和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

姿勢や動作でツボを探す

はじめに †
•先回は、ツボの出ている状態と正常な状態の違いからのツボの探し方を書きました。
•今回は、その方がその時に最も楽な姿勢や操体における動診を使ってのツボ探しのやり方を書きます。

ラクな姿勢からツボを探す †
•先ず、姿勢から。
1.患者さんに、その時一番楽な姿勢を選んでもらいます。
◦言葉の通じる方なら、
「仰向け、うつ伏せ、横向き、
 横向きも左下でも右下でもどちらでも良いです。
 今一番楽になれる寝方で横になってください。
 寝方が決まったら、足や手を置く位置も少し動かして
 一番楽な姿勢で寝てみてください。」とか声を掛ければ良いと思います。
◦赤ちゃんや痴呆のお年寄り、重度の障害を持つ方など、
言葉の通じない方の場合には、その方がその時に取っている姿勢で良いです。
2.そういう、その時その患者さんが取っている楽な姿勢を良く見てください。
◦たいていの場合には、その姿勢で、
i.一番上になるライン、
ii.一番伸びているライン、
iii.一番曲がっているライン、
iv.一番下になるラインに
◦ツボが出ている事が多いです。

ぎっくり腰の場合 †
•例えば、ぎっくり腰の場合には、たいてい、
痛い側を上にした横向き寝の姿勢しか取れません。
◦そして、体を腹側に曲げた姿勢で寝ています。
◦上になったほうの膝が、下側の足の膝よりも前に出ている事が殆どです。
•そういう姿勢で上になるラインに、ぎっくり腰の応急処置に使うツボが並びます。
i.腰の近くでは、
a.腰の肋骨と腰骨の間の脊柱起立筋の一番外側(つまり、脇腹寄り)、
b.腰骨の少しお尻寄り、
ii.大腿、下腿では、
a.大腿側面中央、
b.膝裏の小指側の溝から2,3cm脹ら脛に寄った処、
c.その膝裏小指側のラインを足首のほうに辿って脹ら脛が終わる辺り、
iii.足首から先では
a.外踝と踵の骨の間、
b.外踝の小指寄り、
c.足の甲の4,5間、つまり、小指とその隣の指に繋がる足の甲の骨の間、
d.小指の指裏の皺の4指側の端、
e.4指の指裏の皺の小指側の端などです。
•操体としては、小指と4指の指揉みをしながら、
腰から足首まで順にカワの操体をすると良いです。
◦鍼灸の場合には、
鍼は引き鍼」の「腰痛の応急処置の基本」などを参考にしてください。

運動器系でなく内科系でも †
•ぎっくり腰のような急性の運動器系の症状でなくても、
慢性の内蔵系でも、姿勢からツボが読める場合が多いです。

花粉症の方の姿勢の特徴 †
•例えば、花粉症の方は、肩甲間部が逆三角形に窪んでいる事が多く、
夏などで薄着の時には歩いている姿を後ろから眺めただけで解る事もあります。
◦これは肩胛骨の外側と腕の間にツボが出て、その奥が縮んでいるためです。
◦そのため、その痼りの上の肩胛骨外上側が肋骨のほうに回転して近づき、その結果、
肩胛骨の内上側が肋骨から離れて出っ張ってくるためです。
◦呼吸器に絡む慢性症状の場合、ここにツボが出ている方が多いです。
a.呼吸に関係する臓器・器官の在る処で、
b.横輪切りにした場合に筋肉の厚い処で、しかも
c.慢性期なので端(正中腺より、側面より)にある筋肉の厚い処
に出やすいからかなと思っています

喘息の方の姿勢の特徴と操体 †
•喘息の方にもこの傾向があります。また、
•喘息の方はうつ伏せになってもらうと、利き手側に顔を向ける事が多いです。それは、
◦肩甲間部の背骨の直ぐ脇の利き手側に溝のような窪みができていて、
その奥に堅い痼りが在るからです。そのため、
■その部分を中心に肩甲間部の背骨の利き手側が縮んでいるので、
首を利き手側に向けるのがラクになるわけです。
•こういう方を見かけたら、
うつ伏せで寝ている喘息の方の利き手側を持ち上げてあげると、
「気持ちよい」という声が出る事が多いです。
◦この操法は、背骨の利き手側の脇のツボ、肩胛骨外側と腕の間のツボ、
その二つのツボをより縮ませる動きになっています。
■「縮んでいる処は、より縮ませる方向に動かす」のが操体の原則ですから。
◦慢性なためか、結構長時間行うよう頼まれる事が多いので、
操者の膝を立てて、その上に受け手の方の腕を乗せてしまうと楽に長時間出来ます。
■患者さんの利き手側の横に座り、立てた膝に患者さんの肘を掛けてしまうのです。
■相手の上腕の長さや痼りの程度に応じて膝の立て具合を調節します。
◦気持ちよさを感じていただけたら、
「椅子を横倒しにして、椅子の脚にタオルの畳んだ物を乗せ、
 そこに自分で肘を掛けて自宅でやってみてください」と伝えます。
■椅子の種類を変えたり、胸の下に引く座布団の枚数を変えると
高さの調節も出来ます。

動診を使ったツボ探し †
•操体の動診を使うツボ探しも面白いです。
•患者さんがある特定の動作が出来ないと訴えている場合に良く使います。

動診でツボを探す方法 †
1.患者さんにそのやりにくい動作を痛くなる手前までやってもらいます。
◦その時に注目するのは動作の軌跡が描く平面です。
◦痛みなどが出る場所がどう動いていくか、
痛みの出る場所の筋肉全体がその動作をした時にどういう面を描くかを観察します。
2.ツボは、その動作の軌跡が描く面と皮膚との交わる部分に出来る線の上に並びます。
◦こういう事を文章だけで理解してもらうのはなかなか難しいですね。
◦例を挙げます。

腕を真横に上げる場合 †
•腕を真横に上げていく動作では、
◦動作の軌跡は、肩を中心に中指を先端にした円を描きます。
◦その面と皮膚表面と交わる線は、肩の一番先端から中指に繋がる線です。
•この動作がしにくい患者さんがいたら、
動かした腕に出る、その動きに関わるツボは、その線の上に並びます。
•この動きは単純なので比較的わかりやすいと思いますが、他の動きでも同じです。

腕を捻る動作では †
•立ち姿勢で腕を垂らした状態で
小指側を手のひら側に回すような手首捻転の動作がしにくい場合には、
◦肩周りのツボは、
肩の先端から腕と胸の間へ向けて、床と平行な線の上に並びます。
•少し腕を外側に上げた状態で同じ動作がやりにくい場合には、
◦上げた腕の上腕部と直角の線の上に並びます。
•これは、伸ばした腕を回転するという動作は、
腕を伸ばした方向と直角の軌跡を描くからです。

動作が大きくなると、ツボは関節から遠ざかる †
•そして、面白い事に動作が大きくなるほど、
一番ポイントになるツボは動作の中心になる関節からだんだん遠ざかります。
◦先ほどの腕を垂らした状態から真横に上げる動作では、
a.ほんの少ししか上げられない場合には、肩の先端の直ぐ下2,3cmの処に出ます。
b.30度ほど上げられる場合には、三角筋の終わる辺り、上腕の中程に出ます。
c.45度位まで上げられると上腕の肘寄りに出ます。
•これは、どの動作にも言えるようです。
◦もう一つ良く使うのは、
腰痛などで腰が前に曲げられないで顔が洗えない場合です。
腰の前屈には、腰椎の中でも5番が関係しているようです。それで、
a.少ししか前曲げが出来ない時には、
痛む側の背中の肋骨の下側付近と、お尻中央から足とお尻の境目付近に
一番ポイントとなるツボが在ります。
b.そこをカワの操体などして緩めると、もう少し前に曲がるようになり、
ポイントとなるツボは大腿中央付近に移動します。
c.また、そこを緩めると、もう少し前に曲がるようになり、
ポイントは大腿の膝裏近くに移ります。

ポイントが解ると操体が決まりやすい †
•もちろん、操体では、全身の連動を使うので、そこだけ行うわけでは無く、
関連する指を同時に使ったり、受け手の方に動いていただいたりもします。
•でも、一番ポイントになる処に指を当てていると
患者さんの体の状態が掴みやすくなります。

動きの操体でポイントに指を当てていると †
◦例えば、定番風に痛い動作の逆の動きの操体で、つまり、
いわゆる逆モーションバック運動型の操体で治療する際に、
ポイントになる箇所に指を当てていると、
■ある程度逆の動きが進んだ状態の処で、
その箇所の痼りが膨らんできた周りの筋肉に埋もれていくような感じで消えたり、
凹みが消えて膨らんで来たりします。
■多くの場合、それと同時に
患者さんのお腹の息が深くなり、
口に出して言える方からは「気持ちよい」というような言葉が出ます。
■試してみてください。
◦左右反対側や上下反対側などの動きを利用する際にも
ポイントとなる箇所に手を当てて変化するかどうか
確認してみると面白いと思います。

受け手の方の体の状態を感じる手を作ろう †
•カワの操体や動きの操体においてもそうですが、
操体で受け手の方の体に触れる時には、
受け手の方の体の状態を観察する触れ方のほうが、
受け手の方の体に動きをしかける触れ方よりも重要です。
•受け手の方の体に触れている部分は、
受け手の方の体の状態を常に見守っているような感じが必要です。
◦赤ちゃんのおでこに手を当てて体温を測る時のような触れ方です。
◦そういう触れ方でポイントとなるツボに手や指を当てていると
変化が解りやすいですし、
受け手の方の体の状態の変化に応じて、
こちらの触れ方やカワのズラし方、動かし方などを変化させやすいです。 

次回からは、操体は対話編 †
•今回で、「体の自然」編を終えて、
次回からは「操体は対話」をテーマにし、それから「操体の自然則」、そして、
「横向き寝からの操体」など色々な姿勢からの操体を書いていきたいと思います。
•「操体は対話」編では、対話と言う視点から、
「言葉による対話」、「体と体の対話」としての操体について書いていきます。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional