和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

手の指にマグレイン

手の指にマグレイン   鍼灸を独習(4)

はじめに

 今回は、指を調べたあと、手の指のツボを探し、
そこにマグレインなどの粒鍼の銀を貼ってみます。

  • 特に井穴が貼りやすいので、そこに貼る事が多いです。
    • どちらかというと寫法的な使い方なので銀のほうが向くようです。

1.ツボを探す

  • i.先ず指周りを調べる
    今まで書いてきたように手の指周りを調べて、痛い場所を見付けます。
    • 特に、指と指の水掻きみたいな処が厚かったり、
      押して痛かったりする処を見付けてください。
      指を反らしてピリピリビリビリした感じが強い処も候補です。
  • ii.手指の井穴で押して痛い処を見付ける
    • 楊枝や竹串で作ったツボ探し道具を使って、井穴を探します。
      (径が1mm位の物が探しやすいです)
      (鍼柄や出なくなったボールペンの先とかでも良いです)
    • 爪の下の角から少し外寄り斜めの方向で手甲に向かって
      ツボ探し道具を滑らして凹んだ処を見付けるのがコツです。
  • iii.2つ3つ見つかったらよく観察して選ぶ
    • 幾つか見つかったら、
  1. 押した時の痛みが激しい
  2. 押した痕が他よりも黒っぽい
  3. 押した痕が他よりも深く窪む
  4. 押した痕がなかなか元に戻らない
    処を選びます。

2.見付けたツボにマグレインを貼る

  • 押して出来た窪みにマグレインなどの粒鍼をはめ込むように貼ります。
    • その上からマイクロポアーのような紙バンを一周指に巻いておくと
      はがれにくいです。

3.症状の変化を良く観察する

  • 手のツボは、肩胛骨・鎖骨から上の症状に効果的で
    中でも指のツボは、そういう部分の急性症状に非常に効果があります。
    • カゼの初期に親指に貼るのも効果的ですし、
      葛根湯証系の発熱には、小指にも貼ると良いです。
  • いま説明したように貼っておくと、
    そういう部分の症状が軽くなると思います。
    • 症状の変化を観察するのも鍼灸の独習には役立ちますので、
      しっかり観察してください。

症状に合わせたツボ探しも可能

  • また、前にも書きましたが、
    肩胛骨鎖骨から上の症状に合わせたツボ探しも出来ます。
    • 手の甲のツボと肩胛骨鎖骨から上の症状の関係は、
      親指側が体の前側、小指側が体の後ろ側が関係していて、
      耳辺りだと薬指と関係が深いです。
    • 詳しくは、「操体もくもく」の「体は自然4.II.縦切りの原則:経絡
      を読んでみてください。

次回

次回は、片手刺しの練習です。
操体の橋本先生が細くて曲がりやすい毛鍼を刺せるように練習した方法の応用で
これが出来ると自分で腕の治療もできます。
両手で出来れば、自分の両腕の治療ができます。

  • ディスポの寸3・1番鍼を用意してください。
  • 質問は「養生の杜(掲示板)」のほうにお願いします。

次回>>片手刺し

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional