和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

左右・前後・上下の相関

はじめに †
•さて、今まで、動作の負荷を分担する仕組みのうちで、
頭・胴体での横輪切り相関と、体全体の縦切り相関を書いてきました。
今回は、それ以外の
左右・前後・上下とそれぞれの対角についての関係について書いていきます。
◦このうち、左右・前後については、頭や胴に現れる時には、横輪切り相関の一部になります。

手足の左右相関 †
•そこで、左右については、主に手足を中心に書いていきます。これは、例えば、
•左の膝が痛い場合に、右足の同じ箇所を刺激すると良くなる事があるという事です。
◦鍼の世界では、「巨刺(こし)」と呼ばれ大昔から知られた技法です。
◦別に鍼でなくても、灸でも手技でも同じ現象は起きます。
◦大学のラグビー部の顧問をされていた方の本には、
「試合中に痛みを訴えられたら、先ず棒で反対側をたたく」と書いてありました。
いろいろな処で使われているようです。
•そんなに強い刺激でなくても、カワの操体や円皮鍼などでも充分効果を出せます。
•多くの場合には反対側にも痼りが在り(ツボが出ていて)、
それを見付けられると巧く行く場合が多いです。
•また、肘膝から先、特に、手首・足首から先に辛さがある場合に有効な事が多い
ように経験上思っています。

手足前後の相関 †
•次は、前後ですが、頭や胴に比べて手足に出る事は比較的少ないように思います。
•ただ、膝の場合のように、
痛みが膝の表側のお皿周辺に在るように感じる場合でも、原因は膝裏の痼りで、
膝裏の痼りを解さないとスッキリ良くはならない等の例があります。
これは、肘や肩などでも見られます。
◦表側の痛みを感じる処をやっても、すっきり治らない時、特に、
「その辺り全体が痛い」と言って痛む場所を特定できない場合や、
「ずっと奥のほうが痛い」という表現をされる場合には、
裏側の痼りが原因の場合が多いです。
◦なってから時間が経った五十肩などの場合にも、
良くそういう表現をされる方が多いのですが、そういう場合には、
脇の下に痼りがあり、
筋肉の溝に沿って上腕から手首の手のひら側まで点々と痼りが列を作っている
事も多いです。
◦膝裏や脇の下の側の痛みは意識できずに、膝のお皿側や肩の痛みとして感じるようです。
■肩の場合には、前後というよりも表裏の相関と言った方が良いかも知れませんが。

上下の相関 †

手足の上下相関 †
•次は、上下。これは、例えば、
膝の痛みに対して右肘の同じような処にツボや痼りを探して、
そこに刺激を加えると右膝の痛みが減る
というものです。
◦中国の本には、膝痛の方の同じ側の肘に鍼したまま階段を上り下りしてもらう
というやり方が出ていました。
•この場合には、膝と肘は解剖学的な構造が少し違うので、
左右相関よりも上下反対側のツボは見付けにくくなりますが、
◦大雑把に、親指側か小指側か、肘膝の胴体寄りか手首足首よりかで見当を付けて、
その辺りで一番窪んでいる箇所を探すと見つかる事が多いです。
■このようなツボの探し方は「その12」で詳しく説明します。

頭や胴体の上下相関 †
•この上下に関しては、同じ側の手と足の相関関係以外に、
頭や胴体にもいろいろな上下相関を見る事ができます。

上下境界が横隔膜の場合 †
•胴も含めての上下相関の場合の境目は、一つは横隔膜付近になります。
◦この場合には、肩胛骨と骨盤が相関し、首や頭が尾骨周辺に対応します。
◦お灸で痔を治す時に頭のてっぺん付近の百会というツボを使うのですが、
それは、この上下相関を利用しています。
◦また、頭や首周りの症状が尾骨付近で改善する事もあります。
◦お腹側では、腕と胸の境目付近(ウムネ)が足とお腹の境目付近(ソケイ部)に対応
したりします。
■私の次男は、呼吸器の状態が悪く、胸の腕よりに反応があった話を前に書いたと思いますが、
足とお腹の境目付近のソケイ部が今も縮んでいて伸びにくいです。
これも上下相関かなと思います。

上下境界が足と胴の境目 †
•上下相関の境目は、もう一つあります。それは、足と胴の境目です。
◦この相関については、橋本敬三・翁先生の「力学的医学の構想」にも出てきます。
◦前に紹介した側湾の方の下腿裏側・脹ら脛付近の左右差が酷かった事
なども例になると思います。
◦一般的に良く見られるのは、
頭痛の場合に、足首周りや足の甲にツボが出ていて、
それにカワの操体などしていると頭痛が軽くなる事です。
■魚の目が原因の額の痛みの例が橋本敬三・翁先生の本には出ていたと思います。
◦逆に、足首や足の甲の痛みの場合に頭にツボが出ていて、
そこへの刺激で足のほうの痛みが減ったりもします。
◦この辺りは経絡的な縦切り相関とも関係しますが、ただ、
縦切りの中でも一番遠い頭と足首から先が相関するので、
上下という視点で見ても良いかなと思います。

次回は、連動筋肉内相関 †
•次回は、左右・前後・上下の組み合わせの対角の相関と、
ある動作をする時に一緒に動かす筋肉内にツボが出る相関関係を説明します。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional