和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

タワメの間と痼り

タワメの間で、痼りはどうなる? †
•前回は
「タワメの間で力が働く先に体が治したがっている処がある」
という話を書きました。今回は
「目標とする痼りはタワメの間でどのように変化するか」
という事を書いていきます。
◦操体は動かして診る動診が中心ですが、
触って痼りを見付ける触診で診ていく事もあります。
■代表例は膝裏で、
先ず膝裏を探って「痛た」という痼りを見付けてから、
つま先上げなどの操体をしていきますね。
◦さて、
膝裏の痼りを取る操法をしてタワメの間になった時に
膝裏の痼りはどうなっているでしょう。
■触って確かめた事がありますか?
確かめた方ならおわかりでしょうし、
敏感な方なら、
つま先上げなどの操体を受けている際のタワメの間の時の
膝裏の状態から気づいてられると思います。

タワメの間では痼りは消えている †
•タワメの間では、痼りは消えていて、
押しても痛くありませんし、
押している指先に膨らみを感じる事もありません。
◦まだ確かめていない方は確かめてみる事をお薦めします。
■確かめる時には、
普通のつま先上げでも良いのですが、
次のやり方をすると確かめやすいです。

膝裏痼りがタワメの間で消える事の確認 †
•膝裏の痼りを確かめたら、
i.一番痛みの強い痼りに指を当てたまま、
反対側の手でその膝の延長の足首を反らせます。
ii.すると、踵が上がっていきますから、
足首を反らした状態を緩めないように注意しながら、
膝を最も少ない力で動く方向、言い換えれば、
患者さんの体の抵抗の最も少ない方向に誘導していきます。
■これは、
痼りを痛くして逃げる姿勢を少し強調する操体
の膝裏痼り版(バージョン)になっています。
iii.すると、或る処に来ると
膝裏の痼りの膨らみが消え、
少し強めに押しても痛くない状態になります。
■そこがタワメの間である事が多いです。
■お腹に目を移してみると、たいてい大きく動いていて、
息が深くなっているのがわかります。
■これは、
抵抗の少ない方向に動かしながらお腹を眺め続け、
息が深くなった時点で痼りを探ってみる
というやり方でも確認できます。
■しかし、この場合でも
操体を始めた時から目標の痼りに手を触れていないと
解りにくいと思います。
■人によって、
痼りの変化が解りやすい方と
息の変化が解りやすい方がいらっしゃるので、
得意なほうで確認すると良いでしょう。

タワメの間では、体が治したがっている痼りが有る †
•定番の操体には、
膝裏の痼り以外は
操体操法を始める前に痼りを確認する習慣は
あまりないようです。
◦『万病を治せる妙療法 操体法』には、
i.首の操体の時の痼り、
ii.眩暈(めまい)の時の背中の痼り、
iii.仰向け膝倒しの時の仙蝶関節の痼り、
iv.踵踏み込みの時の大転子付近の痼り、
v.腹痛の時の背中の痼りなどが書いてありますが、
◦確認を取りながら操体されているでしょうか?
■そういう定番に近い物以外でも
ある特定のタワメの間になった時には、
必ず体が治したがっている痼りが存在している
可能性が非常に高いです。

先回書いた操体の焦点に痼りがある †
•それは先回書いたライン上にあり、
ラインが二つ以上ある時には、
その二つのラインが交わる交点になります。
◦もう少し簡単に言うと、
タワメの間で体の動きがほぼ止まった姿勢を眺めて、
i.最も伸びようとしているライン、
ii.最も縮もうとしているライン上に
 在る事が多くなります。
次に可能性があるのは、
iii.最も上のラインか、
iv.最も下のライン、つまり、
体重を最も受けないラインと最も受けるラインです。
■そして、
伸び縮みのそれぞれのラインの中では、
a.伸びているラインの中の最も伸びようとしている処、
b.縮んでいるラインの中の最も縮もうとしている処が、
その操体操法を利用して体が治そうとしている処になる
 ように思います。

痼りを見付けてから操体をしてみる †
•さて、
タワメの間になったら、
上に書いたような見方をすればよいのですが、
膝裏以外の痼りでも、
その痼りを取るための操体(のタワメの間)を探していく時に
この現象を利用する事もできます。
◦例えば、五十肩などで動作制限がある場合です。

可動域制限から痼りを見付ける †
1.先ず、制限のある動作を痛む直前までやってもらいます。
2.その時の痛む直前の姿勢で、
一番伸びようとしているラインと
縮もうとしているラインを目を付けます。
◦上腕部の動いていく軌跡の延長、つまり、上腕の延長ラインか、
それと直角の、上腕の捻れる力が伝わるラインか、
そのどちらかになる可能性が高いです。
◦すると、多くの場合、
そのラインは皮膚表面上に窪みになって現れていますから、
3.その窪みを辿っていって、
その窪みの中で一番凹んだ処を押すと圧痛があり、
ツボになっているのが解ります。
◦詳しく調べると痼りが見つかります。
服を脱いでもらえば解りやすいですが、
着たままでも服に出来る皺などを参考にすれば探せる
と思います。
■ツボのあるラインが皮膚表面上に窪みと成って見えるのは、
その時の姿勢動作では本来は伸びるべき筋肉の中に痼りがあるので、
表面の皮膚がその部分だけ痼りのある部分に引っ張られる為のようです。
◦腕を高く上げる場合など、
腕の動作はある限度を過ぎると(水平よりも上)
肩胛骨が動いて動作しているので、
ツボや痼りが肩胛骨の周りに出る場合が多くなります。
◦また、
腕を水平よりも下にしか上げられない場合には、
脇の下に痼りがあって、
そこが伸びないので腕が上げられない場合も多いです。
■こういう場合にも、
痛い手前まで制限のある動作を行うと、
肩胛骨周りや、脇の下から上腕の手の平側に溝が見えますから、
その中で一番凹んだ場所付近を探すと
ツボや痼りがみつかります。

痼りに手を当てたまま、動きの操体をする †
1.さて、
見付けた痼りに指先を当てたまま
制限のある動作の逆モーションの動きをやってもらいます。
◦受け手の方が自分では巧く動かせない時には、
伝え手が空いているほう(痼りに指を当てていないほう)の手で
誘導してあげます。
■その時には
一番少ない力で誘導できる方向を探しながら動かしていく
 のがコツです。
2.そして、
軽い力では動かせなくなったら、
逆モーション運動を止めます。
3.その後、
手首の捻転や体重移動をしたりしてみると
少し余分に逆モーション運動出来るのが解ると思います。
◦手首捻転は、
二つの方向に捻転してみて
捻りやすいほうに捻転してから、
逆モーション運動が少し余分にできないか試してみます。
◦体重移動は、
その時の肩甲間部の背骨にどういう力が伝わっているか考え、
それがやりやすい体重移動をしてみてから、
逆モーション運動が少し余分にできないか試してみます。
■その時に体重を移しやすい方向に移すと、
逆モーション運動が少し余分に出来る
 場合が多いです。
4.以上の3つの動き、
逆モーションと二つの強調、手首捻転と体重移動をしてみた後で、
お腹への息の入り具合を観察しながら、
気持ちよい動きかどうか聞いてみたりします。

動きの操体をしてる間ずっと、痼りを観察し続ける †
そういう操体をしている間中、
痼りに当てた指先で痼りの様子を観察し続けます。

•少しの力で動く範囲で止めた瞬間か、
手首捻転や体重移動でもう少し余分に動かした瞬間に
痼りが消えるのが観察できる
 と思います。
◦この現象は、どんな操体操法でも、
目標とする痼りに焦点が当たるようなタワメの間が作れた時に
必ず起きる現象のようです。
■痼りに気づいて、
その痼りを目標とする操体操法をしていく時には、
利用できると思います。

痼りが消えている姿勢を維持する †
•そういう痼りが消えているタワメの間の姿勢を、
i.お腹の息が普通に戻るまで、または、
ii.移した体重を戻したくなったり、
iii.タワメの間の姿勢を変えたくなるまで、あるいは、
iv.何となく感じられる気持ちよさが感じられなくなるまで、
 4つ書いた、そう言う状態になるまで
タワメの間の姿勢を維持し続けます。
•すると、その姿勢をやめて
楽な姿勢に戻ってから痼りを観察してみると、
その姿勢では
はっきり指で確かめられた痼りが消えている
のが解ります。
◦つまり、
その操体をする前には痼りが在って
押すと痛かった姿勢でも痼りが消えた状態になっている
 と言う事です。

逆モーションをやりすぎている場合が結構多い †
•この方法で肩周りの動作制限に対する操体をしてみると、
普段している逆モーションよりも
少ない動きで痼りが消える事に気づく事が結構あります。
◦要するに、
普段はやりすぎというか、
逆モーションを意識しすぎて、また、
抵抗を感じるまで動かそうとしすぎて、
実際には、タワメの間となる姿勢を通り越して、
逆モーションの軌道から外れて動かしている場合が
結構多いという事だと思います。
■肩関節は自由度が大きく、
色々な方向に色々な動かし方が出来るので、
肩周りの可動域制限の操体は
操体操法の中では難しいとされていますが、
その理由の一つは、今書きましたように、
ちょっと動かしすぎて逆モーションの軌道から外れた処で操体している
可能性が高い事にあるかもしれないなと思います。

痼りに触れながら、反対側の動きの操体 †
•この痼りに触りながら操法してみる方法は、前に書いた
反対側の手で同じ動作をしてみる事を切っ掛けにする操体でも
使う事が出来ます。
◦動作制限のある患側の患部の痼りに指を当てながら、
反対側の健側の手で制限のある動作と同じ動きをしてもらうと、
やはり、或る程度動かした処で痼りが消え、
お腹に目を移すと息が深くなっていて、
タワメの間になっているのが観察できると思います。
◦もちろん、
手首の捻転や体重移動を付け加えると、
その瞬間に痼りが消える事があるというのも、
患側の手で逆モーションの動きをやってみる場合と同じです。

痼りから逃げる操体でも、痼りを観察し続ける †
•動作制限から痼りを探した場合以外でも、
痼りが先に見付けられた場合には、
操体で良くするように、
その痼りを少し痛くして逃げる動きをきっかけにしても
良いわけです。
◦その痼りに指を触れたまま、
切っ掛けにした動きを
一番少ない力で誘導できる方向に誘導して行き、
痼りが消えた瞬間の姿勢がタワメの間の姿勢である事が多くなります。
◦痼りが消える前に軽い力では動かせなくなった時には、
動かしている手足の手首足首を捻りやすいほうに捻転したり、
体重を移しやすいほうに移してもらうと、
その痼りが消え、
その瞬間にお腹の息が深くなる事が多いようです。
■足首の場合には捻転を意識してもらうよりも、
爪先上げで、
親指側を爪先上げしたり、
小指側を爪先上げしたりしてもらうほうが
巧く行く場合も多いです。
◦また、
手首足首の捻転や体重移動でうまくいかない時には、
首を気持ちよいほうに動かしてもらったりしても良いです。

同じラインの近くの痼りを痛くしてみる †
•痼りを痛くする事を切っ掛けにするやり方で、
痼りが痛まない姿勢にはなったけれど、
お腹への息の入り具合や気持ち良さがいまいちな時には、
その痼りが在る筋肉の溝、窪みを辿り
次に凹んだ処を押してみると圧痛がある事があります。
◦圧痛点が窪みの両側にある場合には、
圧痛の強いほうを選びます。
•新しい痼りから逃げる動作を切っ掛けにすると、
前の痼りよりも、お腹へ息がより深く入り、
気持ち良さも深いタワメの間が見つかる事がよく有ります。
◦こういう事が起こるのは、
最初に切っ掛けにした痼りが
その時の体にとっては一番取りたい痼りでは無かった
からかなと思っています。
■やった事がなかったら野次馬してみてください。

次回は、「痼りに相応しいタワメの間を予測する」 †
•今回は、
「タワメの間では目標の痼りは消える」
という話を書きました。
•次回は
「目標の痼りにふさわしいタワメの間を予測する」
という話を書きます。
◦今回の内容と先回の内容の組み合わせです。
•つまり、先回は、
タワメの間の姿勢で力が働く処に体が治したがっている処がある
と書きました。
◦それを応用すると、
その日の体でポイントになっていそうな痼りが見つかった時に
手足を動かす操体操法をしていく場合には、
上腕・大腿部の向きに注目すると
タワメの間の姿勢が見付けやすくなるという話です。
■そして、
それを利用した、
目的の痼りにカワの操体をしながら、
両手首・両足首と首をその痼りに焦点を合わせて操作する
という、5~6人係りの操体についても書いていきたいと思います。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional