和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

指先でツボの上の皮膚を張る

ツボ探し †
・ラクな姿勢で横になってもらい、ツボや痼りを探す

指先でツボの上の皮膚を張る操体では、ツボ探しが一番のポイント
1.ラクな姿勢で横になってもらい、辛さなどをしゃべってもらう
2.ラクな姿勢や自覚的辛さ、腹診などから、目標のツボを見付ける
◦予測した付近で一番ペコペコ凹んだ場所が狙い目
i.ラクな姿勢で最も伸びてる、縮んでる、上の、下の、の計4ライン
■各ラインを指で辿り、もっとも凹んだ場所を見付け、押してみる
  調べる順、可能性が高い順は、1. 伸び、2. 縮み、3. 上、4. 下
ii.自覚的辛さの場所付近
iii.膝裏など操体で定番の痼り
■膝裏痼りは、膝裏のH字状の窪みの脹ら脛側の親指側と小指側の端が多い
iv.腹診をしてお腹の痼りから、一番悪そうなツボ
■腹診は、「鍼は引き鍼」の「慢性期の診察」を参照
v.古いツボの出やすい処を探して、一番悪そうなツボ
■古いツボは、「鍼は引き鍼」の「古いツボ、古い病」を参照
3.目標のツボや痼りと経絡的などで関連するツボを探す
◦関連は「操体もくもく」の「体は自然」の「負荷分担」を参照
i.経絡的関連。臍より上なら手、横隔膜より下なら足が候補。
ii.左右上下対角対称点
iii.その他

関連するツボ上の皮膚を張る †
•関連するツボの上の皮膚を指先で張った状態に保つ
1.ツボ上の皮膚をピンと張った状態に保つ
■指先でツボ上の皮膚を張る操体における一番の技術的ポイント
  指先が振るえたり、張りが緩んだりすると効果が出にくい
i.色々な方向に試しに張ってみて、一番張りやすい向きを見付ける
■張り方と指使い
a.皮膚にほぼ平行にズラして張る:上下、左右、斜め、捻りなど
 ・中指と薬指(人差し指)を反対方向にズラして張る(指と平行と直角)
   ・平行:中指を伸ばし、薬指(人差し指)を曲げる
   ・直角:中指と薬指、両指先の間を広げる
 ・親指と人差し指で円を作り、その間を広げるようにズラして張る
b.皮膚にほぼ垂直にズラす:沈める向きで孔の空いている方向
 ・中指でツボを一度押し込んでから少し離して皮膚を沈めるほうに張り
  少しずつ向きを変えて孔の空いているほうを探して、その方向に張る
ii.ツボ周りの皮膚がピンと張った状態を保ち続ける
■手や肘が安定するように支えられるよう工夫する
2.お腹に息が深く入ってきたら続ける
i.お腹の息を観察し、息が深くなったら続ける
■お腹の息が深くなる以外では、次のような事も効いている目安になる
 .1.指を当てている処で、ドキドキと脈が取れるようになる
 .2.受け手の方が、なんとなくポワーンとした気持ち良さを感じる
■暫くしても息が深くならなければ、付け足しをしてみる
ii.受け手の方に辛い感じがするか聞いて、辛ければ止め、別の場所に
■同じ経絡の次のツボなどが候補になる
 (「操体もくもく」の「体は自然」の「負荷分担」を参照)
iii.いろいろな付け足しをしてみる
■付け足しは、基本的には、動き、重さ、手平で肌への(カワの)操体と同じ
a.経絡的に関連する指を反らしたり、手首足首から先のツボを押したり
 (試しに反らしたり押したりして、息が深くなったり、
                  イイ感じになったりするかどうか)
b.声を掛けて、よりラクな姿勢を探してもらう
 (首の捻り曲げ、手を伸ばす方向、足の曲げ伸ばし、爪先反らしなど)
 「姿勢を変えたくなったら、変えても良いですよ。ユックリ動いてください。」
 「首はそのままで良いですか?
  どちらかに回したほうがイイ感じなら、そっちに向けてください。」など
c.目標のツボ上の皮膚も張ってみる
 (目標のツボ上は沈める向きで、関連するツボ上は皮膚と平行)
 (という組み合わせが良い場合が多い)

目標のツボや痼りの変化を確認 †
•お腹の息が普通に戻ったら、目的のツボや痼りの変化を確かめる
1.お腹の息が普通に戻ったり、受け手の方が止めても良い感じがしたら止める
2.目標の痼りやツボの状態が良くなったか調べてみる

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional