和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

手甲にパイオネックス

手甲にパイオネックス   鍼灸を独習(2)

1.はじめに

 今回は、指を調べたあと、手の甲のツボを探し、
そこに0.6mm円皮鍼パイオネックスを貼ってみます。

2.ツボの探し方

  • i.先ず指周りを調べる
    先回書いたように手の指周りを調べて、痛い場所を見付けます。
    • 特に、指と指の水掻きみたいな処が厚かったり、
      押して痛かったりする処を見付けてください。
  • ii.手の甲の凹んだ処を探す
    見付けた処から手甲の骨と骨の間に向かって
    反対側の指を滑らして辿っていって、凹んだ処を見付けます。
    • この時に指の横側を手の甲につけるのがコツです。
      お灸の名人深谷伊三郎先生は
      「指を細く使え」という言葉を残されています。
      指紋の有る処よりも指の横側のほうが細いでしょう。
      指に墨を付けて紙に線を引いてみても、
      指腹で引いた線よりも指横で引いた線の細く引けます。
    • 手の甲の骨と骨との間は狭いので、
      指横のような細い処のほうがツボが探しやすいのです。
    • また、普通、ツボ探しは毛並みに沿う方向に探すのが基本ですが、
      この場所は、指のほうから探すほうが探しやすいと思います。
    • 探す指と皮膚表面の角度は45~60度くらいが探しやすいです。
      <<<指先よりも少し横寄りのほうが細くて硬めだからです。
    • 凹んだところが2,3あったら、押して痛いか嫌な感じの処を選びます。
  • iii.ツボを直径2mmくらいに特定し、パイオネックスを貼る
    見付けた場所は直径1cm弱くらいの範囲で特定できると思います。
    それ以上細かくツボを特定するには指だと難しいので、
    道具を使います。
    • 竹串か楊枝を用意して、太いほうの端の角を爪ヤスリで丸くします。
      反対側の尖っているほうを太さ1mmくらいの処で
      爪切りで切り落とした後、爪ヤスリで角を丸くします。
    • 先ず太いほうを、先程見付けた場所の中を
      横切るように滑らして一番凹んだ場所を見付けます。
      少し強めに押すとツンという感じの圧痛が有ると思います。
      (押す角度によっても違うので、いろいろ試してください)
    • 押した痕を見ると凹んだままになっています。
      (比較すると、ツボでない処は凹んでもすぐ凹みが消え元に戻りやすいです)
      その中心を目標に円皮鍼を貼ります。
    • 直径1mmの細いほうは、
      骨空、拳先などのもう少し細かいツボを特定するのに使います。
    • 指からいきなり爪楊枝の頭の太さでは難しいという場合には、
      丸い竹の割り箸やホットドッグの串などの太いほうの
      角を落とした物で探してから、楊枝の頭で探すと良いでしょう。
    • 皮内鍼の赤羽幸兵衛先生はアルミの鉛筆キャップを
      薦めていますが、それでも良いでしょう。

3.症状の変化を良く観察する

  • 手の甲のツボは、肩胛骨・鎖骨から上の症状に効果的です。
    いま説明したように貼っておくと、
    そういう部分の症状が軽くなると思います。
    • 症状の変化を観察するのも鍼灸の独習には役立ちますので、
      しっかり観察してください。

4.症状に合わせたツボ探しも可能

5.次回

次回は、足の爪の上です。

  • お灸千年灸や釜屋ミニなどの温灸を用意してください。
  • 質問は「養生の杜(掲示板)」のほうにお願いします。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional