串の太いほうを先端から8~10cm位の長さに切り、
先端を鍼柄の太さくらいの処で爪切りなどで切り落としてから、
両端を爪ヤスリなどで丸めると、ツボ探しの道具が出来上がります。
■指、竹串の太い方、竹串の細いほうの順で探せば、
誰にでも見付けられます。
•この道具は、
円皮鍼や皮内鍼、またはマグレインなどの粒鍼を張る時の
ツボ探しにも使えます。
◦耳鍼の時には、
先端を痛くない範囲でもう少し細くした物を使います。
•エゴマ油やビーワックスなどを塗ると汚れが付きにくく、使いやすくなります。

艾を細く硬く捻る †
•もう一つのポイントは、艾を硬く細く捻る事です。
◦底面の直径は0.5mm以下を目指します。
■それ以上太いと熱くなりすぎるし、痕が残りやすくなります。また、
ツボが細かいのでピンポイントで施術したほうが効果が上がりやすくなります。
■0.5mm 以下なら、黒くなっても
暫くするとポロッとはがれ落ちて、痕が残りません。
◦細く作るコツは艾を摘む時に細長く摘む事です。そして、
指に力を込めて一度捻れば、硬い糸状灸が出来ます。
•長さは5mm位必要で、
余り短いと線香を近づける時に熱いと言われやすくなります。

灸点墨を使う †
•細くて立ちにくいので、灸点墨をツボにつけて立たせます。
◦細い灸を立たせるのに紫雲膏やオイルを使う方もいますが、
どちらも油が使われているため必要以上に熱くなりやすいので、
あまりお薦めできません。

指周りの糸状灸による治療手順 †
•鍼による応急処置の手順と基本的には同じです。
1.先ず症状の確認をします。
◦どういう動作でどの辺りが辛いか良く確かめます。また、
◦指周り以外に辛さを感じている場所があるかどうかも確認します。
■肘膝、腰肩などにも辛さがある時には、
先にそちらの治療をしたほうが良いです。
■胴体寄りを治療した後に邪気を末端に引いてくると、
また指周りが痛み出す場合があるからです。
2.治療はまず井穴から
◦最も痛い場所の延長線上の井穴に灸点墨を付け
硬く細く捻った糸状大の灸を1壮します。
■これは鍼の場合の手足の甲への引き鍼に相当します。
3.次は最も痛む所
◦次に、最も痛む処に灸点墨を付けてから、
硬く捻った糸状大の灸を1壮します。
■たいてい1壮で充分ですが、
痛みが残っている場合には、もう1壮します。
4.井穴と最も痛む所の間
◦それから、最も痛む処と最初に灸した井穴を結ぶライン上で、
指関節周りの窪みなどでペコペコ凹んだ処を見付けて押してみて痛かったら、
そのツボにも灸をします。
■最も痛む処に近いほうから井穴に向けて探していきますが、
一つではなく幾つか見つかる事が多いです。
5.動作灸
i.試しに動かす
■最も痛むラインの灸を終えたら、
試しに患部を動かしてもらいます。
ii.残っている痛みに灸
■動かしてもらって痛みや辛さが残っていたら、
痛む直前の格好で痛む辺りを、
鍼柄ほどの太さの物を縦横に動かして一番凹んだ処を見付け
圧痛が有ったら、
灸点墨を付けてから灸をします。
■鍼の場合の動作鍼にあたる方法です。
iii.痛む所が無くなるまで繰り返す
■施灸後また動かして痛むようなら、
同じ様にツボ探しをして、灸をします。
動かして痛む処が無くなるまで続けます。
6.腕や脚、胴に痛みが出たら動作鍼
◦状態によっては、
動かすと前腕・下腿など胴よりに痛みが出てくる事もあります。
■指を動かす筋肉の筋腹は前腕の肘よりや下腿の膝よりにあるし、
指を動かす際には肩胛骨や骨盤や背骨も一緒に動いているからです。
◦また、手指の痛みの場合でも手指を使う姿勢によっては
足腰にも辛さが出てくる場合もあります。
◦そういう所の治療は鍼で行っても良いでしょう。
今まで説明してきた、動作鍼の方法で施術してください。
7.仕上げに井穴か指端に灸
i.関連する井穴か指端に灸
 最後に、施灸した箇所の延長線上の指の井穴を押してみて、
 一番痛い処に灸をします。
■指が何本か有れば、
それらの井穴の痛さを比較して一番痛い処を選びます。
■最初に灸した処と同じ井穴になったら、指端に灸をします。
■鍼の場合の最後の引き鍼に当たる方法です。
ii.足の親指の場合には、続けて陽経側にも灸
 足の親指の井穴の場合には、陰経側なので、
  そこで止めずに、
 陽経側の足指か手指の井穴の中から次に痛い処をみつけて、
  灸して終わります。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional