和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

仰向けから肘揉み

はじめに †
・操体をいろいろな技法と組み合わせることもできますし、組み合わせることで
 効果が出やすくなることも多いです。また、より深く操体を理解できます。

・今回は、肘もみとの併用の2回目で、仰向けからです。
 実は、仰向けからは、肘はあまり使いません。拳骨の先の骨空を使うことが多いです。

・紹介は、うつ伏せ、仰向けの順でしていますが、臨床では、ます診察をかねて仰向け
 次にうつ伏せ、仕上げを座位の手順でしています。


1.基本的な手順 †

.0.はじめに声をかけておく †
「姿勢を変えたくなったら、どんどん変えてかまいません」
「ただ、ユックリ動いてください」と声をかけておく


.1.仰向けになってもらう †
・ラクな仰向けになり、首も手足もラクな格好になってもらう


.2.診察をかねて、脈診、舌診、腹の指圧(※0) †
1.脈をみる
2.舌と顔をみる
3.腹診をかねて、腹の指圧

.3.仰向けからの重さの操体(※1) †

.4.肘や拳骨、親指を使って、大腿下腿の指圧按摩(※2、※3、※4) †
1.診察のときと同じ患者さんの右側で、左手を腹のシコりに当てながら
i.右手の拳骨か肘で、右大腿の陽明から少陽
ii.人差し指骨空か右手拳骨か親指で、右下腿の陽明から少陽
iii.右手親指(か人差し指骨空)で、左大腿下腿の太陰、厥陰、少陰
2.患者さんの左側に移り、右手を腹のシコりに当てながら
i.左手親指で、右大腿下腿の太陰、厥陰、少陰
ii.左手の拳骨か肘で、左大腿の陽明から少陽
iii.人差し指骨空か左手拳骨か親指で、左下腿の陽明から少陽

.5.仰向け定番の操体 †
1.膝裏シコりとり(※5)
2.膝たおし(※6)

.6.足の指揉み、ゆらし †
1.指裏にしこりがあるところを中心に指揉み、ゆらし
2.お腹のしこりと経絡的にある指に指揉み、ゆらし

.7.患者さんの頭のほうに座り、操体や指圧按摩(※7、※8) †
1.首の動きの操体(捻り&前後屈&側屈→三軸!?)
2.前頚部の指圧&皮膚操体
i.鎖骨の奥の首の付け根のシコりを親指で触診&指圧(※9)
ii.コっているところから顎にむかって筋溝を指圧
3.首付け根や肩井などを前から指圧&重さ(※10)
4.横頚部後頚部の指圧&重さの操体
i.横頚部を拳骨で指圧
ii.後頚部、とくに後頭骨下縁を親指大骨空で指圧&重さ(※11)
5.脇の下の前後の水掻きを指圧按摩(※12)

.8.うつ伏せになってもらう †

注意点 †

※0. 診察腹診は、鍼の慢性期の診察と同じ †

※1. 左右の肩と腰骨を押し、一番いい感じのするところにしばらく重さをかける †
•肩は肩を腕の間、腰は腰骨の腹側に手のひらの手首より(手根)を当てる

※2. 大腿下腿施術中の腹への手の当て方(皮膚操体できれば、なお良い) †
•左手は皮膚の操体をする感じで、腹の目立つシコりに当てる
•両側あれば、右足にするときは腹も右、左足のときは腹も左
•わからなければ、ヘソまわりや丹田に手のひらをおく

※3. 指圧按摩といっても、今の方には、ポイントでは一押し1分以上がのぞましい †

※4. 大腿下腿の指圧按摩中に首や手をモゾモゾさせたら声かけて操体へ †
•首の曲げ具合、手を上や横に伸ばしたり(反対側の足を曲げたり)
◦とくに大腿の陰経を指圧すときには、
  足をその経絡が上になるように曲げてもらうと効果が出やすい

※5. 膝裏のシコりをすこし痛くして逃げてもらい、その姿勢を強調 †
•これをしながら同じ側の腹を指圧すると、深いシコリに指が届く

※6. 倒しやすいほうに倒して、大腿に皮膚操体 †
•これをしながら倒れていくほうの脇腹を指圧すると、深いシコリに指が届く

※7. 首の親指の指圧按摩でも、今の方には、ポイントでは一押し1分以上 †
•経絡的に関係する指の揉みや反らしを併用するとゆるみやすい
•深い部分に指を届かせたいときには、その部分を縮める動きの操体を併用

※8. 首の指圧按摩中には、足をモゾモゾさせてたら声かけて操体へ †
•足の曲げ具合、倒し具合(手の曲げ具合、伸ばし具合)

※9. 首の前側の付け根部分をゆるめる †
•今の方は、この首の前側の付け根部分がコっていて、ここを緩めないと
横頚部や後頚部が緩みにくい

※10. 前側から肩井をゆるめる †
•同じく、前側から肩井を緩めないと、後ろから押しても緩みにくい

※11. 頭の重さを利用して後頚部を指圧按摩 †
•枕を頭頂よりにうつし首の下側に拳骨がはいる状態にしておいて
拳骨の親指指先を人差し指の手甲より関節部に当て、大骨空を突き出し
両手の拳骨の先をあわせ、首の下にいれ、小指側を布団につけると
患者さんの頭の重みで、指圧や重さの操体ができる

※12. 背中側の水掻き:親指で指圧、胸側の水掻き:親指と人指し指ではさんでもむ †

※※.按摩のリズムは、連続瞬間脱力、一揉みは「動診→タワメ→瞬間脱力」 †
•1期1回目の「指揉み」のところを復習しておく

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional