和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

下焦:悪血の病

[1] 基本的に †
 下焦の病は、胴体の内側の臍より下に主症状やツボが出る病で、泌尿生殖器系ともいえます。
悪血によることが多く、女性の生理痛、子宮内膜症、子宮筋腫、不妊、流産、難産、乳腺炎、
乳汁不足などと関係が深いです。

 女性の場合には、治療後の生理のときに、普段よりも臭いや粘りが強く、色濃いものが多量
に排出されると良くなっていきます。体にたまっていた悪血です。

 足の陰経(とくに厥陰経)に引きやすいです。また、横輪切りの背中や腰・臀部の愈穴など
にも引きやすく、とくに腰椎2番から仙骨のラインによくツボが出ます。症状ちかくの小腹に
もツボが出て、比較すると左が多いです。下半身の冷えも関係するので、それに関係するツボ
も使ったほうが効果があがりやすいです。

 下焦には食毒もたまることがあり、それが毒性を増大させることもあります(消化器系下部
の大便など)。また、下半身の浮腫は、小腹(下焦)や足厥陰経(少陰経)との関連が深いです(泌
尿系)。

 悪血に関連しては、老人には下肢に悪血による静脈瘤が出ている方も多いです。また、短命
のスポーツマンの方の中には打撲による悪血証が原因のことも多いし、手術の後に悪血証にな
る方も多いです。それらの悪血証が脳梗塞などの原因になることもあります。


[2] ツボが出やすいところやねらい目  †

(1) 足の陰経 †
 まずは足厥陰経で、蠡溝、中封、太衝など。慢性期には、足五里~陰包でヘコんで冷たいと
ころがねらい目。足少陰では、足首まわりの照海~大鐘。足太陰の血海に出る人もいます。

 下半身の浮腫、泌尿系では、足少陰の復溜などに出ることもあります。

 灸なら足親指の指端や、足親指裏の関節部横紋の2指よりの端(足1-2節紋)や、足親指ち
かくの足裏中足骨遠位関節部(足1着地曲)。また、足4指ちかくは、下半身の浮腫に効きます。

 少しずつ、上下左右にずれることも多いです。


(2) 足の陽経 †
 腹表面のシコりに対応して、足陽明~少陽に引けます(「ツボの縦相関:経絡」参照)。慢
性期には大腿部の伏兎、風市ちかくにも出ることがあります。灸の場合、冷えには足甲3~4間、
浮腫には失眠や足4指指端が使えることが多いです。


(3) 陽位(背) †
 まず腰椎2~仙骨の督脈、華陀経、足太陽1,2行線で、腎愈、志室、大腸愈、徹腹、環跳、胞
膏、上仙、次寥などに出やすいです。また、悪血のあるときには、肩井よりも頚の付け根にツ
ボが出ている方が多いです。

 浮腫や泌尿系のときは、大椎~至陽ちかくにツボを探し発汗をうながし、八寥穴に灸をすえ
るとよいです。


(4) 腹部 †
 関元~曲骨・水道~帰来のちかくと、五枢維道~衝門~横骨のライン、居寥などによく出ま
す。古くなるほど外よりに出ます。現在では経過が長い方が多いので、五枢維道~章門によく
出ています。とても経過が長い方では、腹をはずれて居寥に出ている方もいます。また、古く
なると、臍の左右の下肓愈にも出ます。


(5) その他 †
 手の陰経では、慢性期には上曲沢に出ていることが多く、急性期には内関によく出ます。

 また、悪血証では、乳房の裾野まわりにツボが出ていて、授乳時の乳腺炎の原因になります。


[3] 手順  †

(1) 慢性期 †
1.ツボを考慮して慢性期の型の順で刺鍼します。
2.慢性期の型で刺鍼したあと、必要に応じて、冷たく虚したところや古いツボに灸・灸頭鍼を
し、手の指端の灸で仕上げます。
3.灸・灸頭鍼中心で治療するときは、うつ伏せ、仰向けの順でツボを選び施術し、手指端や骨
空の灸で始末し、必要に応じて刺鍼に移り、手甲の刺鍼で仕上げます。
•慢性期治療の1回目に1.または2.、2回目に2.、3回目以降に3.というのが標準的です。
•慢性期の灸のねらい目は、腰臀部(上仙や次寥)、下腹部(気海~曲骨、下肓愈、五枢から
衝門)、大腿内側(足五里~曲泉)の三つです。それぞれ1,2か所づつ灸します。
◦頚まわりに苦しさがあるときは、はじめに座位で頚の付け根、胸まわりの辛さには、仰向け
ではじめに檀中付近に灸したりもしますが、施灸後、首の付け根や乳房の裾野まわりに必要に
応じて鍼することのほうが多いです。
•女性の悪血証の自己養生としては、蠡溝、内踝まわりや足親指まわりのツボに灸してもらい、
生理期間中には、蠡溝に円皮鍼を貼ってもらいます。

(2) 応急処置(くわしくは内科系急性期を参照) †
 内関~足厥陰~足陽経~背の順で引き、頭に散鍼し手の甲で仕上げるのが基本です。
 はじめや途中で表位に症状が出ていれば、そのつど、手甲など手の陽経に引きます。背に引
いたあと肩頚に症状が出たら、肩頚に刺鍼します。

 体を前に曲げて耐えているときは、背中側の一番出っ張ったあたりに引くのがコツです。

 急性期は慎重に対応します。処置後数時間以内に痛みが復活するときは、器官破壊などをう
たがい、救急医療と連携します。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional