和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

基本コース:操体

基本講座前期

はじめに

 基本コース前期は、基礎と先急(応急処置)を半年で身につけます。

 つまり、基本コース前期の目標は、とりあえず目の前の患者さんに少しでも喜んでいただくために、どうしたら良いかということです。臨床というのは、そこから始まるような気がしています。

 月2回日曜日に6ヶ月間おこなう計12回のコースです。

 毎年、5月から10月までと、11月から4月までの年2回開催します。

基本前期の内容

ラクな姿勢から逆モーションバック運動など基本の自然則

・とりあえず先ず目の前の患者さんに喜んででいただくために、応急処置を身につけ
ながら、操体の基本手順、基本の自然則を学んでいきます

 ラクな姿勢から、痛みや辛さが出る方向と逆の動き、いわゆる逆モーションバック
運動をキッカケにして、それに手足末端の動きや体重移動をつけくわえ、イイ感じを
増やしていきます

1.ラクから逆+末端+体重   (術伝流操体no.1など)
  例:腰痛・可動域制限に動きの操体(術伝流操体no.3
2.肩こりの基本的な動きの操体 (術伝流操体no.4術伝流操体no.5
3.腰痛・横向き寝で皮膚の操体 (術伝流操体no.2
4.古い五十肩・脇の下の操体  (術伝流操体no.6
5.正座不能、挙手や足踏み左右差(術伝流操体no.7など)
6.手首足首
7.立位からの重さの操体    (術伝流操体no.11
8.手首足首の動きを全体に伝える(術伝流操体no.8術伝流操体no.9
9.全身運動と体重移動     (術伝流操体no.10
10.ここまでの総復習
11.5人通し
12.5人通し

・「操体もくもく」、「術伝流操体」、「遊風の養生日記」の「観病のカテゴリ」も参考にしてください.

・「通し稽古」については、「通し稽古の受け手役を募集中」を参考にしてください。

1回ごとの進め方

 1回ごとは、だいたいつぎのようにやっていきます。

 0:00~0:30:Q&A、症例実演など
 0:30~1:30:解説&実演(基本後期もふくむ)
 1:30~3:00:二人組稽古

基本講座後期

はじめに

「長患いはクセの病」といえるかもしれません。クセもいつの間にか改善していた
というような養生ができるような技術を身につけていきます。

 月2回日曜日に6ヶ月間おこなう計12回のコースです。

 毎年、5月から10月までと、11月から4月までの年2回開催します。

基本後期の内容

ラクな寝方から気持ちよく

・臨床の場で操体を活用する基本となる、ラクな寝方からの操体を身につけます

1.ラクな寝方をすこし強調
2.仰向け寝からの動きの操体
3.仰向け寝からの皮膚、重さの操体
5.うつ伏せ寝からの動きの操体
6.うつ伏せ寝からの皮膚、重さの操体
7.横向き寝からの動きの操体
8.横向き寝からの重さ、皮膚の操体
9.座位で重さと指もみ
10.寝た姿勢で連続操体、座位で仕上げ
11.~12.楽な寝方を強調して連続操体・三人通し

・「操体もくもく」、「術伝流操体」、「遊風の養生日記」の「観病のカテゴリ」も参考にしてください.

・「通し稽古」については、「通し稽古の受け手役を募集中」を参考にしてください。

1回ごとの進め方

 1回ごとは、だいたいつぎのようにやっていきます。

 14:00~14:30:Q&A、症例実演など
 14:30~15:30:解説&実演(基本後期もふくむ)
 15:30~17:00:二人組稽古

申込み

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional