和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

座位から肘揉み

はじめに †
・操体をいろいろな技法と組み合わせることもできますし、組み合わせることで
 効果が出やすくなることも多いです。また、より深く操体を理解できます。

・紹介は、うつ伏せ、仰向け、座位の順でしていますが、臨床では、ます診察を
 かねて仰向け、次にうつ伏せ、仕上げを座位の手順でしています。
 (この手順は、治療後すぐに起きてもらうときの手順です。治療後しばらく)
 (横になり仮眠できるときは、座位→うつ伏せ→仰向けの手順が向きます。)


1.基本的な手順 †

.0.はじめに声をかけておく †
「姿勢を変えたくなったら、どんどん変えてかまいません」
「ただ、ユックリ動いてください」と声をかけておく


.1.座位になってもらう †
•ラクな格好で座ってもらう(※0)

.2.肘や膝で、肩、背中、腰、腕を揉む(※1) †
1.肩井に肘から前腕小指側をおく(※2)
2.肘で背中を押したり揉んだり(※3)
3.膝で背中を押したり揉んだり(※4)
4.膝で横腹をはさむ(※5)
5.腕の経絡伸展法(※6)
6.頭の後ろで手を組んでから、手のひらを天井へ突き上げ(※7)
7.拳骨で後頭骨下縁(※8)
8.腕を肘と膝ではさむ(※9)
9.脇の下の水掻き中のシコりを揉んだり、操体を加えたり(※10)
10.頭の後ろで手を組み、胴体の3軸+座位の重さの操体(※11)
11.髪の毛ひっぱり操体(※12)
12.手の指揉み

2.注意点 †

※0. 胡座が多いが、正座がラクという方もいる †

※1.指圧按摩しながら、操体もまぜていく †
1.指圧按摩しながら、イイ感じのする格好を探してもらったり(首や手)
         体重を移しやすいほうに移してもらっても良い(たおれない範囲で)
2.指圧按摩といっても、今の方には、ポイントでは一押し1分以上
3.按摩は、動診→タワメ→瞬間脱力の連続(c.f.1期1回目text)

※2. 操者の体重をかけて押圧、手首を回して揉む †
   ・操体の組み合わせ:指圧している側の、肘の持ち上げ、指反らし
             (そういう動きの操体と同じ効果の皮膚操体でも可)


※3. 片手で肩をつかみ、受け手の方の体が前に倒れないようにする †
   肘でもツボがとれるように


※4. 両手で肩をつかみ、受け手の方の体が前に倒れないようにする †
   膝でもツボが取れるように


※5. つま先立ちで、両膝を受け手の方の肋骨と骨盤の間をはさむ †

※6. 手の太陰、厥陰、少陰のスジを伸ばす(←増永静人先生×操体) †

※7. 頭の後ろでくんだ手の手のひらを天井にむけ、ゆっくり持ち上げる †
   イイ感じの向きをすこし余分に


※8. 拳骨を後頭骨下縁にあてたあと、 †
   受け手の方に上を向きながら体重を後ろにかけてもらう


※9. 腕を床と水平に伸ばし、膝と肘ではさんで押圧 †
   小柄な方は、足の下に台をおく


※10. 1期でした古い肩こりへの操体を思い出してください †
   .1.脇の下前後の水掻きの中のシコりをみつけ、かるく揉む
   .2.そのあと、そのシコりをつまみながら、動きと重さの操体を加える
    .1.脇の下前後の水掻きの中のシコりを肩のほうに動かし、
    .2.手首を背屈掌屈どちらかしやすい方にしたあと、捻りやすいほうに捻り
    .3.体重を移しやすいほうに移す


※11. 胴体の前後、左右、捻り(3軸)の調整 †
   そのあと、体を支えてあげながら、体重を移しやすいほうに移してみる


※12. 頭の熱かったり、ヘンな感じのするところの髪の毛を引っ張ってみる

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional