和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

中焦の急性症状

[1]中焦の急性症状
 内科系の急性症状は、病を未病と発作に分けた場合には発作に分類される現象で、腹の
邪毒・虚から頭にむかって邪気が衝(つ)きあげる「上衝」という現象が見られます。
中焦の場合も同じです。

 中焦の急性症状の特徴は、中焦部にもともと歪みや水毒があり、その歪みや水毒が上衝
する邪気に反応して、中焦で激しい症状が出ていることです。表位、上焦にも症状が出ま
すが、中焦の症状のほうが激しい状態です。

 そのため、中焦の横輪切り部分、とくに背中側にツボが出ますし、関連する足の陰陽経
にもツボが出ます。

 中焦で症状を出している原因は、毒性が増大した水毒とそこから発生する邪気なので、
基本的には、上衝する邪気を体の外に出すこと、中焦で暴れている邪気の出やすい道筋を
作ることが大切です。邪気が無くなれば水毒の毒性は弱まり、排出されやすくなります。

 邪気の発生源は、中焦の水毒はじめ、下焦の悪血、虚などが多いので、慢性期には、そ
れらの処置も必要ですが、応急処置の場合には、そこに施術すると症状が悪化する恐れ
があるので、しないのが基本です。


[2]基本処置 †
 表位のときと同じように、中焦から頭にかけて動いている邪気を体の外に引き出し、上
衝を鎮めることです。

 邪気がおもにうごめいているのは中焦なので、そこから邪気が体の外に出て行きやすい
道筋を作っておくことが必要です(ルート工作)。ルート上の上焦に関係する手陰経や中
焦に関係する足陰陽経の末端へ引き、中焦の横輪切りの背中側に引きます。

 手早い刺鍼が大切なのは、表位の場合と同じです。


[3]実技と手順 †
 姿勢は、そのとき患者さんが取っている姿勢を基本にします。背を丸めた座位や横向き
寝が多いです。

 体の動きが激しい場合には、接触鍼か提鍼で施術したたほうが無難です。


(1)急性期の応急処置 †
 手順の基本は、つぎの通りです。

1.準備(1):手の甲に引き鍼
2.準備(2):手陰経手首ちかくに引き鍼
3.足に陰経陽経の順で引き鍼
4.中焦背中側に引き鍼
5.始末(1):表位の散鍼
6.始末(2):もう一度、手の甲に引き鍼

途中で状況におうじて必要な処置を付け加えます。


1.準備(1):手の甲に引き鍼 †
 まずはじめに、頭に上がった邪気をすこしでも降ろすために、頭のハチマキするあたり
をさわって、いちばん熱いところに関係する手の甲のツボに引き鍼します。

 手早く速刺徐抜で刺鍼し、邪気の波が来終わったときに抜きあげます。


2.準備(2):手陰経手首付近に引き鍼 †
 頭が熱かった側の内関あたりに引き鍼します。内関はおもに上焦に関係しますが中焦の
邪気も引けるし、上衝した邪気が上焦を通るからでもあります。

 陰経の刺法は除刺徐抜が基本ですが、ここでは、手早さも必要です。また、邪気の波が
来終わったときに抜くのも陽経側とおなじです。


3.足に陰経陽経の順で引き鍼 †
 基本的には足首から先に刺鍼します。

 陰経は、商丘、公孫、陰白など。陰白などは接触鍼でもよいです。漏谷などを使うこと
もあります。手早さを加えた除刺徐抜で刺鍼します。

 陽経は、内庭などを手早く速刺徐抜で刺鍼します。

 陰経陽経ともに、邪気の波が来終わったときに抜くのは手の場合とおなじです。


4.中焦背中側に引き鍼 †
 背を丸めて耐えていることが多いので、その丸みを見て、いちばん出っ張ったあたりに
ツボを探して刺鍼します。昔から「背の七、九、十一」といわれ、ようするに「胃の六灸」
のあたりです。華陀経が多いですが、左右差が強いときには痞根もありえます。

 手早く、が、しっかり、つぎの波が来ないうちにうごめいている邪気をすべて抜き出す
ように刺鍼します。


5.始末(1):表位の散鍼 †
 片手で表位をなでて熱いところを探し、もう一方の手で熱いところを散鍼をします。

 手順は、まずは肩胛骨・肩まわり・うなじ、つぎに鎖骨まわり・前頚部、そして頭・額
の順です。

 置くほうはユックリ、離すほうを速くします。


6.始末(2):手の甲に引き鍼 †
 おわりに、もう一度、手の甲に引き鍼して仕上げます。いつも最後にしているように、
手の指や手の甲を調べ、いちばん悪そうな手甲のツボに刺鍼します。


(2)子供の腹痛 †
 提鍼で上記をしてもよいですが、提鍼か指圧で背中のツボだけ刺激しても、けっこう良
くなります。

 背中のツボへのお灸も効きますし、足の陽経陰経へのお灸も効きます。

 横行結腸と下行結腸の曲がり角あたり、左上腹部に、暖めるような感じで手をしばらく
当てているだけで良くなることも多いです。


(☆)数時間以内に復活したら †
 応急処置後数時間以内に痛みが復活するときは、器官破壊などを疑い、救急医療と連携
します。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional