和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

手足陽経に痛くなく

手足陽経に痛くなく

手足の陽経引く

[check]鍼術の基本中の基本であり、要(かなめ)です。

  • 実技練習の1回目として鍼術の最も基本となる「手足の陽経への引き鍼」を練習します。
これを身に付ける事から、腕を磨き術を養う事は始まります。
繰り返し練習してしっかり身に付けましょう。

肩頚など肩胛骨・鎖骨から上の症状を手の陽経に引く

肩胛骨、鎖骨から上の症状は、手の陽経に引きます。
この部位は、漢方の世界で「表位」と呼ばれる処で、
病の初期症状が現れやすい処でもあります。

1.症状を受け手の方に話してもらう

  • 受け手の方は座位が基本
    • 練習の時は、首の動作制限などが見た目に解りやすいのでモデルに向きます。
      (施術前後の変化が分かり易いということ)

2.症状のある場所を左右、前横後の6分類の中から決める

  • 手の左右の陽経、前なら陽明、横なら少陽、後ろなら太陽
    • 実際に症状の出ている部分を触ったり押したりして確かめてから、症状の出ている場所が左右どちらか確かめた後、
      左右の中で前・横・後ろに3分類します。
      これが、どの経絡を使うか決める時の基本になります。

3.分類に従って、前腕に出ているツボを探す(座位が基本)

i.前腕陽経側の筋肉の溝に沿って、肘から手首に指を滑らせて探す 
 ■前腕陽経側は、手の甲の側で、外側なので内側よりも色が濃い事が多いです。
 ■症状が前側なら親指側、後ろ側なら小指側、横なら骨と骨の間を使います。
 ■その辺りの筋肉の溝に沿って、肘から手首に向かって指を滑らせます。
ii.凹んだ処、ベタベタした処、黒ずんだ処、押して痛い処を見付ける 
 ■そういう処がツボの出ている処です。
iii.二つ三つ見つかったら、嫌な感じや痛みの強いほう、深く凹むほうを選ぶ 
 ■受け手の方と相談して、嫌な感じや痛みの強いほうを選びます。
それらが同じなら深く凹むほうを選びます。

4.そのツボに痛くなく刺鍼する

i.押し手をしっかり、軽く1,2回弾入、静かに刺鍼していく 
 ■痛がられないように刺鍼できるように練習してください。
ii.受け手の方と声を掛け合いながら、受け手の方の様子を観察 
 ■受け手の方に、痛くないですか、どんな感じですかと声をかけ、
受け手の方は、できるだけ自分の体の状況を実況中継します。
施術者は、受け手の方の様子を観察します。
iii.瞬きや腹への息の入り具合を良く見る 
 ■特に見るのは、顔と腹で、顔は表情や瞬き、腹は息の深さを見ます。
瞬きが頻繁になったり、息が深くなったら、
鍼が効いていると見て良いでしょう。
iv.変化が有ったら、鍼を入れるのを止める 
 ■瞬きが頻繁になったり、息が深くなったら、
それ以上深く刺入するのは止めます。
v.撚鍼、横揺らしなどをしながら、非常にゆっくり抜いてくる 
 ■その深さで少し横揺らしや旋撚などをしてから、
ゆっくりゆっくり抜いてきます。
 ■抜いてくる途中でも、抜き難さを感じたら
横揺らしや旋撚などをしたほうが良いでしょう。
◦こういう刺し方を「速刺除抜」と言い、手足陽経の刺法の基本

5.症状が変わったか調べる

i.先ず、刺鍼した箇所の凹み、ベタベタ、色、痛さ、奥の堅さなどの変化 
 ■刺鍼後、先ず、刺した場所の変化を見ます。
指を滑らせてみましょう。
ベタベタした感じがなくなって、サラサラしていませんか?
見た目にも、黒ずみが消え明るくなったり、凹みが減ったりします。
押した時の痛みも減っている事でしょう。
ii.次に、患部の痛みや動作制限などの変化
患部のツボも同じ様に変化していますか?
動作制限などは改善していますか?

腰など下半身の症状を足の陽経に引く

同じ様に、胴体の下の方の症状は足の陽経側に引けます。
これも、腰などの動作制限などがわかりやすいと思います。

1.症状を受け手の方に話してもらう

  • 練習の時は、腰の動作制限などが見た目に解りやすいのでモデルに向く

2.症状のある場所を左右、前横後の6分類の中から決める

3.ラクな寝方で横になれるよう、姿勢を決める

  • 足の陽経は、脹脛など足の裏側の場合もあり、調べる場所によって受け手の方の取る姿勢を工夫します。
  • 実際には、重い腰痛などでは患部側を上にした横向きしか取れない事もあります。
  • 楽な姿勢を選ぶとツボも探しやすい事が多いです。

4.6分類に従って下腿に出ているツボを探す

  • 下腿陽経側の筋肉の溝に沿って、膝から足首に指を滑らせて探す
  • 脹脛など足の裏側の場合もあるので、受け手の方の姿勢を工夫する
  • 楽な姿勢の上側にツボが出ている事が多い
    • 筋の溝が腕よりも多いので、一つの溝で見つからない時は隣の溝に指を滑らして探します。

5.そのツボに痛くなく刺鍼する

  • 出ているツボに速刺徐抜で痛がられないように刺鍼します。

6.症状が変わったか調べる

  • 刺し終わった後には、施術箇所と患部の変化を観察します。
    可動域制限の変化も見ます。

痛いと言われたら

刺鍼が痛いと言われたら

[check]「痛い」と言われた人は、自分の足三里に刺せる鍼を太くしていく

■1番づつ太い鍼を刺せるように練習して、先ずは5番くらいの鍼を刺せるように。
■10番くらいの鍼を刺せるようになると、痛いと言われる事は少なくなります。
■できれば、30番くらいが自分の足三里に刺せると良いのですが、焦らずに。

筆者は、始め2番のディスポも痛かったのですが、
数年かけて、30番まで刺せるようになりました。

鍼の種類や手技と痛さの関係

      痛くない<--------------------->痛い

1.鍼  提鍼・小児鍼 金鍼 銀鍼 ディスポ     中国鍼 員利鍼 
2.太さ 霞 0 1 2 3  5  8   20  30   50 
3.切皮 接触鍼  撚鍼  弾入(極軽め1回 並2,3回  強く5回) 
4.刺法 横揺らし 単刺  旋撚   雀啄  回旋   回旋&雀啄 
5.押手       強め          弱すぎ 
[check]現在では、ステンレスのディスポよりも銀鍼を痛いという方のほうが多い!

若い方ほど、その傾向があります。
体の中に溜まっている化学合成物質が多いと筋肉のベタベタした感じが強くなり、
銀鍼の筋肉との親和性の高さが、逆に、くっつきやすさに繋がります。
くっつきやすいので、動かすと筋肉が引っ張られ、痛い感じを与えやすいからのようです。

弾入が痛いと言われたら

1.押し手の下、ツボの上の皮膚をピンと張らせる

  • 押し手の両指の皮膚に近い側をツボから離す方向にほんの少しズラす
    • 押し手の両指の皮膚に遠い側で鍼管をしっかり挟み、
      そこを支点にして、近い側をズラしていくと、
      ツボの上の皮膚が軽くピンと張った状態が作れます

2.軽く1,2回弾く

  • ディスポのステンレス鍼なら
    皮膚の一番上の表皮に少し刺されば良いので。
    • 床に水平な皮膚面なら、
      弾入せずに鍼管を取り除いても、刺鍼できるほどです。

[check]弾入が痛くなく出来るのは、1番から5番まで

  • 0番以下、霞鍼などは、曲がりやすいの弾入しにくく、撚鍼で切皮
    • ディスポの0番弾入出来ますが、銀鍼は難しいです。
  • 6番以上の鍼は痛いので、横揺らしなどで切皮

深くて届かなかった時は、回旋術

足は下腿でも太いので、ツボが見つかった場所によってはツボが深くて、短い寸3くらいの鍼では、鍼先がツボの底の痼りに届かない場合もあります。 
  • そういう場合には、回旋術を使います。

回旋術のやり方

i.どちらか一方に無理のない範囲で捻れるだけ刺し手で捻る
ii.その状態からパッと離す 
 ■どちらか捻れやすいほうに行うと上手くいく事が多いようです。
 ■こうすると、届かなかったツボの底の痼りにも変化が出るようです。
◦抜いてくると、表面はサラサラとして、押しても痛くなくなっている場合が多いです。 
 ■螺旋的な力は遠くまで届きやすいからかも知れないなと思います。

[check]下腿ではツボが浅い場合でも、
これから練習していく腰や臀部、大腿では深い場合があるので
覚えて置いてください。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional