和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

カゼという発作

(1)基本的に †
 カゼは、病を急性期の発作と慢性期の未病にわけた場合には、基本的に、典型的でしかも
もっとも一般的な発作になります。ですから、体調が悪くなったり、体が歪んだりしたとき
には、カゼを引くことが多くなります。捻挫や打撲したときにもカゼを引くことがよくあり
ます。カゼという発作をおこすことで、体調を整え、歪みを元に戻していると考えたほうが
よいぐらいです。

 症状としては、肩胛骨鎖骨から上の表位と胸内部の上焦で邪が盛んに動いていて、熱が出
ます。とくに表位は太陽位とも呼ばれ、上気道炎であるカゼの症状が上気道のある部分の体
表に現れることで、昔から診断に使われてきました。また、比較すれば中焦や下焦をはじめ
下半身は冷えていて、中焦には水毒、下焦は虚が多いです。

 治療としては、表位上焦の邪気を引き出すことが中心になります。また、大椎あたりに手
のひらをいれて汗ばんでいなければ「無汗」といい、邪が表位から出にくい状態です。この
場合には、表位から発汗をうながすように処置していくと症状がかるくなっていきます。

 カゼも長引くと、体の横側にもツボが出る、傷寒論の少陽病の段階になります。この場合
には慢性期的な配慮も必要です。少陽病になる前に対処したいものです。


(2)ツボの出やすい所 †

1. 表位上焦など †
 後頚部や肩背などいわゆる表位(太陽位)の中でも、とくに大椎まわりと、喉(前頚部)
や鎖骨や胸上部などの前側にツボが出ます。

 胸まわりは、檀中付近の胸骨脇から中府にむかって肋骨を1本上がるたびに外よりにツボ
が出ます。

 痰がなかなかきれないときには、鎖骨の下側(胸側)にスジバリが出ていることが多いです。


2. 1. と経絡的に関連するところ †
 ノボセや前頭部痛があれば手陽明の合谷や手三里などにツボが出ます。大椎ちかくのコワ
バリや発熱では手太陽の後渓やとなりの中渚などにツボが出ます。

 喉や胸まわりの急性症状を反映して、手太陰の列缺などにもツボが出ます。咳が長引いた
ときには、上腕の上尺沢にツボが出ます。

 下半身の冷えを反映して足甲3,4間にツボが出ます。

 喉が痛いときには、土踏まずの然谷など足少陰の足首から先にツボが出ます。灸では然谷、
節紋を使いますが、鍼では照海や大鐘のほうが使いやすいでしょう。


3. 腹など1. 以外の胴体 †
 下焦の虚、中焦の水毒を反映して、腹表面や、その背中側にもツボがでますが、急性期に
は刺鍼しなくてもよいでしょう。

 長引いたときで水毒が関係している場合には、背の7.9.11あたりの華陀経に冷えているツ
ボを探して深く刺ししばらく留め、気を巡らします。


(3)手順 †

1.急性期 †
 急性期でも症状が落ち着いていれば、表位や上焦の邪を出したあとに、冷えに灸をします。
腹の寒に対する処置はしないほうがよい場合が多いです。


.1.仰向け †
 合谷などに引いたあと、陰経の列缺など、陽経の外関などの順で引きます。照海・大鐘や
足の甲など足の陰陽に引きます。足陰陽は刺鍼したあと灸で対応する場合には省略します。


.2.うつ伏せ †
 急性期には省略することが多いです。


.3.座位 †
 後頚部・肩背の熱いところに散鍼したあと、大椎まわりなどを中心にこっているところに
刺鍼します。

 そのあと喉、鎖骨、胸まわりに移り、熱いところに散鍼したあと、シコりに刺鍼します。

 後始末として、頭に散鍼したあと、手の甲に引き鍼します。


.4.冷えているところに灸 †
 然谷など足少陰、足甲3,4間の順で灸します。

 施灸後ノボセが再発したら手骨空に糸状灸して仕上げます。


座位が無理な場合 †
 症状が盛んで座位が無理なら、仰向けのときに手への引き鍼のあと喉・鎖骨・胸を刺鍼し、
うつ伏せで肩背・後頚部を刺鍼し、そのまま、頭の散鍼をして、手の甲に引きます。


2.長引いた場合など慢性期 †
 長引いた場合には、ツボを考慮して慢性期の型で刺鍼したあと、然谷や足甲3,4間などに
灸します。中焦の水毒や下焦の虚、少陽病対策としての体側面のツボへの処置などが必要に
なります。


(4)自己養生 †
 手の井穴にマグレインをはったり、足湯したり、熱い汁物を飲んだりします。なったかぁ
と思うくらいの初期にすると効果が高いです。

 ノボセや前頭部痛のあるときには親指の井穴、発熱や後頭部痛、肩やうなじに張りがある
ときには小指の井穴を楊枝の頭ほどのモノで押して痛いところにマグレインの銀をはります。
井穴に糸状灸などをしてもよいです。

 喉の痛みには、足湯をしたり、土踏まずの然谷に温灸をします。然谷は、靴下の上から
ホッカイロをはってもよいです。

 熱い汁物を飲んで、肩背など表位から汗が出れば症状が軽くなります。トロミがついたも
のは冷めにくく発汗しやすくなります。香りが良いものは上衝を下げる効果のあるものが多
く、好みにもよりますが辛いものは発汗をうながします。トロミづけには、葛根やくたくた
に煮た素麺など、香りづけには、生姜、ネギ、シソ、ミント、シナモンなどが使われます。
筆者は辛いもの好きなので唐辛子やワサビも使います。

 余談ですが、葛根湯エキス剤を飲むときには、熱い湯に食材の葛根とともにとかしシナモ
ンをふると、香りやトロミ、熱さの作用で、効き目が上がります。(葛根湯は自汗している
ときや長引いたときには適用外です)

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional