和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

手足の甲のツボと運動鍼

応急の原則:遠く強く、頭・胴体:手足甲の陽経に引く †

鍼による応急処置の基本原則は「遠くに強く引く」 †
•痛みが強ければ強いほど遠くに強く引き、局所には軽く浅く刺すのが基本
◦局所は散鍼程度に留める事もある
■痛みが強い時に、遠くに強く引かずに
局所に強く深刺しをすると症状を悪化させてしまう事もあるので
注意が必要

症状が頭や胴体なら、手足甲の陽経に引く †
•症状が頭や胴体の場合には、手足の甲の陽経側に引くのが基本
◦この刺鍼は、応急処置をする時に最初と最後に必ず行う
■つまり、これから毎回手足甲への引き鍼をするという事

手足甲に引きながら運動鍼 †
運動鍼は、刺鍼しながら患者さんに患部を軽く動かしてもらう方法

•患部に経絡的に関係する、肘膝から先に刺鍼しながら
ラクに動ける範囲でゆっくり動いてもらう
◦運動鍼は、肩頚の症状に特に有効
■手の甲に刺鍼しても、肩首は動かしやすいから
◦腰の場合には、動かしづらい時も
■無理のない範囲で行うか
■無理のない範囲で立ち上がってもらい、
手の甲に刺鍼しながら腰を動かす方法を採る

手足甲・陽経に引きながら運動鍼の手順 †

手の甲のツボで運動鍼 †
•肩頚・頭・顔などの症状の応急処置
◦肩胛骨、鎖骨から上の肩・首、顔、頭などの症状は、
手の甲のツボに刺鍼しながら運動鍼
1.四診、動診をして手甲のツボを見付ける
i.症状を受け手の方に話してもらう
■首の動作制限などが見た目に解りやすいので練習時のモデルに向く
ii.症状のある場所を左右、前横後の6分類の中から決める
■目で見たり、手で患部を触ったり、
動ける範囲で動いてもらったりして、6分類から選択
iii.手の甲のツボを探す(座位が基本)
■患部の左右で左右どちらかの手を選び、
前なら手の甲の親指側、後ろなら手の甲の小指側を探すのが基本
■鼻、目頭、前歯:親指、人差し指の間
瞳、臼歯   :人差し指、中指の間
目尻、耳   :中指、薬指の間
耳、後頭後頚部:薬指、小指の間
a.井穴や水掻きを抓んだり、甲の骨間を押したりして、見当をつける
 ・手甲のどの骨間にツボが有りそうか見当をつける
  1. 骨間の狭い処、抓んだり押したりして痛い処
  2. 手を軽く開かせてみて、見た目に指と指の間が狭い処
  3. 指を反らせみて、ピリピリビリビリする感じが強い処
 (水掻きというのは、指の付け根と指の付け根との間の部分)
b.見当をつけた骨間からツボを見付ける
 1. 見当をつけた骨間に指を滑らして凹んだ処を探す
 2. 押してみて痛かったら、そこがツボ
 ※:手の甲の骨間は狭いので、
   指先を縦に動かしたら骨間に入らないので
   指先を横に動かすのがコツ
  「横」とは爪の表面に平行な方向、
  「縦」というのは指を折り曲げる方向
  (参照:深谷伊三郎先生「指を細く使うのがツボ探しのコツ」)
c.二つ三つ見つかったら、嫌な感じや痛みの強い方を採る
2.そのツボに刺鍼しながら、患者さんに頭首肩を動かしてもらう
i.押し手をしっかり、軽く1,2回弾入、静かに刺鍼していく
■痛がられないように刺鍼
ii.受け手の方と声を掛け合いながら、受け手の方の様子を観察
iii.瞬きや腹への息の入り具合を良く見る
iv.変化が有ったら、鍼を深く入れるのを止める
v.旋撚などしながら、頭首肩を楽な範囲で動かしてもらう
■その深さで、横揺らしや旋撚などの手技をしながら
受け手の方に、ラクに動ける範囲で、ゆっくり
頭首肩を動かしてもらう
(気持ちよさを探していくような感じでゆっくり動いてもらうのがコツ)
動作制限のあった方なら、その動作を楽に出来る範囲で繰り返してもらう

■だんだん楽に動かせる範囲が大きくなったら、改善の証拠
3.症状が変わったか調べる
i.先ず、刺鍼した箇所の凹みなどの変化
■刺鍼した箇所の凹み、ベタベタ、色、痛さ、奥の堅さなどの変化を確認
ii.次に、患部の痛みや動作制限などの変化

足の甲のツボで運動鍼 †
•腰などの症状の応急処置
◦腰など下半身の症状は、足の甲のツボで応急処置
■手より動かしづらいので、動かせない時には刺鍼のみで良い
1.四診、動診をして足甲のツボを見付ける
i.症状をモデル役に話してもらう
ii.症状のある場所を左右、前横後の6分類の中から決める
■目で見たり手で患部を触ったりして、左右・前横後ろの6つから選択
iii.楽な寝方で寝てもらう
■患部が上になるように寝てもらうと、
患者さんも寝ているのが楽だし、
ツボ探しや刺鍼も楽に出来る事が多い
iv.足の甲の陽経側のツボを探す
■探し方は、手の甲と同じだが、足の場合には、
指の足裏側の関節部の皺(横紋)の端がツボ探しの狙い目
そこに小さいけれど押すと大変痛い痼りが出来ていたら、
その延長線上の甲にツボが出ている事が多い
■うつ伏せの場合には膝を曲げてもらうと探しやすい
■目安としては
 1. 腹など前  :2指・3指の間
 2. 横(&冷え):3指・4指の間
 3. 腰など後ろ :4指・5指の間
■2,3箇所見つかったら、
一番違和感の強い処、痛いツボを選ぶ
2.そのツボに刺鍼しながら、患者さんに腰を動かしてもらう
i.押し手をしっかり、軽く1,2回弾入、静かに刺鍼していく
ii.患者さん役と声を掛け合いながら、患者さん役の様子を観察
iii.瞬きや腹への息の入り具合を良く見る
iv.変化が有ったら、鍼を入れるのを止める
v.患者さんに、楽な範囲で腰を少し動かしてもらう
■(気持ちよさを探しながらゆっくり)
■患者さんが動かせない時は、刺し手を離して、術者が動かしても良い
■動かしづらい時には、動かさなくとも良い
■だんだん楽に動かせる範囲が大きくなったら、改善の証拠
3.症状が変わったか調べる
i.先ず、刺鍼した箇所の変化の確認
■凹み、ベタベタ、色、痛さ、奥の堅さなどの変化
ii.次に、患部の痛みや動作制限などの変化

腰などの症状の応急処置を手の甲のツボで運動鍼 †
•患者さんが立って動ける程度の腰の動作制限なら、
手の甲4,5間のツボ(や後渓)で運動鍼も可能
◦2.の後にやっても良いし、
2.で運動鍼が出来なかった場合で
立ち上がって調べたら動作制限が残っていた時などに試みる
1.ラクな姿勢でで立ってもらう
◦壁や机などに手をついても良い
2.手甲のツボに刺鍼しながらラクな範囲でゆっくり動いてもらう
◦辛くない楽な範囲で
気持ちよさを探しながら動いてもらうのがコツ

•立位での運動鍼で足の甲4,5間を使わないのは、
立位では足の甲は緊張しているので緩みにくいから

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional