和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

応用実践コース

実践講座

はじめに

・患者さんの状態に応じて、鍼灸や操体で臨床できる腕を身につけます

 基本コース前期後期で身に付けた内容を、実際の患者さんに合わせて応用する技術
を身につけます。実際に症状のある方に来ていただき、その方の治療を実演する機会
を多くし、実践力が身に付くようにします。

 また、事前にメーリングリストで相談された症例や、症例検討をした例を解説実演
し、より普段の臨床の場で活用しやすいものにしていきます。

 毎月1回第1日曜を基本に開催します(5月~10月、11月~4月)。

鍼灸実践講座

鍼灸実践講座の解説例

1.ムチウチ打撲など運動器系補足
2.発作
3.未病、古いツボ、古い病
4.心を鎮める
5.目など特定の器官の病
6.皮膚という排泄器
7.子供にコロコロ
8.婦人科
9.片麻痺
10.総復習
11.~12.10人通し稽古

鍼灸実践コースの1回毎の進め方

1回ごとは、だいたいつぎのようにやっていきます。

 10:00~10:30:解説&実演
 10:30~12:00:二人組稽古
 12:00~13:00:Q&A、症例実演など

 患者さん役が多い場合には、ほとんどの時間を症例実演にあてることもあります。

操体実践講座

操体実践講座の解説例

1.ラクな寝方になれない方への対処(1)
   圧痛操法&五首決め&背骨決め&体重移し
2.ラクな寝方になれない方への対処(2)
   ゆらし操法&擽り操法&頭顔首の皮操体
3.自動運動を追うために手平勘を磨く
4.座位、立位の操体、いろいろ
5.言葉で導く
6.肘もみ、指圧、鍼などとの併用
7.子供と赤ちゃん
8.カゼや内科系急性症状に対する操体
9.歩けない程の歪み・障害、片麻痺
10.総復習
11.~12. 10人通し稽古

実践コースのモデル患者さんを募集

 講座のモデル患者さんになってくださる方も募集しています。
上記、術伝事務局メールアドレスまで連絡をお願いします。
(通し稽古でも、受け手役を募集しています>>>「通し稽古の受け手役を募集中」)

操体実践コースの1回毎の進め方

 1回ごとは、だいたいつぎのようにやっていきます。

 14:00~15:00:Q&A、症例実演など
 15:00~15:30:解説&実演
 15:30~17:00:二人組稽古

 患者さん役が多い場合には、ほとんどの時間を症例実演にあてることもあります。

申込み

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional