和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

巨刺、上下刺、対角刺

左右・上下・対角反対側も「遠く」の仲間 †
•応急処置の原則は、「遠くに強く引く」でした。
◦患部が胴や頭などの体幹部にある時には、
「遠く」として手足の甲が使われますが、
◦患部が手首・足首付近の時には
手足の甲は「遠く」とは言えませんし、
そう言う場合に手足の甲を使っても邪気を引ききれない事があります。
•こういう場合に「遠く」として使われるのが、
i.左右反対側や
ii.上下反対側、それらを組み合わせた
iii.対角反対側の対称点です。
◦右手首が患部の場合には
a.左右対称点は左手首、
b.上下対称点は右足首、
c.対角対称点は左足首になります。

左右反対側に刺鍼するのが巨刺 †
•このうち
左右反対側の対称点付近にツボを探して刺鍼する方法は、
「巨刺」と呼ばれ、古来から有名です。
•残りの上下対称点や対角対称点を使う方法は、
今まであまり文献には出てきていません。
◦しかし、結構効果を上げる事ができますので、試してみてください。

巨刺などは肘膝から先、特に手首足首から先に有効 †
•肘膝の場合には、
普通に手足の甲に引き鍼する事もできますし、
巨刺なども使えます。
•巨刺などがとても効果的なのは、
やはり手首足首から先です。
◦特に、手足の指などの場合に
灸では直接患部に施術できますが、
■鍼の場合には
巨刺などのほうが患者さんに痛がられずにに施術できるせいか、
効果があがりやすいです。

巨刺などによる応急処置の手順 †
1.症状確認をします。
◦どういう動作をした時に、どの辺りが辛いかを確かめます。
■動かすのが辛い時には無理せずに、だいたいの位置を把握します。
2.対称点にツボを探して刺鍼する
i.3つの対称点のツボ探し
■その患部の左右対称点、上下対称点、対角対称点付近を探し、
ツボが出ていないか調べます。
■だいたいの対称点付近の中で一番凹む処を押して
圧痛があるかないかを聞いて確認します。
■手首足首から先、特に指周りのツボは細かいので、
鍼柄の頭ほどの太さの物で押したほうが調べやすいと思います。
ii.一番圧痛のある所を選ぶ
■それぞれの対称点の中で、
一番圧痛のある処を施術箇所として選びます。
iii.必要なら引き鍼後、対称点に刺鍼
■最初の刺鍼は、
もし患部が肘膝だったら、
対称点のツボに施術する前に、
経絡的に関連する手足の甲、つまり、
その対称点の延長の手足の甲のツボに引き鍼します。
■患部が手首足首から指にかけてなら、
対称点のツボから施術を始めます。
a.対称点の刺鍼は、
軽く刺鍼しながら、患者さんに患部の様子を聞きます。
■患部をあまり痛くなく動かせるようなら、
辛くない範囲で動かしてもらう(運動鍼)のも良いでしょう。
3.辛さが残っていたら繰り返す
i.抜鍼後、症状確認
■鍼を抜いてから、
患部をゆっくり痛くない範囲で動かしてもらい、
辛さや痛みが残っている箇所がないか確認します。
ii.症状が残っていたらツボを探す
■残っていたら、
残っていた場所の対称点付近を探して、ツボを見付けます。
■この場合の対称点は、始めに刺鍼した処の近くだけ探せばよいと思います。
iii.見付けたツボに刺鍼
■見付けた対称点のツボに刺鍼します。
■運動鍼を併用しても良いのは同じです。
iv.再度症状確認し、残っていたらまた刺鍼
■鍼を抜いた後、また、患部付近を動かしてもらい、
痛みや辛さが残っていないか確認します。
■残っていたら、また、対称点付近にツボを探して刺鍼します。
■以上の事を日常生活に支障が出ないくらい改善するまで続けます。
■最も、応急処置の施術時間は30分以内が望ましいので、
それを越えるようなら中止して後始末に入ります。
4.後始末
•後始末としては、
◦陰経側にも刺鍼した場合には、
念のため、先ず、頭の散鍼をします。
◦陽経側だけの刺鍼の場合でも、
■患部が肘膝の場合には、
施術箇所の延長上の手足甲の陽経側に引き鍼します。
■患部が手首足首より先の場合にも、
施術箇所の手足の甲の陽経側を調べてツボが出ていたら
引き鍼しておくと良いでしょう。

巨刺、上下刺、対角刺の組み合わせ †
•足首の捻挫が酷くて、患部を動かすと痛がられて、
充分な検査が出来ない場合などには、
対角刺、上下刺、巨刺の順で施術すると巧く行く場合が多いです。
◦右足首捻挫の場合には、
左手首、右手首、左足首の順で遠い方から順に、
右足首の痛む処の対称点付近に出ているツボに施術していくわけです。
■そうすると
右足首を調べるくらいはそれほど痛くなくできる
程度には改善している事が多いです。
◦この状態で、
右足首に残っている、圧痛のあるツボに刺鍼する
と改善できる場合が多いです。
◦後始末は
■陰経側にも刺鍼した場合には、
頭の散鍼をしてから、手の甲に出ているツボに引き鍼します。
■陽経側のみの刺鍼の場合には、
右足の甲の陽経側に引き鍼しますが、
右足首の痛みが残っている時には左足首の対称点に引き鍼して終える事もあります。

指まわりの刺鍼での捻鍼法 †
•巨刺などで指まわりのツボを使う時で、
ツボが細かくて、
鍼管を使って弾入すると鍼先がツボから外れてしまう場合には、
捻鍼法で刺鍼したほうが巧く行くようです。
◦そういう細かそうなツボの場合には、
ツボ探しをする時に鍼柄の頭ほどの太さの物で
一番凹んで押すと痛い処を探し、その時に少し強めに押すと、
ツボの出ている箇所はペコペコしているので、跡がつきます。
■その跡に鍼先を置いて捻鍼していきます。
◦接触鍼のつもりで施術していると必要なら刺さっていきます。
■捻鍼が苦手な方は、
跡に鍼を置いたら、その上から鍼管をかぶせて、弾入する
という方法を採っても良いと思います。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional